1. TOP
  2. 美容
  3. 美白になる為の効果的な方法10選

美白になる為の効果的な方法10選

 2017/04/27 美容  
bihaku-koukateki-houhou-eyecatch

日々美白を目指して努力しるのに

思うように結果が出なくて

悩んでいる方は多いのでは

ないでしょうか?

美白を目指している方が

気にしているのが

紫外線ですよね。

美白の敵はこの紫外線と

はっきり言いきっても

良いくらいです。

紫外線を絶対に

浴びないで過ごす事は

不可能に近いので

浴びる事自体については

ある程度は仕方のない事です。

紫外線は肌にかなりの悪影響を

及ぼしますので

浴びてしまった後には

きちんとお肌のケアを

心がけましょう。

正しいお肌のケアを行っていれば

美白にぐっと近づきます。

そこで当ページでは

憧れの美白になるための

10の方法をお教えします。

透明感のある素敵なお肌に

なりたい女性はぜひ

参考にしてみて下さい。

美白になる為の効果的な方法10選

憧れの美白を手に入れる為には

日頃のスキンケアは

もちろんですが

食事の内容にも気を付けていくことが

大切となってきます。

ここからは

美白に近付く為の方法を10個

具体的に紹介していきます。

睡眠はたっぷりとる

夜22時〜夜中の2時の間は

お肌のゴールデンタイムです。

この時間にたっぷりと

睡眠をとることで

肌のターンオーバーが

きちんと行われます。

美白に近付くにはお肌の新陳代謝を

活発にする必要がありますので

夜更かしは、ほどほどにしましょう。

睡眠に関しては

併せて以下の記事も

参考にしてみて下さい。

洗顔は念入りに

美白効果のある化粧品や

洗顔フォームを使用して

肌の皮脂やほこりを

念入りに落としてください。

毎日の汚れをしっかり

落としていかないと

肌はくすみを持ってきます。

洗顔の時にはゴシゴシこすらずに

ぬるめのお湯を使い

泡で肌を包むように洗ってください。

化粧品は美白成分配合のものを使う

化粧品は

  • ハイドロキノン
  • プラセンタ
  • ビタミンC誘導体
  • アルプチン

などの成分が配合されているものが

おすすめです。

これらは美白効果が

あるといわれていますが

まずは自分の肌に合う物を

使用する事が大前提です。

日焼け止めは必須

雲っているかといって

日焼け止めの対策を

怠ってはいけません。

天気の悪い曇りの日でも

紫外線は降り注いでいます。

日焼け止め対策は

油断せずに日課にしてください。

帽子や日傘を併用するのも

更に効果的です。

日焼け止めに関しては

以下の記事でも詳しく

解説していますので

こちらも併せて

参考にしてみて下さい。

腸内環境を整える

腸内環境が整っていると

ターンオーバーが

順調にすすみます。

善玉菌と悪玉菌という言葉を

よく耳にすると思いますが

この割合によって

腸内環境が大きく変わります。

ターンオーバーが

うまく行われないと

肌がだんだんとくすみます。

ですので、腸内環境の改善にも

つとめてくださいね。

保湿は忘れずにする

美白に近付くためには

保湿ケアも忘れずに行いましょう。

肌が乾燥状態になると

皮脂が過剰に分泌されてしまい

これが原因で毛穴が

詰まってしまいます。

冬場だけでなく夏場も空調の

影響下にありますので

保湿をしっかりしましょう。

トマトは美白に効果あり

トマトは美白に近付けるために

効果のある食べ物の一つです。

トマトに含まれるリコピンには

抗酸化作用があるので

これがメラニン生成を

抑える働きをしてくれます。

意識的にトマトを

食べるようにしてみてください。

ビタミンの摂取

ビタミンCを積極的に摂取すると

コラーゲンの生成を

助けることになります。

サプリメントなどを上手に活用すると

毛穴の黒ずみ解消にも効果があり

肌のハリもよくなってきます。

美白を目指す食事

美白に近付く良い肌を作るには

良質のタンパク質を

摂取する必要があります。

アスリートなどが好んで摂取する

鶏のササミなどは

おすすめの食材です。

新陳代謝を促すために適度な運動

適度に運動をする事も

肌のターンオーバーを

すすめるには効果的です。

運動をする事によって

新陳代謝が促され

結果ターンオーバーが

活性化されます。

ターンオーバーの活性化は

美白に近付いていくのです。

美白に効果のある化粧品

美白化粧品は

数多く出回っていますが

選ぶ時には

配合されている成分に

気を付けましょう。

おすすめの成分について

ご紹介しますね。

ビタミンC誘導体

通常のビタミンCと比べてみると

浸透率が8倍にもなります。

持続性も長く

12時間となっており

抗酸化成分が長持ちします。

アルブチン

よく耳にするのは

この成分ではないでしょうか?

メラニン合成を阻止する

働きがあるため

日焼け後のシミ予防にも

効果があります。

レチノイン酸

肌を生まれ変わらせる

働きがありますので

皮膚科などでのピーリング治療に

使われる事が多いようです。

市販では

手に入りませんので

病院での処方薬となります。

ハイドロキノン

シミの原因はメラニン色素が

合成される事からなのですが

この合成を阻止する働きがあります。

肌の漂白剤とも言われアメリカでは

主流となっています。

残念ながら

日本では無認可ですので

病院での処方が必要となります。

副作用が出る場合もありますので

医師と十分相談してから

使用するようにしてください。

紫外線は美白の敵

紫外線は春から夏にかけて

特に強くなるものですが

それ以外の季節でも

毎日紫外線は降り注いでいます。

ご存知の方は

少ないかもしれませんが

肌が黒く日に焼ける原因の中には

目が紫外線の影響をうけている

という事もあるのです。

降り注ぐ紫外線は

角膜に80%も吸収されます。

これは角膜が浴びた紫外線を

ほとんど水晶体に

吸収している事になります。

更に

水晶体を通過して網膜まで

たどり着く紫外線は

残りの1〜2%となります。

この目から入る紫外線も

お肌のシミや日焼けの

原因になるそうです。

紫外線対策はお肌だけでなく

サングラス等を使用して

目のケアにも気を付けなければいけません。

まとめ

ここまでで

美白に近付くための10の方法として

以下のようなものをあげてみました。

  • 睡眠はたっぷりとる
  • 洗顔は念入りにする
  • 化粧品は美白成分配合のものを使う
  • 日焼け止めは必須
  • 腸内環境を整える
  • 保湿を忘れずにする
  • トマトは美白に効果あり
  • ビタミンの摂取
  • 美白を目指す食事
  • 新陳代謝を促すために適度な運動

やはり何よりも大切な事は

日頃のケアをきちんとしていくことです。

食生活や睡眠時間にも気を配って

素敵な美白肌を手に入れてくださいね。

当ページを読まれている方は

併せて以下の記事も読んでいます。

こちらわ併せて参考にしてみて下さい。

\ SNSでシェアしよう! /

美人プレスの注目記事を受け取ろう

bihaku-koukateki-houhou-eyecatch

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美人プレスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらもおすすめ

  • かかとガサガサの方必見!角質を綺麗に除去する8つの方法

  • 背中ニキビの治し方10選

  • 寝起きを良くする方法10選

  • 耳垢が溜まりやすい人必見!耳垢をキレイに掃除する方法10選

  • 肩甲骨ダイエットが効果的に痩せれる8つの理由

  • バストエステで効果的にバストをアップさせる10の方法