1. TOP
  2. 美容
  3. 歯が黄色い方必見!歯の黄ばみを白くする方法10選

歯が黄色い方必見!歯の黄ばみを白くする方法10選

hanokibami-eyecatch

芸能人の方やモデルさんなど人前で仕事をする機会が多い方は、とても綺麗な歯をしています。
芸能人は歯が命という CMが流行ったほど、歯が白いかそうでないかは見た目に大きな影響をを与えるものです。

歯が黄ばんでいたりすると、目の前にいる人にどう思われるだろうかと思って、思いっきり笑う事もできないかもしれません。
特に女性は気にするところですよね。歯が黄ばんでしまうことについてこんな疑問をお持ちかもしれません。

歯が黄色くなってしまう原因は何なのか

歯の黄ばみを取る方法はあるのか

歯の黄ばみ取りに使えるアイテムは

笑顔のポイントは、白い歯です。

笑った時に白い歯が輝いていると、とても良い印象を受けます。遺伝的な要素で歯が黄色くなりにくいという方もおられますが、大抵の方は少し油断していると歯が黄ばんでくる傾向があります。

日の生活習慣を気をつけるだけでも結果は随分と違ってきます。気を付けなければならないのは、ステインと呼ばれる歯の着色汚れです。

歯磨き粉などのCMでお聞きになったことも多いかもしれませんが、このステインに気をつければ白い歯を手に入れることができます。当ページでは歯の黄ばみを白くする方法10選を詳しくご紹介していきたいと思います。

歯が黄色くなってしまう原因は何なのか

そもそも、人間の歯は何でできているかみなさんご存知ですか?

歯の構造としてはエナメル質と象牙質の3層で構成されており、エナメル質が表面を覆っています。
エナメル質は半透明ですが、象牙質の色は乳白色が一般的で、この色によって 歯の色が決まります。

限りなく白に近い乳白色の方もいれば、元々少し黄ばみがかった乳白色 の方もおられます。
それとは別に 普段食べるものが着色汚れに関係していることもあります。

よく原因として挙げられるのは 、タバコやワインなどからステインがたまってしまうことです。
黄ばみの原因となるものを食べるのをやめなくても、適切な方法で毎日きちんと歯磨きしていれば、歯が黄ばんでしまう原因とはなりません。

歯磨き不足も大きな原因となるので覚えておきましょう。 また別の理由として加齢という問題もあります。

こればかりはどうしようもないことですが、元々は歯が白かったのに、加齢とともに表面のエナメル質がすり減ってしまって、黄ばんで見えるようになってきたと言う場合もあります。

黄ばんでしまった歯が与える印象

歯が黄ばんでいるとどのようなイメージを与えるでしょうか。
どちらかというとあまり良いイメージではないかもしれません。

喫煙者と思われる

歯が黄色いイコール喫煙者という考え方は根深い様です。
タバコを吸っている女性が苦手と言う男性は、意外と多いので、歯が黄色いと言うだけで喫煙者 と思われ、損をしてしまうということもあるかもしれません。

不潔なイメージ

歯が黄色いと、毎日きちんと歯磨きをしていないのではないかと思われる傾向があるようです。
人の目につきやすい歯でさえ綺麗じゃないのだから、どれだけ不潔なんだろうと良くないイメージをもたれる可能性があります。

実年齢よりも歳に見られる

年齢が上に上がるにつれ、歯の関係のトラブルは増えてくるものです。
そういったイメージもあり、歯が黄ばんでいると顔がくすんで見えるので、老けて見えるというマイナスイメージがあります。

歯の黄ばみを白くする方法10選

歯が黄色いと、印象が良くないのは当然です。
清潔感や爽やかさなど様々な良いイメージが払拭されてしまいますし、それが仕事関係に影響してくる場合もあるかもしれません。

あなたが近づきやすい人かそうでないかということにも関係してくる場合もあります。
では清潔感のあるイメージを持ってもらうために、歯の黄ばみを白くする方法10選を具体的にご紹介していきたいと思います。

