1. TOP
  2. 美容
  3. 白ニキビの膿を綺麗に治す為に効果的な13の方法

白ニキビの膿を綺麗に治す為に効果的な13の方法

ニキビは白いものや、黄色く膿んだもの、赤く腫れ上がったものなど、症状は様々あります。
腫れて膿が溜まってしまうと、見た目も気になりますが、痛みも伴うようになります。

隠そうにも隠し切れず、人前に出るものも躊躇いがちになりますよね。

そもそもニキビはなぜできるのか?

その中でも白ニキビとは何なのか?

白にキビを治す方法とは?

白にキビの跡をなくすのにはどのようにすればよいか?

白ニキビができるのを予防するには日頃の生活改善や、食生活を気をつけたりすることが大切です。また、スキンケアも大切になります。
間違ったスキンケアをしてしまうと、ニキビの原因菌を進入させてしまい、悪化させたり跡に残ってしまうことになるので、注意が必要です。

当ページでは、白ニキビの膿を綺麗に治す為に効果的な13の方法を紹介しますので、白ニキビでお悩みの方は是非、参考にしてみてください。

白ニキビができる原因

白ニキビは、皮脂や汚れなどで、毛穴がふさがれてしまい、毛穴の中に溜まったしまうことによって発生してしまいます。

白ニキビはニキビの初期段階となり、毛穴に汚れが詰まっているだけで、ニキビの原因菌となる「アクネ菌」によっての炎症は起こっていない状態です。

炎症は起こっていないので痛みはほぼありませんが、大量にできたり、治りが遅かったりしますので、見た目が気になり悩む方も多いようです。
この白ニキビが炎症を起こし、白く膿が溜まってしまった状態を黄ニキビといいます。

これはニキビの原因菌である「アクネ菌」が異常に繁殖し、白血球が体の防衛反応として大量に発生することによってアクネ菌を撲滅しようとし、結果白血球の残骸が炎症となって表れるのです。

この黄ニキビになる前に、正しいケアを行えば、ニキビの化膿を防ぐことができるのです。

白ニキビの膿を綺麗にする13の方法

白ニキビの原因菌である「アクネ菌」は、実は常に人の皮膚に存在している常在菌で、普段はおとなしくしていますが、毛穴に皮脂や汚れが溜まるとそれを餌にするので急激に繁殖し、白ニキビを作ってしまいます。

この白ニキビを予防するためにも正しい洗顔とスキンケアで毛穴に皮脂が溜まらないようにして、アクネ菌の増殖を防がなければなりません。

白ニキビができてしまった場合は、早く治すためにも生活習慣を見直し、皮脂の分泌を適切に保つためのケアをすることが必要です。
それでは、白ニキビの膿を綺麗に治す方法を具体的に紹介します。

睡眠・休養を十分にとる

人は睡眠中に、肌の再生修復を促す「成長ホルモン」を分泌します。
睡眠が不足してしまうと、肌の再生回復を遅らせてしまい、ストレスやホルモンバランス、自律神経の乱れを引き起こしてしまいます。

そうなるとニキビが出来やすくなってしまい、出来たにきびが悪化してしまう場合もあるのです。
そうならないためにも、睡眠と休養は充分とるように心がけましょう。

ニキビの初期の段階で、肌の回復力が充分でなければ、ニキビは悪化してしまうようになります。
夜更かしはなるべく止めて早寝早起きするなど、睡眠習慣の見直しをしてみましょう。

睡眠に関しては以下の関連記事も併せて参考にしてみて下さい。

レシチンの摂取が効果的

レシチンは肝臓の脂質代謝の促進に効果のある栄養素であり、ニキビケアにも効果がありますので、積極的に摂取することをおすすめします。
サプリメントとして市販されているものを服用するもの良いでしょう。

ホルモンバランスを整える

女性は特に生理前になるとニキビが出来やすくなる傾向があります。

生理前になると女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」の働きが入れ替わり、「エストロゲン」が減少してしまうのがにきびが出来やすくなる原因とされています。

そこで、このエストロゲンに代替できる成分として、大豆製品に多く含まれる「イソフラボン」が注目されています。

ニキビ予防のためには、特に生理前に大豆製品を積極的に摂るようにして、女性ホルモンのバランスを整えてておきましょう。

また、重度のニキビの炎症に悩まされている場合は女性ホルモンの働きを促す作用があるとして、避妊薬のピルもおすすめです。
ニキビ対策には効果がありますので、専門医で低用量ピルを処方してもらいましょう。

