1. TOP
  2. 美容
  3. ニキビ跡を消す10の方法

ニキビ跡を消す10の方法

「ニキビがやっと治ったと思ったら

治った箇所にニキビ跡が

できてしまった…!」

なんて経験ありませんか?

特に女性はニキビ跡があると

メイクもうまくできないので

テンション下がってしまうはずです。

デートの時も至近距離になるのが

不安になってしまうでしょう。

現時点で既にニキビがある人は

ニキビ跡になってしまったらどうしよう?

と心配な人も多いはずです。

ニキビは10代の思春期の時だけできるものではなく

大人でもできる皮膚疾患です。

大人になってできるのは

大人ニキビ」や「吹き出物

と言われていて

思春期ニキビとは

また別の原因で起こります。

ニキビが治るまで待てずに

つぶしてしまう人や

思春期にできたニキビ跡が

ずっと残っている人

などいるでしょう。

いずれにしてもニキビ跡が

残ってしまうのは

とてもショックですよね?

そんなニキビ跡ですが、実は

手軽にできる簡単な方法で

綺麗に治す事ができるのです。

そこで、当ページでは

ニキビ跡を綺麗にする方法を具体的に

ご紹介します。

ぜひ、ご参考にしてみてください。

ニキビ跡を綺麗に消す方法10選

ニキビ跡ができてしまったら

まずはそのニキビ跡がどのタイプにあてはまるか

分析してみましょう。

基本的なケアは同じですが

肌のターンオーバーを促進してあげるのがコツです。

それでここからニキビ跡を綺麗に消すために

効果的な方法を10個お伝えしていきます。

ぜひご参考にしてみてください。

食生活を改善する

ニキビを解消したいなら

肌のターンオーバーが正常に働かなければなりません。

ターンオーバーに不可欠なものと言えば

たんぱく質」です。

たんぱく質は髪や皮膚

筋肉や臓器などを

構成してくれる栄養素で

肉や乳製品、大豆製品、卵にも

豊富に含まれています。

ビタミンA、B、C、Eなど

ビタミンも美肌作りに欠かせないので

合わせてとるといいでしょう

様々な栄養をバランスよく摂る事によって

ニキビ跡を改善していけるでしょう。

入浴で血行促進

お風呂に入ると身体の細部まで温まり

血行が促進されていきます。

血行が良好になると

代謝も高まり、栄養分が肌の奥まで届くでしょう。

ただし熱すぎるお湯ではなく

ぬるま湯がおすすめです。

入浴すると毛穴も開くので

汚れも落ちやすく、ニキビに効果的です。

ストレス発散する

ストレスがたまっていると

身体だけでなく肌にも悪影響です。

社会生活ではストレスを避けて通れませんが

上手に発散する事によって

肌の状態をクリーンに保つことができます。

ストレスがたまってきたと思ったら

何か夢中になれるような

趣味に没頭するといいでしょう。

最近はストレス緩和のために

瞑想」(メディテーション)も流行っています。

目をとじて心も頭も無にする時間を作るのです。

これによってストレスが効果的に解消できるでしょう。

運動して代謝を高める

運動不足であれば尚更効果が期待できるでしょう。

適度に身体を動かすと

代謝はだんだん上がっていきます。

代謝が上がると

ターンオーバーは正常になっていき

正しい周期で行われるでしょう。

お肌のターンオーバーが正常になれば

皮膚の老廃物や角質

メラニンなどの排出もスムーズになります。

紫外線対策をバッチリやる

炎症によって色素沈着を起こしたニキビ跡なら

紫外線は何が何でも避けるべきです。

肌は紫外線にさらされてしまうと

メラニンが作られ、色素沈着しやすくなってしまいます。

ニキビ跡を残したくない場合には

特に気をつけましょう。

UVクリームもまめに塗り

しっかり紫外線対策していきましょうね!