塩を使って歯磨きする

歯にとって悪影響となる茶渋。コーヒーや緑茶、紅茶などの中にはタンニンやカテキンが入っておりそれが歯の黄ばみの元となることがあります。

そのような場合には、粗塩を使って歯を磨くと取れやすいと言われています。

ガムを食べる

ガムを噛むと、唾液の分泌が過剰になります。
唾液の分泌が多いと歯についた色素の本を洗い流してくれますし、ガムを噛むことによってガム自体に色素が付着してくれるので、黄ばみを取るのに効果的です。

ストローを使う

温かい飲み物には無理かもしれませんが、冷たい飲み物をよく飲む人は飲む時にできるだけストローを使うようにしましょう。
歯に直接色素の本がつかないようにするのです。

コーヒーや紅茶を飲む場合には特に意識してストローを使うようにしましょう。

自分でホワイトニングをする

ホームホワイトニングは最近流行っている方法ですが、どうやって行って良いのか分からないと言う方もおられるので、ここでご紹介したいと思います。

まず歯医者さんで自分の歯の型をとってもらい、マウスピースを作ります。

そのマウスピースに濃度の低い薬剤を入れ、 自分でハメて歯を白くする方法です。
歯医者に通わなくてもいいので、自分のしたい時にでき、気軽にできるのでおすすめの方法です。

歯医者でクリーニングしてもらう

一番確実なのは歯医者さんで専門医にクリーニングをしてもらうことでしょう。
自分でするのも手軽でいいですが、やはり専門ですから、かなりの黄ばみを取ることができます。

半年に一回の歯の検診の時に、同時にしてもらったり、歯石とりなども同時にしてもらうとより効果的です。

食後に必ず歯を磨く

これは基本ですが、食後に歯を磨かないと色素が着色してしまいます。
あまり過敏になりすぎて磨きすぎると、今度は歯茎を痛めてしまうことにもなります。

平衡をとることは必要ですが、食べた後に歯を磨くという習慣をつけておくと、歯が黄ばみにくくなります。

重曹でうがい

重曹は色々なものを綺麗にする働きがあります。小さじ一杯の重曹を500ml のペットボトルに水と一緒に入れ、よく振って溶かします。

これを用いてうがいをすると、歯の黄ばみや虫歯の悪化、歯槽膿漏の防ぎの効果があり、お金もかからず簡単に出来るので、今日からでも試すことができます。

食事の際に意識して水を飲む

歯に着色が定着しないようにするため、着色しやすい食品を食べる際には、水をよく飲むようにしましょう。
イメージとしては口の中を洗いながら、色を落としているというイメージです。

歯用の マニキュアを使ってみる

永久的に使えるわけではないので、応急処置として使うものですがここぞという時に歯にマニキュアを塗ってみることもできます。

全てに塗らなくても、見える所に塗っているだけでもかなり印象が変わってきますので、大事な会議の日や面接の日、デートの日などポイントポイントで使用してみましょう。

食べると落ちやすいので、その点にだけ注意が必要です。

口をゆすぐのも効果的

外出先であったり、歯ブラシを忘れてしまったりした時に口をゆすぐだけでも、着色が定着することを防げます。口をゆすいでから、歯を磨くとより効果的です。

歯の黄ばみ取りに使える5つのケア用品

歯の黄ばみの原因は様々あります。

もちろん普通に毎日きちんと歯磨きをしていれば、すぐに黄ばんでくることはありませんが、歯磨きだけで全ての黄ばみが取れるわけではありません。

一番良いのは専門医である歯医者さんで黄ばみを取ってもらうのが良いのですが、時間も費用もかかってしまうので、なかなかしないのが実情かもしれません。

ですが、今は歯の黄ばみを取ってくれる様々なアイテムがありますので、それらを利用して自分で歯の黄ばみを取ることができます。ここからは歯の黄ばみを白くするために使えるアイテムを5つご紹介していきたいと思います。

