1. TOP
  2. 美容
  3. 低身長症の方必見!成長ホルモンの増やし方10選

低身長症の方必見!成長ホルモンの増やし方10選

seityou-horumon-eyecatch

身体の成長に欠かせない成長ホルモン。
子供はもちろん、大人にとっても必要不可欠なものです。

特に女性なら、美容にも関係してきますからとても大切なものです。
ですが、意外にもあまり知られていない成長ホルモンのこと。こんな疑問があるかもしれません。

そもそも成長ホルモンとは?

成長ホルモンの特徴、機能は?

成長ホルモンを促進させる方法はあるの?

私たちが日々生活するのに必要で、たくさんの効果をもたらす成長ホルモンですが、日ごろの努力で成長ホルモンを増やすことが可能なのです。
ここから、成長ホルモンの増やし方10選をご紹介していきます。

どれも、今日からできる簡単なことばかりです。特に低身長症にお悩みの方はぜひ、参考にされてください。

成長ホルモンについて

成長に関する作用と代謝をコントロールするのが、成長ホルモンです。
子供で考える方が想像しやすいですが、特に成長期に身長を伸ばしたり、大人のような体つきになるために必要なホルモンです。

でも、子供だけでなく、大人にも必要なものです。
骨や筋肉を作ったり、エネルギー代謝を上げたりする働きがあり、健康な体を維持するために必要な働きをしています。

細胞の再生をするので、肌のターンオーバーやアンチエイジングになくてはならないホルモンで、美容にも大きくかかわっているといえます。
年齢を重ねると、成長ホルモンの分泌が弱まるので、代謝が悪くなって脂肪がつきやすくなったり、髪の毛の変化で悩むことも少なくありません。

このように成長、若返り、美肌、育毛、老化防止などの効果がある成長ホルモンですが、個人差がかなりあります。
一概には言えませんが、いつまでも若々しくいたいと願うならば、成長ホルモンの分泌を増やし、維持する必要があります。

成長ホルモンの増やし方10選

低身長症の方にとって必要な成長ホルモン。
でも必要なのは子供も大人も関係なく、すべての人に必要なホルモンです。

意識して努力しないと、加齢によって成長ホルモンは分泌率がみるみる減っていきます。
いつまでも健康で、綺麗でいるためにも、成長ホルモンの分泌を意識的に促す生活をしてみましょう。

ではここから、成長ホルモンを増やす方法10選を具体的にご紹介したいと思います。

内臓脂肪の減少を目指す

内臓脂肪が多めについていると、血中の遊離脂肪酸の比率が高くなり、成長ホルモンの分泌が阻害されてしまうようです。
データによっては、標準の人と肥満の人で比べた場合、成長ホルモンの分泌が75%も減少するという結果もあるほどです。

ストレスを発散する

自律神経を乱すストレス。自律神経の乱れはホルモンの分泌に影響を及ぼします。
他にも、自律神経の乱れは睡眠の質も落とし、他の多くの病気の引き金となります。

就寝直前に食べない

就寝直前に胃に何か入れると、内臓が休めないため、睡眠が妨害されます。
また、成長ホルモンは空腹時によく分泌される特徴があるので、就寝時は空腹状態にし、ホルモン分泌を促しましょう。

入浴で体を温める

成長ホルモンの特徴として、熱めのお湯に入り、脳がストレスを感じた時にも多くホルモンが分泌されるようです。
他にも同じ効果を持つものとしてサウナもありますから、試してみてください。

就寝1時間前にお風呂に入る

他の特徴として体温が急激に下がる時、成長ホルモンの分泌は増えます。
寝る1時間ほど前に入浴して体温を上げておき、就寝時により沢山の体温差があれば効果的といえます。

