1. TOP
  2. 美容
  3. おへそが臭い人必見!へその臭いを取るのに効果的な方法8選

おへそが臭い人必見!へその臭いを取るのに効果的な方法8選

oheso-eyecatch

女性の皆さんは、おへそのケアはしてますか?

「おへそのケアって必要・・・?」と

疑問に思われる方もおられるかもしれませんが

意外にもお手入れが必要な部位で

おへそのケアをしないと臭う・・

なんて事もあるのをご存知でしたか?

おへその臭いの原因は何?

臭いをとる方法は?

ちゃんとケアすれば臭いは取れますし

臭うこともなくなります。

見えないから、と怠るのではなく

見えないからこそ身だしなみとして

お手入れしておきたいですね。

しかし、おへそ近辺は皮膚が柔らかく

とてもデリケートな部分なので

正しいお手入れ方法を習得しておく必要があります。

そこで当ページでは、おへその臭いを

取るために有効な、正しい8つのお手入れの方法を

ご紹介していきたいと思います。

おへその臭いの原因

おへその臭いの原因の一番の要素は

実は、石鹸カス(ボディーソープカス)や

垢などの蓄積です。

毎日ちゃんと洗っていても

汚れが取れていなかったり

きちんと流し切れていないと

溜まっていき黒い塊になります。

それを放置すればするほど、嫌な臭いを発したり

細菌が繁殖しやすくなるため

最悪、病気の原因になってしまうことあり得ます。

おへそはとてもデリケートなので

爪や硬いもので汚れを取ると

下にある腹膜を刺激してしまい

腹膜炎を引き起こす可能性もあります。

あまり刺激を与えず

傷をつけないようにしなくてはなりません。

毎日すると負担がかかりますので

週に2回くらいが理想的です。

おへそを綺麗にする正しい8つのお手入れ方法

おへその中に汚れを見つけると

つい爪をたてたりしますね。

ですが、先ほども述べた通り非常に繊細な部位なので

ちょっと爪で汚れをかき出しただけでも

真っ赤になってしまいます。

大切なのは、丁寧にゆっくり優しく行うことです。

何回かに分けて行うと、お手入れが習慣化し

定期的にできるようになるので

おへその臭いを改善することができます。

オリーブオイルでお手入れ

オリーブオイルで、おへそを優しく

掃除することが可能です。

オリーブオイルと、ラップ

綿棒だけで準備完了です。

仰向けになり、おへそにオリーブオイルをたらします。(少量。多いとべたべたになる)

8分目ほど入れてオイルが汚れに

浸透するのを5~10分待ちます。

小さく切ったラップを、おへそにかぶせ、蓋をします。

体温とラップの保温効果で

サウナのような状態にして、少し置きます。

オイルが汚れに十分に馴染み

温めたことでさらに柔らかく

取れやすい状態になります。

ラップを取って、綿棒を使いゆっくりと

優しく汚れをふき取ってあげましょう。

オリーブオイルには保湿効果もあるので

肌には一石二鳥です。

ベビーオイルでお手入れ

オリーブオイルと同じように活用します。

好みでどちらかでやってみましょう。

綿棒にそのままオイルをしみこませて

汚れをふき取る方法もあります。

おへそ専用おそうじキットでお手入れ

そんなのあるの!?って思いますが、あるんです。

おへそ専用のおそうじキットで検索してもいいですし

以下のようなおそうじキットを

使ってみるもの良いでしょう。

出典:amazon

馬油でお手入れ

オイル類と同様、馬油もお手入れに使えます。

入浴後に、おへその周辺に少し多めに塗っておくと

体温で溶かされ自然とおへその中に入っていきます。

オイルと違って少し刺激が強いため

おへその中に直接塗り込むのではなく

周りに塗っておきましょう。

何日か続けると、汚れが浮いてくるので

綿棒や柔らかい布で優しく丁寧に拭き取ります。

皮膚科を受診する

自分ではどうしようもない状況なら

放置せず皮膚科を受診しましょう。

長く放置されたおへその汚れは

臍石(さいせき)と呼ばれ、頑固に固まり

ちょっとやそっとでは取れなくなっています。

そうなると、自分でおへそを傷つけずに

汚れを取るのは限界があるので

専門家に任せるのが一番です。

ワセリンでお手入れ

もっと手軽にしたいという方のために

ワセリンやボディクリームや

ハンドクリームも汚れ取りに最適です。

ワセリンやハンドクリームなどは

比較的どの家庭にも身近にあるものなので

気軽に試していただけます。

おへその中にワセリンやクリームを塗り込み

一晩ラップで蓋をしておき

翌朝綺麗にふき取ります。

保湿効果もあり、潤いも保てます。

入浴時にお手入れ

入浴時に身体と同時に、おへそも洗いましょう。

ただし強い力を加えることは禁物です。

洗った後、洗い流しがあると

臭いの元になりますので

しっかり流してください。

入浴後にお手入れ

入浴後は体温が上がっているので

汚れも柔らかく取れやすい状態です。

柔らかい布や綿棒などで優しくふき取りましょう。

余ほど汚れていなければ

大抵入浴前後のお手入れでとれるはずです。

おへそ掃除で気をつけること

おへその周りの皮膚は非常に薄く

かなりデリケートです。

柔らかい、ということはここまでで

十分お分りいただけているかと思います。

実際、おへその下にあるのは

臓器を包む腹膜なので

おへそを強く刺激することは

直接この腹膜を刺激することと同じです。

腹膜炎の原因となり

腹痛を引き起こす可能性もあります。

かといって怖いからという理由で

おへそのお手入れを怠ると

臭いや細菌の繁殖などの問題が起こり得ます。

ですから、定期的に自分に合った方法で

優しく丁寧にお手入れしましょう。

まとめ

おへその汚れや臭いは、ちょっとした工夫で

簡単に改善することができる

と感じていただけたと思います。

ここまで当ページでは、おへその正しい

お手入れ方法を以下のようにご紹介してきました。

  • オリーブオイルでお手入れ
  • ベビーオイルでお手入れ
  • おへそ専用おそうじキットでお手入れ
  • 馬油でお手入れ
  • 皮膚科を受診する
  • ワセリンでお手入れ
  • 入浴時にお手入れ
  • 入浴後にお手入れ

おへそは、トイレの便器より菌が

繁殖しやすいといわれています。

ちょっと怖いですが、過敏にならず

定期的にお手入れをして

いつでも綺麗なおへそを目指しましょう。

当ページを読まれている方は

以下の記事にも興味をよせ

併せて読まれています。

こちらも併せて参考にしてみて下さい。

\ SNSでシェアしよう! /

美人プレスの注目記事を受け取ろう

oheso-eyecatch

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美人プレスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらもおすすめ

  • 足の臭いを消す方法10選

  • コウジ酸によって美白効果が得られる10の理由

  • 半身浴の効果でダイエットを成功させる8つの方法

  • 頭がかゆい症状を治す方法10選

  • 汗の臭いが気になる方必見!自臭症を治す10の方法

  • 脇の黒ずみをとる方法10選