1. TOP
  2. ちょいエロ
  3. 中イキを身に付けて何回も女性オーガズムを味わう15のコツ

中イキを身に付けて何回も女性オーガズムを味わう15のコツ

nakaiki-10houhou-eyecatch

彼とのセックスではお互いに快楽を感じて濃密なときを共有したいと、女性は誰でもそう思うものです。
そう思うからこそ、女性のセックスの悩みはつきものといえます。

実は、多くの女性が中イキでオーガズムを感じたいと思っているのですが、思うようになかなかいかず、何でだろうと悩む女性も少なくないようです。
例えば以下のような疑問や悩みに心当たりありませんか?

中イキってそもそも何?

どうしたら中イキすることができるの?

オーガズムに美容効果があるって本当?

男性は中イキできる女性のほうが良いって本当?

オーガズムを感じるというのは要するに女性の「イク」という感覚であり、女性なら誰でも経験できるものなのです。
そして、中イキができるようになるためには、ちょっとしたコツをつかむことで、セックスでもオナニーでも中イキ出来るようになります。

そこで当ページでは「イク」という感覚で中イキができるようになる簡単にできる女性オーガズムの方法15選を紹介します。
特に中イキを経験してみたいと願う女性の方は参考にしてみてください。

「イク!」の原理

そもそも女性がオーガズムを感じるとはどういう状態のことなのでしょうか。

オーガズムを感じると、脳内から快楽物質であるドーパミンとオキシトシンが分泌されるようになります。
そうすると次第に開放的な気分になり心も身体もリラックスしたふわふわしたような状態になるのです。

オーガズムは身体に対する刺激だけでは感じることは出来ません。
ただセックスをする行為だけではオーガズムを感じることは出来ないのです。

身体だけではなく心も伴わなうことで起こりますし、ましてや相手との相性の良いと「イク」とう感覚がもてるのです。
オーガズムを感じることによって、身も心も幸福感を味わうことができ、相手に対する愛情も深まってくるのです。

そして、そんな女性のオーガズムには2つのタイプがあります。
それぞれ、どのようなタイプなのかを紹介します。

クリイキのタイプ

陰核と呼ばれるいわゆる「クリトリス」を刺激させてイクことをクリイキといいます。
クリイキはセックスだけでなく、オナニーをする時にクリトリスに刺激を感じてイケることもあり、実は女性の約7割がクリイキを体験しているそうです。

男性はペニスに刺激を与えると快感を覚えるのですが、女性はクリトリスが同じように快感が走る部分といえます。
オナニーで自分の指で刺激を与えたり、シャワーで刺激を与えるとそれだけでいけるという女性も多いようです。
ただし、クリイキはクリトリスとその周辺の刺激だけに限られる快感で、浅く短く終わってしまいます。

中イキのタイプ

膣で快感が走ることを中イキといいます。
セックスでの挿入時に膣に刺激を感じてイクという感覚が走るのですが、実際約3割ほどの女性しか中イキを体験していないといわれています。

膣内にはボルチオと、Gスポットという性感帯があります。この性感帯は訓練をしていかないと感じることが出来ません。
ですからクリイキと比べるといける人とそうでない人との差が激しく、中イキを知らないと本当に深いオーがニズムを知ることが出来ないといわれています。

中イキはクリイキと比べると深い快感が体中に広がっていくので、持続性があります。
さらに、深く掘り下げていくと何度もオーガニズムを味わうことが出来るようになります。

中イキの快感の始まり

膣内部の刺激によって絶頂に達する「中イキ」…。ポルチオという名前は聞いたことがない人が多いです。
中イキの際にもっとも感度が良くなり、中イキ達成に導いてくれる中イキスポットがポルチオというスポットです。

ポルチオは女性の膣の一番奥の支給校に近い部分にあります。オナニーで指を入れてもなかなか届きにくい部分なので、ポルチオを刺激するオナニーができる人は数少な意図されています。
奥のおへそ側にある、子宮口の周辺にあるコリッとした突起がポルチオです。

実際、セックスの際にもオナニーの際にも、クリトリスの刺激だけで十分満足できる人も多く、Gスポットやポルチオを刺激されるのは苦手という人も多いです。
特に女性に対して優しさのない男性がGスポットやポルチオを刺激した場合、気持ちが良いというよりも痛いという気持が先に立ってしまい、恐怖心が先に立ってしまうこともあります。