日焼け」、「紫外線対策に関しては

以下の記事も併せて参考にしてみて下さい。

ローズヒップティーを飲む

ローズヒップティーは

飲む美容液

と言われています。

ビタミンCと言えばレモンが有名ですが

ローズヒップティーのビタミンCは

レモンよりも多いです。

しかも

ローズヒップに含まれるビタミンCは

熱に強いので壊れにくいです。

短時間で美肌促進してくれるでしょう。

ピーリング

ピーリングと言えば

肌の表面の角質を綺麗に取り除いて

ターンオーバーを促してくれるものです。

ピーリングは特に赤みのある

ニキビ跡や

色素沈着によるニキビ跡

に効果的です。

毛穴に皮脂が詰まっているような

ニキビにも効果を発揮

してくれるので

炎症性ニキビの人は

ピーリングをするといいでしょう。

ただし

ピーリングをやりすぎてしまうと

肌に刺激が加わるので

ダメージを与えかねません!

くれぐれもやりすぎないようにしましょうね。

ピーリング後は

しっかりと美容液で保湿対策していき

紫外線対策もきっちりやっていきましょう。

洗顔を正しく行う

ただ洗顔して清潔にすればいいと感じる人もいますが

洗顔のやり方次第で

逆に肌を傷つけてしまう事になります。

肌に刺激を与えてしまうと

色素沈着の原因にもなりかねません。

洗顔する時は正しい方法で行いましょう。

  1. 洗顔をきめ細かい泡になるまで泡立てる
  2. その泡で顔を優しく洗う
  3. こすらないようにして洗い流す
  4. 洗顔後はあっというまに水分が奪われてしまうので、間をあけず化粧水を浸透させて保湿ケアしていきましょう。

その後乳液や美容液をつけてあげ

イオン導入器でイオン導入してあげます。

コスメを選ぶ時は

ビタミンC誘導体や

セラミドなどの保湿成分

が入っているものを使うといいでしょう。

お菓子を控える

スイーツ好きな人は多いですが

甘いものを食べ過ぎてしまうと

ニキビができやすくなってしまうので

注意しましょうね。

砂糖などの糖質たっぷりの食べ物を

摂取し過ぎてしまうと

免疫バランスも崩れてしまいます。

身体の免疫バランスが崩れてしまうと

ニキビも悪化してしまいます。

ニキビができてしまったとしても

短期間で治す事によって

ニキビ跡は残りにくくなるでしょう。

睡眠を多めに取る

肌にもゴールデンタイム(22〜2時)があります。

この時間帯に

肌の修復や再生に要する

成長ホルモンが分泌

されるようになるのです。

ニキビ跡を消したいのであれば

たっぷり睡眠をとり

体内の自然治癒力を高めましょう。

そのためにも

ゴールデンタイムにしっかり睡眠をとっておき

肌の再生を促します。

どんなに念入りにスキンケアをしていても

睡眠不足であれば

せっかくのスキンケアも意味がなくってしまいます。

規則正しい睡眠時間の取り方に関しては

以下の記事も併せて参考にしてみて下さい。

ニキビを改善してくれる成分

ニキビは外的要因よりも

内側からの要因による影響

が大きいです。

ニキビ対策するのであれば

日常的に口にする食材にも

気を使いましょう。

それでは

ニキビができにくい肌作りに

欠かせない栄養素を具体的に

ご紹介していきましょう。

ビタミンA

  • にんじんやレバー
  • うなぎ
  • かぼちゃ
  • ほうれんそう

などに含まれています。

にきび原因となる毛穴詰まりを改善してくれて

ターンオーバーを促してくれるでしょう。

さらに

粘膜や皮膚の潤いを

キープしてくれるなど

保湿の役割があります。

ビタミンB2

ニキビ予防に欠かせない

皮脂分泌の抑制してくれます。

主に

  • 乳製品
  • うなぎ
  • レバー
  • 海藻類

などに多く含まれているので

できる限りたくさん摂取するようにしましょうね!