洗顔方法の正しいやり方

洗顔のやり方によって、肌に悪影響を及ぼすこともあります。
毛穴の奥の汚れもしっかりと落とそうとして、強くこすったり、フェイスブラシをつかうなど、肌に強く刺激を与えるような洗い方は禁物です。

ニキビは刺激を与えることによってとても敏感に反応します。また、刺激が強すぎることによって肌に傷ができてしまうと、そこから雑菌が入ってしまい、ニキビが悪化することもあります。

洗顔の際は、肌に刺激を与えないように、たっぷりと泡立てた洗顔料をやさしく包み込むようにして洗いましょう。

冷え性の改善を心がける

血行不良や新陳代謝の低下はニキビが出来やすくなる原因となりますが、冷え性の方は特に気をつけておくことが必要です。

首周りを温めたり、半身浴をするなど冷え性の改善を心がけましょう。また、冷え性改善のためには筋肉量のUPも有効なので、適度な運動の実践もおすすめします。

適度に洗顔をする

ニキビは皮脂や汚れが毛穴に詰まることが原因ですので、つい何度も洗顔をしてしまいがちになりますが、実は洗顔のやりすぎは逆効果になってしまいます。

なぜかというと、洗顔のやりすぎにより皮脂を必要以上に洗い落としてしまうことから、肌の乾燥を招いてしまうからです。

肌が乾燥すると、肌は潤いを取り戻そうと皮脂をさらに分泌します。
その結果、必要以上に皮脂を分泌してしまいそれを餌とするアクネ菌が増殖してしまいますので、洗顔は朝と夜の1日2回するようにしましょう。

保湿をしっかりとする

ニキビが出来るは思春期と大人になったからとでは違います。
思春期は皮脂の過剰分泌によるものですが、大人になってからはほとんどが乾燥が原因です。

肌が乾燥すると、毛穴の表面が硬くなってしまい、皮脂は外に排出しにくくなり毛穴に溜まってしまいます。
その結果、アクネ菌が増殖してニキビが出来やすくなるのです。

日頃から乾燥予防のために肌の保湿ケアをしっかりとしておくことが大切です。

肌は保湿のために、適度な皮脂が必要です。過剰な洗顔や、あぶらとり紙による皮脂の取りすぎは乾燥を招きますので注意しましょう。

ストレスは溜めない

ニキビは皮脂の過剰分泌が要因の一つとなっていますが、実はストレスが原因で皮脂分泌が過剰になる場合があります。
ストレスが溜まると自律神経が乱れてしまい、ホルモンバランスも乱れますので、体調も悪くなりやすくなります。

また、血行不良や新陳代謝が悪くなることもあり、その結果肌が荒れやすくなり、ニキビも増えてしまうのです。ストレスはなるべく溜めないようにして、自分なりのストレス発散方法を見つけるようにしましょう。

ファンデーションは塗り過ぎない

毛穴に皮脂や汚れが溜まるとアクネ菌が増殖しニキビの原因、悪化につながります。

ニキビを隠そうと、ファンデーションやコンシ-ラーをを厚く塗りがちになりますが、毛穴の詰まりの原因になり、アクネ菌を増殖させてしまいます。

ニキビに直接化粧品やファンデーションを塗るのは悪化の原因になりますので、避けるようにしましょう。

スキンケア化粧品は低刺激のを選ぶ

最近の化粧品は多種多様な商品が販売されていますが、その中には添加物の多いものや、刺激の強いものもあるようです。

添加物の種類の中では、ニキビに悪影響を及ぼすような成分が含まれているものもあり、ニキビの悪化を進行させてしまう原因となることもあります。

なるべく低刺激の成分配合の肌に優しい化粧品を使用するようにしましょう。

美肌のためにゴールデンタイムを見逃さない!

睡眠中には肌の再生修復が促す「成長ホルモン」が分泌されます。これは夜10時~深夜2時までの4時間に限られており、この時間帯を「お肌のゴールデンタイム」といいます。

この時間は「お肌のゴールデンタイム」と呼ばれ、美肌を保つためには見逃してはいけないタイミングです。美肌を保ち続けるためにもお肌のゴールデンタイムに質の良い睡眠をとりましょう。