女性の膣の開発や、女性経験のある慣れた男性から、優しく刺激されればクリトリスの刺激より数倍気持ちいい部分です。

開発される事で、頭が真っ白になって体の深い部分で感じることができるようになってきます。それがいわゆる中イキであり、中イキの快感の始まりでもあります。

中イキするために必要な15のコツ

クリイキと比べると、中イキは少し難しく、自分自身で努力して開花しなければ経験することが出来ません。
クリイキは簡単ですが、中イキは簡単に体験できるとはいえないのです。

何が難しいのかというと、本当のオーガズムというのはこういうものであるということを頭に焼き付けなければならないことです。
相手の男性が経験豊富で、テクニックも持っているのであれば、オーガズムを感じることができるかもしれませんが、男性も女性も両方が経験が浅ければ、少し難しいようです。

そんなカップルにはセックスの時にイッタかイカなかったかお互いに確認しながら、オーガズムを感じるための努力をしてみる必要があります。
ここからは女性が中イキするために必要な15のコツについて具体的に紹介していきます。

まずはクリトリスで気持ちよくなる

セックスするときでも、オナニーするときでも、いきなり激しくしてしまったら快感を楽しむ前に終わってしまいます。
そこで、まずはクリトリスで気持ちよくなっっておくと、膣周辺に血流が集まり、膣内の感度が高まります。始めは穏やかに、徐々に激しくされることで膣の濡れ具合いや自身の興奮度もあがり中イキに近づきやすくなります。

初めての感覚を受け入れる

今までと何となく違った気持ちになると、女性は怖くなってせっかく絶頂まで行きかけていてもストップしてしまう人も多いです。
セックスの絶頂は味わった人でなければわからないような感覚なので怖いですが、そこを乗り越えなければいつまでたっても絶頂を感じることはできません。

オナニーやセックスの時、いつもと違う感覚を感じたら、おしりや膣周辺、下半身に力を入れてその感覚に耐えてみましょう。
あとは脳内を興奮させればオナニーでも中イキを感じることができるようになります。

焦ってイクことのないようにする

オーガズムは中イキで体験できる。だからといって今日努力すればできるというものではないことを心がけておきましょう。
焦ったところで簡単にオーガズムに達することは出来ません。相手との相性もありますし、セックスの経験にもよるものだからです。

オーガズムに達することが出来なかったからといって、落ち込んだり、自分や相手を責めたりすることは禁物です。
セックスの上手い下手ではなく、性感帯の開発がまだ途中だから経験を積んでいくことで体験できるものであることを心がけておきましょう。

Gスポットを開発することで感覚をつかむ

Gスポットを刺激することでオーガズムに達しやすくなります。
Gスポットにはたくさんの神経が集中しているので、刺激を敏感に受けやすいのです。

ですが、Gスポットは人によって場所が違っていますので、Gスポットがどこにあるのがは自分自身で探すしかありません。

オナニーをして、自分自身のGスポットがどこあるのかをセックスの前に調べておくとよいでしょう。
自分でGスポットを開発することで感覚をつかむ事ができ、脳に刻みこんでいるので、セックスする時にうまくイクことが出来るのです。

イク方法を好きな人にもわかってもらう

自分がイクことが出来る方法を相手に知ってもらうことで、自分も相手もオーガズムに達しやすくなりますが、女性から自分の身体の感じやすいところを伝えるのはなかなか難しいことだと思います。恥ずかしいという気持ちが先に出てしまいやすくなり、伝えたところで相手は自分のことを変態、淫乱などと思ってしまうのではないかと、嫌われるのを恐れてしまうからです。また、女性はセックスに対する羞恥心がとても強いので、簡単に口にすることはとても出来ない傾向にあります。

相手に言えないから我慢したり、相手を傷つかせないようにわざとイッたふりをしてしまうだけでは本当のオーガズムに達することができませんし、本当にイクことが出来ない身体になってしまいます。また、女性がイクふりをすることによって、男性はそれで満足してしまい、女性を喜ばせようとする努力をしなくなってしまいます。

セックスでお互いがオーガニズムに達することが出来るように、自分のイキやすい体位や、自分のGスポットがどこで、どこを刺激してもらえばイクことができるのか、恥ずかしがらずに相手に正直に伝えたほうがいいでしょう。そうすることが互いに相手がイクことに喜びを感じるのです。

性的興奮を高めるネタを用意する

女性の場合はいくらセックスやオナニーの時集中しても中イキすることは中イキできません。
なぜなら、オーガズムに達するためには脳の興奮も大切だからです。
そこでオナニーなどで開発するとき、アダルトビデオや彼とのセックスの妄想など、思い切り脳を興奮させるものを用意しておきます。