空腹の際の低血糖状態

成長ホルモンは、空腹による低血糖時によく分泌されるので、空腹を感じたら食事をする方法は、成長ホルモンの分泌に関しては効果的です。

無酸素運動が効果的

無酸素運動とは、要するに筋トレのことですが、筋トレを行うことにより乳酸が発生し、この乳酸が成長ホルモン分泌のトリガーになるものです。

効果的なスロートレーニング

スロートレーニングをご存知ですか?
スロートレーニングとは、ゆっくりな動きで筋肉に負荷をかけ続ける運動のことを言います。

その運動を行うと、筋肉は大きな負荷がかかっているものと勘違いをして乳酸を大量に発生させ、安静時の100倍もの成長ホルモンが分泌される効果があります。

眠りの質を向上させる

成長ホルモンが分泌されるのは睡眠中ですから、睡眠の質が悪い場合や寝不足の場合は、十分な成長ホルモンが分泌されない状態になります。
しっかりと休息をとり、質の高い睡眠を目指しましょう。

有酸素運動を取り入れる

有酸素運動には、一酸化窒素を大幅に増加させる効果があります。
一酸化窒素は血管を広げ、血流をよくし、成長ホルモンの分泌を促進する働きがあるので、有酸素運動は効果的です。

成長ホルモンを増加させる5つの食べ物

低身長症に悩む方にとって、成長ホルモンの増加は一番の願いかもしれません。
身近な食事で、ホルモンを増やすことができたらいいと思いませんか?

実はそれが可能なのです。

ではここから、成長ホルモン増加に役立つ食べ物5選をご紹介していきます。

クルミ

クルミには、アルギニンという成分が多く含まれています。これは、成長ホルモンの分泌を促す成分です。
アルギニンには若返り効果も期待できますから、特に女性にとっては一石二鳥です。

肉類

成長ホルモンには、必須アミノ酸が必要不可欠ですが、必須アミノ酸は体内では作ることができないため、日々の食事からタンパク質を摂り入れる必要があります。

タンパク質の多い物といえば、肉類。かといって摂りすぎてはまた問題になりますから、平衡をとって食べましょう。

シジミ

シジミに含まれるオルニチン。CMなどでお聞きになったことのある方も多いことでしょう。このオルニチンには、成長ホルモンの分泌を促進する働きがあるといわれています。

ちなみに、生のシジミよりも冷凍のシジミの方が、オルニチンの量は8倍多いともいわれていますから、食べる際には冷凍のものを選ぶことができます。

大豆

大豆に多く含まれるアルギニン。アルギニンにも成長ホルモンの分泌を活発化させる効果があります。
大豆商品は数多くありますが、豆腐や納豆、きなこ、豆乳など身近に食べやすいものを日常的に取り入れるようにしましょう。

カカオ

チョコレートやココアに含まれるカカオには、フラバノールという成分が含まれています。
このフラバノールも一酸化窒素の産出を増加させ、成長ホルモンの分泌を促進させる成分です。

疲れたら甘いものが食べたくなる、といいますが、チョコレートに含まれるカカオが成長ホルモンに働きかけることが関係しているのかもしれません。

まとめ

いかがでしたか。

加齢によって成長ホルモンの分泌が経過してきても、打つ手は幾らでもあります。
低身長症で悩んでいる方でも、日ごろのささやかな努力で成長ホルモンを増やすことができると感じていただけたでしょうか?

これまで、このような成長ホルモンの増やし方10選をご紹介してきました。

  • 内臓脂肪の減少を目指す
  • ストレスを発散する
  • 就寝直前に食べない
  • 入浴で体を温める
  • 就寝1時間前にお風呂に入る
  • 空腹の際の低血糖状態
  • 無酸素運動が効果的
  • 効果的なスロートレーニング
  • 眠りの質を向上させる
  • 有酸素運動を取り入れる

大人であれ子供であれ、生活習慣や食習慣の乱れは多くの悪影響を及ぼします。
成長ホルモンの分泌の低下もその代価の一つとなりますので、意識的に規則正しい生活を心がけましょう。

そうしているなら、成長ホルモンの分泌も維持でき、健康で生き生きとした生活を送ることができます。

\ SNSでシェアしよう! /

美人プレスの注目記事を受け取ろう

seityou-horumon-eyecatch

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美人プレスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらもおすすめ

  • 睡眠の質を高めるために寝る前に行うと良い10の事

  • 日焼け止めのおすすめ対策方法10選

  • 汗の臭いが気になる方必見!自臭症を治す10の方法

  • 顔のシミを綺麗に消す方法10選

  • 美白になる為の効果的な方法10選

  • 肩甲骨ダイエットが効果的に痩せれる8つの理由