ビタミンB6

  • にんにく
  • かつお
  • 鶏のささみ
  • まぐろ

にたくさん含まれています。

肌を正常にしてくれて

代謝を高めて新しい肌を

作り出してくれます。

ビタミンC

ビタミンCは日常生活の中で

最も身近な成分でしょう。

  • イモ
  • 緑黄色野菜
  • 柑橘系のフルーツ

にもたくさん含まれています。

ビタミンCには

コラーゲン生成を促し

メラニン生成を抑制する作用が

あります。

抗酸化作用も高いので

老化防止になり

美肌にいいでしょう。

ビタミンE

主に

  • レバー
  • うなぎ
  • かつお

などに含まれています。

抗酸化作用が高く美肌効果もあり

血液サラサラにしてくれます。

さらに

ビタミンCとビタミンEは

相乗効果が高いので

これらの栄養素をうまく取り入れることによって

効率よくニキビ跡を綺麗に

できるでしょう。

コラーゲン

コラーゲンはアミノ酸として吸収され

新しいお肌に再生するのに

必要不可欠な成分です。

酸素や栄養素を細胞に届けて

健康な肌を

生みだしてくれるでしょう。

主に鶏皮や軟骨に入っています。

食物繊維

食物繊維は便秘解消にも役立ちます。

便秘になると毒素が体内に渡ってしまうので

肌荒れやニキビ原因となります。

このような肌に

良い栄養素をたっぷり摂取するには

鶏の水炊きや魚介類を

中心とした鍋がいいでしょう。

食生活からにきびや肌荒れを

改善していけるでしょう。

一緒にコラーゲンもとれますよね!

その一方で

油溶性のビタミンAやEは

油で炒めると

さらに吸収率が高まります。

きんぴらやいり鶏

焼き魚

豚肉炒めを

作って食べるのでもいいでしょう。

食物繊維は

  • きのこ
  • ごぼう
  • さつまいも
  • 豆類
  • 海藻

にもたくさん含まれていますが

特に便秘が原因で

ニキビができている人は

意識的に摂りましょうね。

ミネラル

  • カシューナッツ
  • 海藻
  • キャベツ
  • 乳製品

にたくさん含まれています。

ホルモンバランスを整えてくれて

肌のターンオーバーも

促進してくれます。

ニキビ跡の原因

ニキビ跡とは

肌にできてしまった傷や炎症

色素沈着によるシミや黒ずみ

の事です。

ニキビができると肌にも負担が

加わります。

繰り返し同じ場所に炎症が出て

傷ついてしまうと

肌に対するダメージも大きくなってしまい

皮膚の奥まで浸透していき

組織を破壊してしまいます。

これが

ニキビ跡

と言われるものです。

このようなニキビ跡にも

いくつかタイプがあります。

クレーターのようなニキビ

ニキビ跡」というと

恐らくクレーターのような

凹凸のあるニキビを

想像するのではないでしょうか?

月のクレーターかのようなニキビ跡は

赤ニキビが悪化して激しく炎症する事によって

発生します。

皮膚組織は破壊されている状態です。

赤みがかったニキビ

ニキビが炎症を起こすと

毛穴の周りでうっ血してしまいます。

このせいで赤みが出てしまうのです。

紫色、茶色のシミのようなニキビ

ニキビによって炎症が起こり

肌の毛穴周辺の毛細血管が破裂してしまい

血がにじんでしまいます。

茶色いシミは

ニキビによって

メラニンが大量に作られる事によって

発生してしまいます。

まとめ

にきび跡を即効治せるような方法は

残念ながらありません。

生活習慣や食生活が乱れていると

にきびもできやすくなってしまいます。

ニキビができてしまうと

精神的ストレスにもなってしまいます。

できる限り早めに治す事によって

ニキビ跡を残さないようにできるでしょう。

  • 食生活を改善する
  • 入浴で血行促進
  • ストレス発散する
  • 運動して代謝を高める
  • 紫外線対策をバッチリやる
  • ローズヒップティーを飲む
  • ピーリング
  • 洗顔を正しく行う
  • お菓子を控える
  • たっぷりの睡眠

生活習慣や食生活を規則正しくする事でも

ニキビができにくい肌へと

導いていきましょう。

どんな栄養素が肌に良いのか

把握しておく事によって

肌を活性化できるはずです。

肌のターンオーバーを応援してあげる事で

再生力は高まり

もとの綺麗な肌に戻していけるでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

美人プレスの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美人プレスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*


*

こちらもおすすめ

  • 美白になる為の効果的な方法10選

  • 紫外線対策に効果的な方法10選

  • 顔のシミを綺麗に消す方法10選

  • 乳首の色をピンク色に戻すために必要な10の方法

  • リダイレクト記事3

  • 白ニキビの膿を綺麗に治す為に効果的な13の方法