適度に運動をする

ニキビの原因は、皮脂や汚れによる毛穴の詰まりにあります。毛穴の詰まりを排出できる有効手段のうち一つが「汗をかくこと」です。

運動を適度にすることで汗をかきやすい体質をつくるようにしましょう。また、運動をすることによって筋肉量も増えていき、血行が良くなり、新陳代謝も促進されます。

まずはウォーキングなどの簡単な運動から取り組んでいき、老廃物の排出を促すようにしましょう。

しっかり紫外線対策をしておく

紫外線は肌に当たると肌表面に活性酸素が発生してしまい、活性酸素を排除しようと白血球が活発化することによって炎症や膿を引き起こしてしまいます。

日頃から紫外線対策をきちんと行い、ニキビ予防をするように心がけておきましょう。

以下のページでは、紫外線対策について詳しくご紹介しております。是非、参考にしてみてください。

白ニキビが直った後の肌を綺麗にするための3つの方法

にきびが治っても、跡が残る場合があり、膿んでしまったニキビは特に跡が残りやすいので、ニキビの治った後にも注意が必要になります。
ここからは、白ニキビが直った後の肌を綺麗にするための3つの方法を紹介します。

紫外線に当たらないようにする

ニキビは場合によっては「炎症色素沈着」が起こることにより、ニキビ痕が残ってしまうことがあります。
そこに紫外線が当たるとメラニンが生成され、さらにはっきりとした痕が残ってしまう場合もあります。

ニキビが出来てしまったら、紫外線には当たらないように注意することが大事です。
そのためにも日焼け止めをしっかり重ね塗りしておくと良いでしょう。

ターンオーバーを促すた生活習慣の見直し

ニキビ跡が残らないようにするためには、肌の修復再生「ターンオーバー」がしっかりとされていることが重要です。

ターンオーバーは、良質のたんぱく質や、ビタミンを多く摂取することでより効果が表れますので、これらを含む食品を積極的に摂ることを心がけましょう。

また、ビタミンには、紫外線による活性酸素の発生を抑制し、コラーゲンなどの肌に必要な成分の生成に効果がありますので、美肌作りに必要不可欠となります。

肌のターンオーバーは「お肌のゴールデンタイム」である睡眠中に活発になりますので、食生活も含めた生活習慣を見直すことも大事になります。

ニキビをつぶしてはいけない

ニキビが出来てしまった場合、見た目を気にするあまり、つぶしてしまったりしていませんか?
ニキビは刺激に敏感であり、つぶしてしまうと治りが遅くなってしまい、さらに跡が残りやすくなってしまいます。

膿を上手く出すことが出来れば治りが早くなり、跡も残らないといわれていますが、素人ではなかなか上手く出来るものではありません。ニキビを綺麗に治すためにはつぶさないことが鉄則です。

まとめ

いかがでしたか?

白ニキビの膿を綺麗に治すには毎日のきちんとしたお肌のケアや生活習慣を心がけるだけで化膿であることが言えます。

ここまで当ページでは、白ニキビの膿を綺麗に治す具体的な方法を、以下のようにご紹介しました。

  • 睡眠・休養を十分にとる
  • レシチンの摂取が効果的
  • ホルモンバランスを整える
  • 洗顔方法の正しいやり方
  • 冷え性の改善を心がける
  • 適度に洗顔をする
  • 保湿をしっかりとする
  • ストレスは溜めない
  • ファンデーションは塗り過ぎない
  • スキンケア化粧品は低刺激のを選ぶ
  • 美肌のためにゴールデンタイムを見逃さない!
  • 適度に運動をする
  • しっかり紫外線対策をしておく

また、白ニキビが直った後の肌を綺麗にするための3つの方法を以下のように紹介しました。

  • ニキビを紫外線に当たらないようにする
  • ターンオーバーを促すための生活習慣の見直し
  • ニキビをつぶしてはいけない

ニキビの最終的な症状は膿を伴う状態です。膿が出てきた段階では慎重に対処する必要があります。

当ページで紹介した方法で、是非、美しい肌づくりの参考にしてみてください。

また、体質的にニキビが膿んでしまう方もおられますが、最近ではニキビ治療に有効な漢方薬もありますので、専門店で相談してみるのも良いでしょう。

当ページを読まれている方は以下の記事にも興味をよせ、併せて読まれています。こちらも併せて参考にしてみて下さい。

\ SNSでシェアしよう! /

美人プレスの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美人プレスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*


*

こちらもおすすめ

  • 室内干しでも臭わない効果的な方法10選

  • 敏感肌でも安心して使える無添加化粧水10選

  • FDA認証済みの脂肪を溶かしながら激痩せできる○○○とは!?

  • ストレス太りを解消する方法8選【ストレスで過食気味の方必見】

  • 脇汗の臭いをなくす為に効果的な方法10選

  • すね毛脱毛をエステで処理する際に熟知する8つの注意事項