実はオナニーやセックスの時に、Gスポットやポルチオを開発していても何も感じないという人も多いですが、こういった女性たちにアダルトビデオなどを見せて脳の興奮を高めることで感じるようになることもあります。

セックスに集中する

セックスに集中できないとイキやすくなりません。オナニーの時はひとりで集中できるのでイキやすいのですが、セックスの時は相手が自分をどう思っているのか気になると、集中出来なくなります。「むだ毛処理が万全じゃなかったかな」とか、「汗かいたけど匂いが気にならないかな」とか気にしすぎると気分も乗らなくなってしまいます。

どんな状況でも相手の自分に対する愛情を信じて、開放的な気分でセックスに集中するようにしましょう。

中イキしやすくなるセックスの方法、仕方に関しては以下の記事で詳しく解説しています。こちらも併せて参考にしてみて下さい。

体位は騎乗位がおすすめ

Gスポットやポルチオを意識的に刺激するなら、受け身の正常位より攻めの騎乗位がおすすめです。
騎乗位は自分の体勢や角度を変えることによって、膣内の気持ち良い部分を確認することができます。

気持ちよくなる部分が見つかったら、徐々にセックスやオナニーで刺激して開発していくと、中イキでオーガズムに達することができます。
気持がよくなる部分を探しているあなたの姿を見て、男性も性的興奮を高めることができます。

自分がどうされると気持ちよく感じるのかを騎乗位で確認し、セックスやオナニーで開発することでより快感を高めることができます。

膣トレーニングをする

尿漏れ対策として考案された「ゲーゲル体操」という運動がありますが、実はこの体操をした多くの女性から、セックスがイキやすくなったという報告が寄せられるようになり、膣トレの代表的な運動とも言われるようになりました。

「ゲーゲル体操」のやり方ですが、とっても簡単です。
膣を5秒ほどきゅっと締めたり縮めたりするだけでいいのです。
トイレで尿を出す時に途中で2〜3秒くらい止めたり出したりを繰り返すことで、膣トレが出来ているかどうかを確かめることが出来ます。

他にも膣トレの方法はあります。
市販されている窒トレグッズでは窒に入れっぱなしにするボール型タイプや、挿入して落ちないように膣をきゅっと締めるバーベル型など、膣のしまりをよくするグッズはさまざまあります。挿入しながら感じることが出来ますので、効果を高めることが出来ます。

リラックスできる雰囲気で

セックスでイキやすくするには、集中できる場でないと上手くいきません。
やはりムードは大切ですし、リラックスしてムードを整えておかないと、オーガズムを感じることが出来ません。
部屋は暗くして、携帯の電源もOFFにしておくなど、リラックスできる場にしておけば集中できて、イクことが出来るのです。

女性専用性感エステに行ってみる

女性専用風俗や女性専用の性感エステというサービスがあるのをご存知でしょうか?

現在ではこのような産業も、男性に限らず、女性向けのものも出ているのです。そして、この手のサービスも多くの種類のものがあり、言葉が悪いですがいわゆる「ピンからキリ」まであります。
有料でもいい加減なサービスを提供するところもあれば、多少の応募制限があっても無料でクオリティーの高いサービスを受けられる女性専用性感エステもあります。

ちなみに、中イキに特化した女性専用性感エステで信頼、実績共に、国内で今もっとも人気なのがこちら→女性専用性感エステ「リップス」です。
リップス代表さんが30代の若いイケメンであるという事も評判高いですが、それ以上に人気の秘密となっているのが元セックスサークルの代表であり、これまで300人以上の女性を中イキに導いているというAV男優顔負けの経験があるという事です。

しかも、リップスは35歳未満の女性であれば無料で利用することができます。そのため、学生などの若い世代の女性からの支持率が高く、関東近郊を拠点にしているにも関わらず、全国からの利用者が多いのが現状です。興味のある方は上記のリップス公式ホームページから一度、確認してみてはいかがでしょう。

オナニーを禁止する

オナニーばかりしていると、自分のいいところだけ刺激して、それだけで満足してしまうので、自分の性感帯を開発できなくなります。
セックスに対する意欲がなくなってしまいがちになります。そうなると、彼氏とのセックスを求めなくなってしまい、セックスをしてもあまり感じなくなくなります。