クレスト 3D ホワイトストリップス プロフェッショナル エフェクツ

出典:ニューヨークアウトレット

最新のシールテクノロジーを駆使したクレスト3Dホワイトストリップス・プロフェッショナルエフェクトは、高品質のホワイトニングを提供します。

一日30分で、何日かですぐに効果が出てきます。少し値段はするかもしれませんが、1年間の効果性から考えれば、安いものです。

価格:¥6,180

両頭鎌型スケーラー

出典:楽天市場

歯肉縁上の歯石・ヤニの除去に効果的な特色があります。ステンレス製のスケーラーです。プロが愛用しており、歯間部の除石にも効果的なアイテムです。

形の異なる刃が2本ついており、歯の位置にあわせて使い分けができ、使いにくい箇所の歯にもフィットするので便利なうえにリーズナブルです。

価格:¥1, 000

トゥースMDホワイトEX

出典:amazon

歯の黄色い汚れは、コーヒー、紅茶、タバコのヤニなどの沈着汚れ「ステイン」で覆われているため、ちょっとやそっとでは取れないものですが、「トゥースMDホワイトEX」はエナメル質と「ステイン」との間に入り込みことができる性質があります。

また、ステインを剥がすと同時に、エナメル質をコーディングすることもできるので、次にまたステインがついてしまうのを防ぐ役割も果たしてくれます。

価格:¥3,560

アパガードリナメル

出典:amazon

歯の表面のエナメル質の修復を行う成分「薬用ハイドロキシアパタイト」が多く入っており、歯の表面のエナメル質を綺麗にすることで、汚れがつきにくくする効果もあります。

また、油分やタバコのヤニも除去をする成分が配合されているので、喫煙者の方にはお勧めの商品です。
また、歯石の沈着を防ぐゼオライトも配合されているので、歯にとっては嬉しい成分がたくさん入っている商品となります。

価格:¥ 2,178

ラピッドホワイト ブライトスティック

出典:amazon

ラピッドホワイト ブライトスティックは、日本では珍しいペンタイプの製品です。
特に海外では多くの愛用者がいる商品ですが、日本でもデンタルケア部門ランキングで長期間1位獲得記録を更新しており、じわじわと人気を集めています。

試してみる価値はありそうです。

価格:¥2,900

まとめ

いかがでしたか。

綺麗な白い歯に憧れるのは皆そうですが、黄ばんでいる歯を白くするためにはいろいろな方法がありました。
それによって、自分の印象も変わるわけですから、大切なことですね。

ここまでで、このような歯の黄ばみを白くする方法10選を詳しくみてきました。

  • 塩を使って歯磨きする
  • ガムを食べる
  • ストローを使う
  • 自分でホワイトニングをする
  • 歯医者でクリーニングしてもらう
  • 食後に必ず歯を磨く
  • 重曹でうがい
  • 食事の際に意識して水を飲む
  • 歯用の マニキュアを使ってみる
  • 口をゆすぐのも効果的

また、歯の黄ばみ取りに使えるアイテム5つもこのようなものがありました。

  • クレスト 3D ホワイトストリップス プロフェッショナル エフェクツ
  • 両頭鎌型スケーラー
  • トゥースMDホワイトEX
  • アパガードリナメル
  • ラピッドホワイト ブライトスティック

歯の黄ばみに悩んでいる方はたくさんおられます。

歯医者さんで取ってもらっても、またすぐに黄ばんでしまうのであきらめてしまう方もおられるほどです。
このせいで歯を見せて笑えなくなってしまったら、それは残念なことです。

ですが、ちょっとした工夫と毎日少しづつの努力で、歯を白くすることは可能ですから、諦めずにこれらの方法を試してみることをお勧めします。

\ SNSでシェアしよう! /

美人プレスの注目記事を受け取ろう

hanokibami-eyecatch

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美人プレスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらもおすすめ

  • 膣トレの正しい5つの方法とその嬉しい効果

  • 寝ているだけの代謝アップで激痩せできるヤバいダイエット法とは!?

  • 室内干しでも臭わない効果的な方法10選

  • けつ毛処理をして肛門周りを綺麗する方法10選

  • 日焼け止めのおすすめ対策方法10選

  • リダイレクト記事3