1. TOP
  2. 美容
  3. ウエスト痩せでお腹の脂肪を取る方法10選

ウエスト痩せでお腹の脂肪を取る方法10選

west-yase-eyecatch

ウエストに脂肪がたまっていると、女性が憧れるくびれのあるボディになることができません。
せっかく美しいボディを持っていても、おなか周りにお肉があるとなんとなく乳幼児のような体型になってしまいます。

女性は妊娠や出産を経験するため、外部からおなかを守るためにお腹周りに脂肪がつきやすい性質があります。
そのため、一寸油断してしまうとお腹周りに脂肪がたまってしまいます。

しかし、ダイエットをしても体全体を痩せさせることはできても、お腹周りなど部分的はなかなか痩せにくく、ダイエットが長続きしないことも多いものです。

なかなか痩せにくいお腹周りを痩せさせるためには相当なきつい運動や食事制限などをしなければならないのではないかとためらっている人も多いですが、実は簡単にできるおなか回りの脂肪をとる方法があります。

ここではその方法について紹介していきたいと思います。くびれがない、おなかがポッコリしていると悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください

お腹に脂肪がたまる理由

女性の中には全体的には決して太ってはいないのに、お腹周りだけにお肉がついていて、ポッコリしていたり、くびれがない体型になってしまうこともあります。

このようにおなか周辺に脂肪がついてしまう原因としては、暴飲暴食、便秘やガスがたまる、インナーマッスルが低下し、脂肪がつきやすくなるなどがあります。

インナーマッスルが低下すると、おなかの筋肉で体を支える事ができなくなり骨盤にゆがみが出たり、姿勢が悪くなって内臓下垂が起きて、それがぽ凝りお腹の原因になってしまうことがあります。

ウエスト痩せでお腹の脂肪を取る方法10選

お腹周りの脂肪を落とすことで、くびれを作り、美しいボディランをつくることができます。

お腹周りの脂肪を落とすためには様々な方法がありますが、きつくてつらいストレッチなどであれば、長続きせず効果を得ることができないので、誰でも簡単にできる運動のほうが効果があります。

それではウエストを効果的に痩せさせる方法について紹介していきます。

腹式呼吸

普段何も意識しないでしている呼吸ですが、意識して腹式呼吸を行うことで基礎代謝がアップし、太りにくい体質にすることができます。
腹式呼吸法はストレスを発散させリラックス効果もあるのでお勧めです。

鼻から息を吸う際、おなかを膨らませて吸った息をため込んだ後、おなかをへこませながら口から息を吐き出します。

下に正しい腹式呼吸の方法を解説している動画をいかに載せておくので併せて参考にしてみてください。

ウォーキング

ウォーキングを行うことでインナーマッスルが鍛えられます。
インナーマッスルが鍛えられることで姿勢がよくなるだけでなく、内臓も正しい位置に収められるため太りにくい体質になります。

普段から健康のためにウォーキングを行っている人たちは、ウォーキング中の姿勢や正しい歩き方を意識するだけでより効果があります。
また、ウォーキングには、腸の動きを活性化させ便秘を解消させる働きもあるのでお勧めです。

以下の動画も併せて参考にしてみて下さい。

便秘改善

ポッコリお腹の原因には宿便がたまってうまく排出されないことも挙げられます。

そのため、ヨーグルトやみそ、キムチなどの発酵させた食品をメニューにうまく取り入れることによって、発酵食品の中に含まれる乳酸菌により宿便を排泄させる効果があります。
また、植物繊維が含まれている食品も効果的です。

便秘気味でお悩みの方は、以下のページも参考にしてみてください。おすすめの便秘薬をご紹介しております。

肩周辺の筋肉をほぐす

肩周辺にはリンパが流れています。このリンパの流れが悪くなることで、体内に疲労物質がたまり、新陳代謝が下がり、太りやすくなってしまいます。

肩のリンパの流れの拠点となる肩甲骨周辺をマッサージして筋肉をほぐすことで老廃物の流れが活性化し、内臓の機能も活発になります。

日常生活で骨盤を意識して動く

骨盤がゆがんでいると体が傾いたり、余計な部分に脂肪がつきやすくなります。骨盤の位置や角度を常に正しく維持することが、くびれ痩せするためのポイントです。

日ごろ立ち仕事をするときももちろんですが、座るときも骨盤を立てるようにして座ってみましょう。

背筋が伸び、背中とお腹に力が入るため、自然とお腹周辺がくびれていきます。
以下の動画も併せて参考にしてみて下さい。

簡単なエクササイズ

お腹周辺の脂肪をとるためにはきつくて苦しいエクササイズが必要と思っている人も多いです。しかし、実際は手軽に行えて、くびれ痩せできる方法もあるのです。

膝をそろえ、猫背の状態でソファーに浅く腰掛けたら、両手をソファーについて、両膝をゆっくりと持ち上げます。限界と感じたところで止めてその状態を5秒間保ったら、ゆっくりと元の位置に戻ります。