オナニーは出来るだけ控えるようにして、彼とのセックスをするまで性欲を高めていきましょう。
そうすることで性感帯の感度を球けることが出来ます。

経験を重ねる

女性の性感帯は簡単に開発できるものではありません。最初は痛い思いをしたり、全く気持ちよくないと感じることも多いものです。
それでもあきらめずにGスポットやポルチオを開発し続けることで、徐々に快感を覚えていきます

女性の体は若いうちは経験も少なければ開発も進んでいないため、なかなか中イキはできません。
しかし、30代~40代になり、出産や妊娠という経験を積むようになると、セックスがだんだん気持ちいいものと感じてくるようになるのです。

セックスの経験をかさねることもまた、中イキするために必要なことといえます。

大きな喘ぎ声を出す

周りに聞こえたり、彼氏の前であまり大きな声をだすのは恥ずかしいからと、声を出すのを我慢する女性も多いようです。
ですが、声を出すことを我慢しようとすることでセックスに集中出来なくなり、リラックス出来なくなります。

男性は女性のあえぎ声を聞くと興奮しやすくなりますし、女性も男性が興奮することに刺激を受けます。
セックスは体中で感じるものです。視覚や聴覚、嗅覚が脳に刺激を与えて興奮していけるのです。

冷え性改善に心がける

オーガズムに達しやすくするには体の冷えは逆効果です。特に子宮が冷えることで性感が鈍くなってしまいます。
血流を良くするためには体の芯部の温度や手足の末端温度を上げると良いでしょう。そうすることでクリトリスや膣内の充血も起こりやすくなります。

男性も相手の女性の体が冷たいと気分が高まりません。セックスの時の体のほてりが汗腺などからフェロモンを発散させ、男性の興奮を呼ぶことになります。
反対に冷え性ですと体の発汗が少ないので、男性の気分が高まらないのです。

オナニーで中イキスポットを開発するコツ

膣の中に指を入れるのは怖いからと、クリトリスばかり刺激している女性たちにとって、自分のGスポットやポルチオがどこにあるのか、わからない女性も多いです。
Gスポットの探し方は、まず仰向けに横になったらローションで膣周辺を濡らし、膣の中に人差し指か中指を軽く曲げた状態で挿入します。

第2関節辺りまで指が入ったら、第一関節を曲げて、触れた部分がGスポットと呼ばれる部分です。
他の部分より若干ざらついた感触のある場所なので、ゆっくり触っていくとわかりやすいです。

Gスポットは性感帯として有名な部分のため、男性のみならず女性も刺激するだけで感じる場所と勘違いしている人も多いですが、膀胱に近い部分ということもあって最初は会館よりも尿意や痛みを感じることが多いです。ゆっくり開発することで感じるようになる部分なので、中イキしたければ開発を重ねるか、セックスの経験を積んでいくしかありません。

さらに、Gスポットの奥のおへそ側にあるスポットがポルチオです。こちらのほうが感じやすい女性が多いです。どちらも中イキスポットですので、時間をかけて開発する必要があります。

アダルトビデオやエロ動画の世界では、「手マン」「潮吹き」のシーンで、最初から激しく攻める男性も多いですが、開発されている女性なら感じることができます。
しかし、開発されていない女性にとってはとにかく痛いだけです。最初は優しく刺激し、慣れてくるにしたがって徐々に刺激を強くしていきます。

オナニーでGスポットを開発するとき、ゆびを入れるのに抵抗がある人には大人のおもちゃが有効です。
ローターやバイブを上手に使いGスポットを刺激することで、指で開発するより効率的に開発することができます。

中イキするためには、オナニーやセックスによる開発が不可欠です。
中イキしたいのであれば何をしても感じないとあきらめるのではなくゆっくり自分のGスポットやポルチオを開発してきましょう。

中イキから得られる5つの美容効果

女性にとって中イキは、クリイキよりも幸せな気分になれるオーガズムといえます。
実際に気分だけなのではなく、幸せホルモンがあふれ出るものだそうです。

女性ホルモンのエストロゲンが幸せホルモンの正体であり、美容効果も絶大だといわれています。
その効果はどんな高級エステサロンに通うよりも数倍効果があるそうです。

クリイキに比べて、より深く、長く快感を得られる「中イキ」が出来るようになると、女性ホルモンが盛んに分泌されることによってモテ期になるそうです。
そんな中イキが生み出すエストロゲンの具体的な美容効果を5つ紹介します。

