1. TOP
  2. ちょいエロ
  3. ロストバージンしてセックスが気持ち良くできる10の方法

ロストバージンしてセックスが気持ち良くできる10の方法

lostvirgin-eyecatch

男性から見ると、「処女」という響き的には、まだ誰にも汚されていない、純粋なイメージを持つ人も多いでしょう。

女性にとっては汚されていない、純粋というイメージはある害イメージではあるものの、周囲の同世代の友人たちが次々と処女を卒業していくのが分かると、焦りを感じたり、アラサーで処女を捨てきれないと、処女であるということを恥ずかしいあまり隠してしまう女性も居るのです。

晩婚化が話題となっている今、恋愛すら面倒と考える女子も増え、20代くらいまでの処女人口は急激に増加しています。

そんな中、すでにロストバージンしている友人たちと話をしていて、セックスの良さや性についての話になったときに、話についていけなくなったりして、早くロストバージンしたいと考える女性も多いのです。

そこで当ページでは、ロストバージン後でもセックスを気持ちよく楽しめる方法を紹介します。
「早く処女卒業して、ロストバージンしたい」「セックスを楽しめるような大人の女性になりたい」と思っている女性は是非、参考にしてみて下さい。

年代別でみた処女事情

昭和時代は親子であっても性の話をするのは汚らわしいこと、恥ずかしいこととされてきました。
そのため、セックスなどの話は親子でもなかなかすることができませんでした。

しかし、制教育なども盛んに行われるようになった今日では若い世代の性への関心が急激に早まり、セックスの低年齢化が進んでいる一方で、処女の割合も増えてきているのです。

以下に18歳から34歳までの未婚女性7000人を対象にして行われた、「セックス経験の有無」の調査結果です。

さらに近年では18~22歳の若年層に処女率が増加している傾向もみられています。

また、上記の調査で処女だと答えた女性に対して、「早く処女を卒業したい」と考えている割合の調査も行っています。その結果が次の通りです。

年齢が上がってくるにつれて周囲から置いてきぼりにされているという焦りや、女性としての喜びを早く感じたいという気持から、ロストバージンを希望する女性が多くなっていきます。
特に30代を過ぎると処女を卒業するという相手を選んで探す表現ではなく、相手に選んでもらうといった消極的な姿勢が目立ってきてしまいます。

焦ってくると何事も多くの場合、失敗してしまいがちです。特にロストバージンをする相手が好きな人でない場合には、心の準備も含め、様々な心構えが必要となります。
ロストバージンをするための心構えや準備について紹介していきます。

ロストバージンの前に準備しておきたいことや心構え

処女女性ができれば早くロストバージンしたいと考えるのは、ほとんどが周囲がロストバージンしていることからくる焦りです。
また、数は少ないものの、セックスに興味はあるけれどなかなかセックスをする相手が見つからなかったという人も。

焦りだけでロストバージンしようとすると、せっかくセックスするチャンスが訪れても、気持ちだけが先走ってしまい、セックスに痛みを感じて結局ロストバージンがお預けになってしまったり、挿入する前の段階でトラブルが起きてしまうこともあります。

逆にセックスに興味はあるのだけれど、なかなか相手が見つからないまま処女を貫いている場合、セックスに対してある程度の興味はあるので、オナニーなどで体を十分に開発したり、準備ができているためスムーズにロストバージンをすることができます。

ロストバージンをするまでにどんな心と体の準備をしておけばいいのでしょうか。

本当にセックスに興味があるのか再確認

特に10代後半から20代前半に多いのが、周囲がロストバージンしているから自分もというもので、セックスいや性的欲求によるものではないことが多いです。

これでは気持ちだけが焦ってしまうだけでなく、セックスの楽しさや喜びを何も味わうことができません。ロストバージンを奪う男性に対しても失礼です。

ロストバージンがしたいという気持だけを高めるのではなく、性的な興味や知識をしっかりと深め、オナニーをするなどして心身のセックスに対しての準備を行っておきます。

セックスに対しての体の準備ができているか

ロストバージンをするんだと心の準備はしっかりできていても、体の準備ができていないといくらセックスをしても痛みや苦痛を伴うだけで楽しむことができません。
エッチな妄想をして膣が濡れてくるか、体が敏感に反応するかなどをチャックしてみましょう。