この動きを3回1セットとして、1日2セット行うようにすると効果があります。テレビを見ながらでもできるのでなあが続きしやすいストレッチです。

スクワット

スクワットには基礎代謝を高める効果があります。基礎代謝を高めることで体に脂肪がつきにくくする効果があるのです。
5回スクワットを行うのと、30回腹筋を行うのは同じくらいの運動量や運動効果があるため、スクワットのほうがおすすめといえます。

おなか引き上げ筋の活性化

お腹を引き上げる効果のある筋肉を強化することでお腹周りの脂肪を除去し、脂肪をつきにくくします。

足を前後に軽く開いて立ち、内ももに力を入れ、重心を前に動かしながら、両手を組んで斜め上に引き上げるイメージで伸ばします。

お腹と背中を常に意識して、顔は伸ばした手の先を見るような角度にします。伸ばした腕と後ろの足が水平になるようにし、後ろのかかとを上げないようにしながら10秒間キープし、元の位置に戻します。

ドローインウォーキング

基本的には通常のウォーキングと変わりませんが、そのウォーキングに呼吸法も組み合わせることでより一層ウエストやせの効果を得ることができます。

息は吐きながらお腹をへこませヒップに力を入れ、15秒間程度そのままの状態をキープしながらウォーキングを行います。

ウォーキングにドローイングを取り入れることによって、おなかの周辺の筋肉を鍛えることもできます。

レッグレイズ

仰向けに寝転がった状態から、足が床と60度くらいの角度になるまでゆっくり上げて一呼吸置いたら足をもとの位置に戻します。これを15~20回くらい行います。

足を上げるときは腰で持ち上げるのではなく、おしりで持ち上げることを意識して行いましょう。

糖質制限ダイエット

体全体が太っている人も、一部分が太って気になっている人もダイエットを行うことと思いますが、その中でも多いのが糖質を制限することで行うダイエットです。

糖質を制限するため、お腹周りに付く脂肪も減り、ウエスト痩せにも効果はあります。血糖値の増減が少なく、満腹感を得られない苛立ちも少なくて済みます。

しかし、体のエネルギー源となる糖質を制限することにより、目内やイライラ、不整脈等の症状が出ることがあります。
糖質制限ダイエットを行う時は水分補給などをこまめに行ってください。

まとめ

ウエスト痩せでお腹の脂肪を取る方法を紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

ウエスト周りを痩せさせるためには、きついストレッチなどが必要だと思っている人も多いと思いますが、実は誰もができるような簡単な方法でもウエスト痩せを実現させることができるのです。

その方法としてここまで当ページでは以下の方法を解説して参りました。

  • 腹式呼吸
  • ウォーキング
  • 便秘改善
  • 肩周辺の筋肉をほぐす
  • 日常生活で骨盤を意識して動く
  • 簡単なエクササイズ
  • スクワット
  • おなか引き上げ筋の活性化
  • ドローインウォーキング
  • レッグレイズ

これらのストレッチなどを行ったからと言ってすぐに効果が表れるというわけではありません。
毎日少しずつでも継続させることでお腹周りの脂肪をとり、美しいくびれを手に入れることができます。

当ページを読まれている方は以下の記事にも興味をよせ、併せて読まれています。こちらも併せて参考にしてみて下さい。

\ SNSでシェアしよう! /

美人プレスの注目記事を受け取ろう

west-yase-eyecatch

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美人プレスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらもおすすめ

  • すね毛脱毛をエステで処理する際に熟知する8つの注意事項

  • 水素水の驚くべき効果10選

  • 女子のあそこの臭いを無くして無味無臭にする15の方法

  • 敏感肌でも安心して使える無添加化粧水10選

  • ホットヨーグルトの効果10選と美味しい作り方

  • リダイレクト記事2