Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/hidekundayo/www/bijinpr.xyz/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
  1. TOP
  2. 美容
  3. コウジ酸によって美白効果が得られる10の理由

コウジ酸によって美白効果が得られる10の理由

 2017/10/02 美容  
kouji-san-eyecatch

女性であるならば誰もが興味のある肌の美白…。白くて美しい肌は女性の憧れでしょう。
美白を促進するために様々な成分や薬用品がありますが、天然由来で昔から人気がある成分を皆さんはご存知でしょうか?

それがコウジ酸という成分です。美白に興味がある方の中にはお聞きになったことがある方もおられるでしょう。
人工的な成分ではなく、天然由来のものなので肌の自活性を高めるためにとても有用な成分であり注目されているのです 。

肌の炎症を抑えることができ、かつ美白も促進するこのコウジ酸の働きをよく知っておくことは、美白を目指す方にとっては重要なことです。
では、ここからこのコウジ酸によって美白効果が得られる10の理由をご紹介していきたいと思います。

コウジ酸について

コウジ酸と聞くと分かりにくいかもしれませんが、味噌などの発酵食品を作るのに用いられる麹(こうじ)と聞くとイメージしやすいかもしれません 。
少し前にも塩麹で作られる料理が流行ったりして、使ったことがあるという方もおられることでしょう。

そのような麹から発見された成分で、発見されてから100年を迎えると言うほど古くから知られている成分です。

お酒作りをしている社氏さんの手が白く美しいということから、その原因を探るために研究が始まり、 調査が進んで行き1975年に三省製薬がコウジ酸からメラニン色素の生成を抑制するチロシナーゼを発見した事から、注目されるようになりました。

その後様々なメーカーが美白成分として注目するようになり、1988年には医薬部外品として厚生省から認可を得た有効成分となりました。
現在では、多くの人が美白成分としてよく知っている成分となりました。

コウジ酸によって美白効果が得られる10の理由

今私たちが知っている美白成分だけでもかなりの数のものがありますが、なぜコウジ酸は人気があるのでしょうか。
長年支持している人が多いというのは、何か理由があるはずです。

その理由として一つ挙げられるのは、美白効果があるのはもちろんですが、効能がそれだけではないと言うのが理由です。
美白成分の中には専門医ではないと取り扱いが難しいというものも多いのですが、コウジ酸はどんな人でも扱いやすく、肌になじみやすいという利点があります。

美白を望む女性達にとってとても身近な成分だと言えるかもしれません。
ではここからは、コウジ酸によって美白効果が得られる10の理由を具体的にご説明していきたいと思います。

シミの予防対策ができる

コウジ酸はメラニン色素育成に携わるチロシナーゼの働きを抑制する働きがあります。
ですからシミが気になる方には、これからできるかもしれないシミの予防効果があるのでとても効果的なシミ対策成分と言えます。

浸透能力が高い

実はこのコウジ酸は、とても分子構造が細いと言われています。
そのため浸透性がとても高く、美白を妨げるメラニン色素と銅イオンの結合を防ぐ働きをしてくれます。

他の美白成分も同じような働きをするものもありますが、コウジ酸ほど分子が細くないので、その効果はコウジ酸ほどではありません。

穏やかな効果を保つ

コウジ酸は人工的に作られた成分ではなく、天然由来のものですから効果がとても穏やかであるということが人気の秘訣かもしれません。

まんべんなく効果が現れてくるものですし、美白と同時に肌のキメを整えるものですから、白くて綺麗な肌を目指す女性達にとってとても効果的な美白成分ということができます。

肌に有害な活性酸素や炎症を抑えてくれる

肌にとってとても有害な活性酸素や炎症。
肌の内側から発生してくるもので、きちんとした対処をしないとシミやシワの原因となってしまいます。

どんなに努力しても発生してくるものですが、抑制することは可能です。
コウジ酸を使って、肌にハリを与え、肌本来が持つ自活力を元気にさせましょう。

糖化の抑制効果

女性の悩みとなる肌のさびつきや、黄色くくすむ現象。ファンデーションのカラーにも影響してきてストレスとなる悩みです。
この原因はコラーゲンが糖分過剰により焦げ付いた状態、つまり糖化という現象なのです。