ロストバージンのタイミングに後悔しないか

20代前半までの女性に多いのが、周囲がロストバージンしたから自分も早くしたいというものです。

その時のちょっとした気の迷いでロストバージンをしてしまうことで、相手に対して後悔したり、相手が性の知識がない場合には間違って妊娠してしまうということもあります。

そのような後悔をしないためにも、今この人とロストバージンしてもいいのかどうか、もう一度慎重に考えてみてください。

かわいいデザインの「勝負下着」を取り入れる

ここぞというときに勝負下着を身に着ける女性はよくいるようです。

洋服よりもこだわりを持つ人も多いとか・・。実際は男性は女性が思うほど相手の下着を気にする人はあまり多くないようですが、「あの時の下着はちょっとはずかしかった」と後悔しないためにも、自分の気に入った下着セットを準備しておくと良いでしょう。

入念に「お風呂で体を洗う」

やはりどうしてもニオイは気になるものです。毎日お風呂で身体をきれいに洗い流していても、必要以上に体臭は気になるものです。
特に前夜は入念に体を洗うように心がけておけばよいのですが、それでも気になるのであれば、エッチ前に香水をつけてみてはいかがでしょうか。以下の関連記事も併せて参考にしてみると良いでしょうか。

出血対策の「ナプキンの用意」

出血対策のためにナプキンを用意しておくことをおすすめします。

シーツを汚してしまうようなことを防ぐためにはもちろんですが、直前にエッチする気がなくなった場合、相手を傷つけることなく「今日は生理」であるといいわけにも使えます。

経験者の話を聞いて「脳内シミュレーション」

心の準備もないまま初エッチを経験してしまうと、頭の中が真っ白になって、余韻にひたるどころかあまり覚えていないという場合もあるようです。
特別な思い出が何も残らないようではつまらないので、初エッチの前に少しシミュレーションしておくと良いでしょう。

オーラルケアグッズの準備

口臭には気をつけていても、その日に限って臭いが残るものを食べてしまった何てこともあるようです。
日ごろからオーラルケアには十分心がけておくことが大事ですが、やはり歯磨きするにも限界がありますので、特に前日や直前に臭いのきつい食事を控えるようにしましょう。

ロストバージン前に知っておくべき女性の身体のこと

ロストバージン後にで後悔しないためにも、ロストバージン前はちょっとした「準備」をしておくと、いざその時がきても慌てる必要がなくなります。
ある程度シミュレーションしておいて、いざロストバージンを迎えても困ることがないように、ポイントを紹介します。

ムダ毛よりも匂いよりも「尿意」にご用心

身体のケア、特にむだ毛処理はきちんとするのは当然ですが、意外に用心し忘れがちのが「尿意」です。人によっては早い段階で直ぐに尿意を感じる人もいるようです。これは決して恥ずかしいことではなく、ごく普通の現象といえます。

膣と膀胱は近い位置にありますので、行為によって膣に感じる刺激が膀胱にも伝わりやすいのが「尿意」に感じてしまうようです。

実際にはトイレにいきたいというわけでもないけれど、どうしても尿意を感じてしまうようなことが慣れるまでは起こってしまうようです。なので、あまり気にせずにいることができればよいのですが、どうしても気になるようでしたら、なるべく事前に水分を取ることを控えめにしておくことをおすすめします。

水分を取っていなければ尿意を感じることはないはずなので、この尿意は気のせいであることを意識できることでしょう。

ちなみに、ムダ毛に関しては以下の関連記事も併せて参考にしてみると良いでしょうか。

「コンドームを付けて」が言える女性に

後で後悔すると大変なことになりかねないので、お相手の男性に「コンドームをつけて」といえるようにしましょう。
これはお相手との関係性は関係なく言う事がとても重要になってきます。にもかかわらず「コンドームをつけて」といえない女性が意外に多いようです。

ロストバージンの時点でお相手の男性に「コンドームをつけて」という事を習慣づけるようにしましょう。
そうすれば余計な心配や不安な思いをすることなく、安心して行為に没頭できることと思います。今後、パートナーが変わっても、言える事が当たり前になっていたら、後悔するようなことはないはずです。

相手に対する恋愛感情の急上昇

ヴァージン女性にとって最初のセックスは特別な行為であるといえます。
そうなると当然、最初のお相手の男性に対してその人が恋人であろうとなかろうと、恋愛感情が急上昇してくるようになります。

特別な行為の相手に選んだ男性に対して、なぜこの人を選んだのかという感情がわいてくるはずです。
多くの女性がその感情に対して「この人のことを自分は大好きであることに違いない」という事を思うことでしょう。そうなると恋愛感情が自然に高まっていくようになります。

ただ、その感情が場合によっては男性にとって重く感じててしまうことも残念ながら多いのです。
セックス後にあからさまに彼女づらするようになってしまったら、逆に男性の感情が冷めてしまうこともあるので、あまり熱を上げすぎないように冷静さを保つように気をつけましょう。

ロストバージンしてセックスが気持ち良くできる10の方法

後悔しないように心身ともにロストバージンに向けて細心の準備を行い、ロストバージンをスムーズに行うことができたら、大人の女性へ一歩近づいた証拠です。
さらにロストバージンしたうえでセックスを楽しめるようになるためには、心技体すべてがそろっている必要があります。

では、どのようにしてロストバージンに備えて心技体すべてをそろえると良いのでしょう…。

これから紹介する処女を卒業して気持ち良いセックスができるようになる10の方法は、女性なら誰でも実践可能な方法です。
これらを実行することで、ロストバージンの後のセックスを気持ちよく楽しむことができるようになります。是非、参考にしてみて下さい。

指で膣を触って感覚を覚える

女性の性的興奮を高めるためにはエッチな本を読んだり動画を見る方法がありますが、それだけでは心の準備は整っても、体の準備が伴いません。
そこで、オナニーするという方法もありますが、まだロストバージンすらしていない女性にいきなりオナニーしなさいというのも酷な話です。

そこで、まずは温かいお湯に指をつけて、その指で膣周辺を愛撫してみましょう。少し性的興奮が高まってきたら指の先っぽだけでも膣に入れてみて、気持ちよさを少しずつ覚えていきます。

自分で触っっても気持ちがいい感じがしないという人も多いですが、肝心なのはエッチな気分を味わうことができるかどうかです。一寸喘ぎ声を出すなど自分なりの演出を加えると、更に気分が盛り上がります。

ビデオや動画で性的興奮を高める

昔はアダルトビデオやエッチな動画などは男の人が見るというイメージが強かったのですが、最近では女性もアダルトビデオや動画などで性的興奮を高める人も増えました。

そのような女性たち向けのアダルトビデオや動画サイトなども徐々に増えてきていますので、そのようなものを見ることで性的興奮を高め、ロストバージンへのイメージトレーニングを行いましょう。

エロ動画サイトやアダルトビデオはその後も女性たちのバイブルとして使用することもできます。

オナニーで訓練する

セックスの回数をこなしても、なかなか快感を感じることができない人も多いです。それではいくらロストバージンしても女性としての喜びを感じることができません。

そこで、オナニーを日常生活の中で取り入れ、性的気分が高まったらいろいろな方法でオナニーをしてみましょう。セックスサークルの男性や経験豊富な男性の場合、オナニーの仕方などをアドバイスしてくれることもあります。

クリトリスを開発しておく

クリトリスはセックスの時よりも男性と前戯を行う際に快感を感じる部分になります。前戯でしっかり感じることでセックスも気持ちよく感じることができるかどうかが変わってきます。

そこでクリトリスの開発をしておきましょう。

開発というとなんとなく難しそうに聞こえますが、やり方はとても簡単です。オナニーなどの時にクリトリスを指やおもちゃなどで愛撫しながら、気持ちよさを感じていくだけです。