コウジ酸は肌の組織内に発酵食品を入れ、糖化した肌を元気にする役割があります。

麹甘酒からも効果が期待できる

麹甘酒には、コウジ酸が多く含まれており、疲労回復、免疫力向上、便秘解消などの効果も同時に期待できます。
沢山の効果の相乗効果があり、肌表面の美白スキンケアだけでなく、内側から肌に働きかけるインナービューティーとして働いてくれるので、お勧めです。

皮膚科でも手に入れられる

コウジ酸はもともと漢方薬局で処方されていたことをご存知でしたか。
そのため、今でも皮膚科や漢方薬局で処方されているので、使いやすく、安全性が高いものです。

美白成分のハイドロキノンの様に即効性のある美白剤が適応できない方に代わりに処方されているのが、コウジ酸です。

保湿成分との相性の良さ

美白成分の中には、美白には効果を発揮しても、肌を乾燥させてしまったり、保湿成分との相性が良くないものもあります。
保湿成分と相性が悪いと、美白しても乾燥が進み、シミの間接的原因にもなりかねない場合もあるのです。

コウジ酸はヒアルロン酸との相性がいいのが特徴で、肌に水分を吸着させるその働きを妨げることなく、助けてくれます。
保湿化粧品要らずとなれば、何とも嬉しい成分ですね。

副作用の心配が少ない

美白成分の中で有名なのは、ハイドロキノンとトラネキサム酸でしょう。
耳なじみのある方が多いと思いますが、ハイドロキノンは非常に強い成分であるため、濃度を間違うと肌が抜けたようになる危険性があります。

肝斑の治療に使われるトラネキサム酸は血栓が出来る人には向いていません。
これの比べコウジ酸は、専門医しか触れないなどのこともなく、取り扱いも難しくなく、危険性の少ない成分と言えます。

化粧品を手作りすることも可能

肌が敏感だとか、アレルギーをお持ちの方であれば市販の美白化粧品は不安な方もおられることでしょう。
自分で作るなら無添加で安心ということから、コウジ酸で化粧品を作られる方も増えています。

工夫すれば、他の植物成分と混ぜて美白だけでなく、シミやシワなど、複合的に効果をもたらす化粧品も作る事も可能で、雑菌が入らないように気をつけていれば市販の化粧水と効果は変わりません。

コウジ酸の使用で覚えておくべき点

どんな美白成分であっても、メリットがあればデメリットも存在するものです。
コウジ酸は比較的安全な成分ですが、1988年に医薬部外品として認可されたのち、動物実験で成分が分解されず肝臓まで届くことから、発がん性の疑いもあると発表されたことがありました。

副作用があるかもしれないという危険性が取り上げられたのです。ですが、2005年11月以降、検査の結果問題はないという結論が出たので、安全性が確認され今では副作用はないという認識に一致しています。

どちらにしても、美白成分として化粧品に含まれている量は多くありませんから、副作用がでるレベルのものではありません。心配することはありません。

まとめ

いかがでしたか。

コウジ酸は天然由来の成分で、肌にも優しく、美肌と同時に肌の活性化を促す成分があり、女性にとってはとても嬉しい美白成分です。
副作用がなく、安全性が高い成分と言うのも多くの方に人気の理由かもしれません。

ここまでで、コウジ酸によって美白効果が得られる10の理由を具体的にご紹介してきました。この様なものがありました。

  • シミの予防対策ができる
  • 浸透能力が高い
  • 穏やかな効果を保つ
  • 肌に有害な活性酸素や炎症を抑えてくれる
  • 糖化の抑制効果
  • 麹甘酒からも効果が期待できる
  • 皮膚科でも手に入れられる
  • 保湿成分との相性の良さ
  • 副作用の心配が少ない
  • 化粧品を手作りすることも可能

昔から多くの女性に人気があり、その人気が長年続いていることからもこのコウジ酸が効果的な美白成分であることがわかります。
これらの情報を活用してコウジ酸配合の美白をぜひお試しください。

\ SNSでシェアしよう! /

美人プレスの注目記事を受け取ろう

kouji-san-eyecatch

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美人プレスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらもおすすめ

  • 毛深い女性が体毛を薄くする20の方法

  • 水素水の驚くべき効果10選

  • 足の臭いを消す方法10選

  • 紫外線対策に効果的な方法10選

  • 乳首の色をピンク色に戻すために必要な10の方法

  • ニキビ跡を消す10の方法