感じてきたら少し喘ぎ声を出してみましょう。自分の中の興奮度も高まります。開発が進むとクリトリスの刺激だけでもオーガズムに達することができるようになりますよ。

膣の開発

クリトリスの開発がある程度進んで、オナニーでも気持ちよさを感じることができるようになったら、次は膣の中を開発していきます。

まずは指や大人のおもちゃで開発を進めていきますが、膣は非常にデリケートな部分のため、挿入する前にまずは清潔にします。性感帯の一つにGスポットという場所がありますが、Gスポットは膣の中の手前上部分にあります。触ってみると少しざらざらしているのでそこを開発すると良いでしょう。

大人のおもちゃを使用して開発する場合には、最初から太いものを使用するのではなく、自分の膣の大きさに合わせて徐々に太さを変えていきます。

膣の中の性感帯開発がすすむと、オーガズムと呼ばれる中イキもできるようになってきます。中イキに関しては以下の関連記事を参考にしてみて下さい。

最初は痛いと覚悟しておく

どんなに開発を行っても、いざセックスを行う際、相手の体勢やペニスの大きさなどによっては痛みを伴うこともあります。
濡れてきたり興奮が強くなってくると痛みが薄れてくることもあるので、少々の痛みであれば覚悟も必要です。

しかし、どんなに頑張っても痛みが消えないときは痛いと相手に伝えましょう。
相手があなたのことを愛してくれていれば痛みを感じなくなるまで様々な手段を好意て開発してくれるはずです。

フェラも大切

初めてのセックスの場合、思ったように進まなくて、相手もイライラしてしまうこともあります。
そんな時はフェラで相手を喜ばせることで、男性も可愛いと感じてくれるようになります。

アダルトビデオや動画などで研究し、練習しておきます。男性によって感じる部分が違うため、時折顔を見ながら確認しましょう。
その時の目線が男性にとっては上目遣いとなるため、男性を興奮させることもできます。フェラの仕方に関しては以下の関連記事も併せて参考にしてみて下さい。

膣トレを行う

セックスの際、膣が緩いと自分も相手も気持ちよさを感じることができません。
膣トレを行うと、膣周辺の筋肉が和らぎ、初めてセックスするときの痛みが軽減されるほか、膣がしまって相手も自分も気持よく感じることができるのです。

行い方はとっても簡単。姿勢を正した状態で息を吸いながら膣と肛門をぎゅっと締め、そのままの状態で5秒間息を止めます。そしてゆっくり息を吐きながら戻していきます。
膣トレはセックスだけに有効なトレーニングではなく、体を若返らせ、ボディラインを美しく整える効果もあるため、ぜひ行ってください。

膣トレをして彼氏を喜ばせたいと思っている、女性の方は是非、以下の記事も参考にしてみてください。

経験を積む

誰でも初めてのセックスの時はロストバージンの緊張や不安、恥ずかしさなどでセックスを気持ちいと感じることはほとんどできません。
そのため、心のほうは1回目のセックスでロストバージンといえますが、体のほうは本格的なロストバージンとは言えません。

相手が自分の好きな男性で、セックスのうまい人なら、彼に、初めての男性があまりセックスが上手じゃなく、セックスの上手な人と楽しんでみたい人なら、セックスサークルを利用するなどして経験を積んでいきましょう。

経験を積んでいることで自然とセックスの喜びを感じることができ、大人の女性へと近づいていきます。

セックスサークルの活用

セックスサークルとは日常的にはなかなかできないようなアブノーマルなセックスを楽しんだり、女性の性感帯の開発や、体位などセックスに関する知識などを教えてくれるサークルです。
日本全国に様々なサークルがあり、サークルごとに特色が違うので、利用するときは自分に合ったサークルを選ぶことが大切です。

せっかくセックスに対して心技体すべてがそろったとしても、相手がいないのではロストバージンはできません。他にも、「ロストバージンしたいけど、きっかけも無く恋すらできない…」という女性にもセックスサークルはおすすめです。

セックスサークルのもう一つの特徴は、女性経験が豊富で慣れている男性に、優しくエスコートしてもらえるという点です。

ちなみに、関東で活躍している人気のセックスサークルがこちら→パラダイスです。メンバーに関しても、イケメンでエッチ上手な若い男性しか在籍していませんので、処女歓迎の体制で、女性に慣れている男性が、優しく気持ち良いセックスを実現させてくれます。パラダイスは女性は完全無料で利用できますが、時期によっては混雑しいるときもあるので、事前にサークルに問い合わせてみましょう。

ロストバージン捧げるのにふさわしくない男3選

初めての経験は年齢やきっかけ、相手がどんなタイプの男性かなど人それぞれのパターンがあります。
遠い過去の出来事という人もいれば、つい最近、またはまだこれからという人もいることと思います。

ここからは、ロストバージン捧げるのには、ちょっとふさわしくない男のタイプについてご紹介していきます。
このような男性が相手だった場合は、ロストバージン前に一度、相手に関して、考えておいてほうが良いでしょう。

チャラ男

相手がチャラ男であれば、必ずといっていいほど後悔してしまうことになっていきます。恋愛感情が高くなればなっている女性ほど深く傷ついてしまいます。
女性になれなれしくしたり、やたらボデイタッチしてくるような男性は要注意です。軽々しく相手にしないことをおすすめします。

童貞くん

初体験の年齢が若い時だとお互いに初体験同志ということもあるかもしれません。お互いが相手にとって自分が初めての相手というのはロマンチックなことと言えますが、初めてがゆえの失敗も多々あるはず。行為がスムーズに行かず気持ちが冷めてしまっては最悪です。できれば童貞くんとは初体験の相手に選ばないことをおすすめします。

AV大好き男

AVが大好きな男性はプロのテクニックを知っているので、相手の女性に対してプロ並みの過激なセックスを求めがちですが実はとても危険です。
バージンの女性が、初体験の相手にいきなり過激なプレイを求められても戸惑うばかりで快感に浸ることはできなくなってしまうからです。

いきなりAVのような接し方をするような男性には注意する必要があります。
また、AVをよく見るという女性も、AVのような過激なシチュエーションを求めるがあまり、初体験らしかぬ行為で痛みすら出てしまう場合があるので注意が必要です。

まとめ

近年では若年層の女性の処女人口が増えていて、その一方で早くロストバージンしたいと考えている女性も多いです。

しかし、焦りすぎると犯罪に巻き込まれたりトラブルに巻き込まれることもあるため、じっくりと自分を見つめながら、最良の方法でロストバージンをすることをお勧めします。

そのためには次のような方法を活用してみてください。

  • 指で膣を触って感覚を覚える
  • ビデオや動画で性的興奮を高める
  • オナニーで訓練する
  • クリトリスを開発しておく
  • 膣の開発
  • 最初は痛いと覚悟しておく
  • フェラも大切
  • 膣トレを行う
  • 経験を積む
  • セックスサークルの活用

セックスをすると女性はエストロゲンというホルモンが分泌され、美容に良いほか、ダイエットなどにも効果があるといわれています。
処女を卒業し、セックスを楽しめるようになった時、初めて大人の女性へと変化することができます。

当ページを読まれている方は以下の記事にも興味をよせ、併せて読まれています。こちらも併せて参考にしてみて下さい。

\ SNSでシェアしよう! /

美人プレスの注目記事を受け取ろう

lostvirgin-eyecatch

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美人プレスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらもおすすめ

  • マン屁がでちゃった時の対処法5選とマン屁のスマートな対応

  • 床上手な女になるために必要な20の秘訣

  • 中イキを身に付けて何回も女性オーガズムを味わう15のコツ

  • 中イキしやすくなるために必要なセックスの正しい10のやり方

  • 金玉のマッサージで勃起力を上げる5つの方法

  • 現代女性の欲求不満解消の女性用風俗「リップス」を取材してみました!