美肌に効果

女性ホルモンはコラーゲンを生産するのですが、25歳を過ぎるとホルモンが減少しコラーゲンも少なくなり、シミやソバカス、肌荒れ、くすみ、シワが目立ちやすくなってしまいます。
セックスでオーガズムに達すると交感神経が優位に達することによって女性ホルモンが大量に分泌されるので、美肌効果が期待できるのです。

また、オーガズムを達することで、エンドルフィンという物質が体内に分泌されます。エンドルフィンはモルヒネの6.5倍の鎮痛作用があり「脳内麻薬」といわれるほどの幸福感をもたらせてくれて、精神的ストレスを解消する効果があります。
さらに、新陳代謝が活発になるので、お肌のターンオーバーが正常になり、若さを保つことが出来ます。

女の子らしく可愛くなる

女性ホルモンは女性をより女性らしくするホルモンです。
オーガズムに達すると女性ホルモンが大量に分泌されます。女性ホルモンによって女性らしいふっくらとした体型が保てるようになり、髪の毛の艶が出るようになります。

表情も自然に女性らしく柔らかになりますので、内面、外面ともより一層女性らしくなれるのです。
エストロゲンが多いとその影響で顔が愛らしくなります。

例えば、目が大きくなり、顔の左右が対象となり、肌がきれいになり、涙袋が大きくなるなど、男性好みのかわいらしいモテル顔になります。
生物学的にもこれらの条件は優秀な遺伝子と男性が感じるからだそうです。

異性からのモテ顔になる

オーガズムを感じることが出来ると、セックスに対する自信が持てるようになり、肉体的にも精神的にも充実できるようになります。
そうすると男性も女性も、知らず知らずのうちにモテるようになります。異性をひきつける魅力がオーラとなって現れてくるのでしょう。

フェロモンの分泌が活発化されることは生物学的にも証明されており、女性自身が意識しなくても性的な魅力に男性が惹きつけられていくようになります。
ルックスや服装といった見た目が変わったわけでもないのに、女性が放つフェロモンによって男性が近づいていくのです。

アンチエイジング

オキシトシンは女性特有のホルモンで、恋愛で異性への関心を強めるのでラブホルモンとも言われています。
このホルモンによって女性はより精神的に安定化するために、老化現象が進まなくなっていけるのです。

そして、DHEAは女性ホルモンのエストロゲンになる前のホルモンのことで、オーガズムによって大量にDHEAホルモンが分泌されます。
エストロゲンが増えると肌や髪の毛が生き生きしていくようになり、年齢よりもずっと若々しく見られるようになります。

セックスでオーガズムを感じると、DHEAといったホルモンが分泌されます。
ある調査によると、セックスをするごとにオーガズムを感じられる女性は、感じられない女性よりも10歳ほど若く見られるという結果が出たそうです。

若い世代のセックスは子孫を残すためになりますが、中高年のセックスは若さを保つための行為ともいえます。
男性も女性もセックスを楽しめる人は若さをずっと保っていけるということを科学的にも実証されているのです。

ダイエットの効果

セックスは意外とダイエット効果があるのです。
実はカロリーの消費量が多く、30分間の運動量としては約150kcalとなります。
30分間他のエクササイズと比べると、ヨガでは114kcal、ウォーキング、ウエイトトレーニングですと153kcalですので、セックスの運動量の多さがいかに多いかがわかります。

さらに、普段の脈拍数は毎分約70回だあるのに対し、オーガズムを感じると150回となんと2倍も上昇するのです。これによって基礎代謝率をアップして脂肪燃焼するのでダイエット効果が表れるのです。

また、セックスで感じる刺激によって、フェネチルアミンという物質が分泌されます。フェネチルアミンは性欲を高揚させる効果と同時に食欲を抑制する効果を発揮します。つまり、性欲を満たしながら食欲が抑えられる状態になるわけです。反対にセックスに不満を持つ女性は、食欲にその不満によるストレス発散のために走るため、太りやすくなる傾向があるようです。

セックスに関してのダイエット効果に関しては、以下の記事も併せて参考にしてみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

女性にとってのセックスに対する認識や奥深さを知っていただけましたでしょうか。
本当のオーガズムを知らない女性や彼の前ではイッたふりをしてしまう女性はセックスでの幸せをまだ味わえていないことになります。
女性としての自分を磨くためにも、オーガズムを感じられる体に改造することを努力すると良いでしょう。

ここまで当ページでは、以下の中イキの15の方法をまとめました。

  • まずはクリトリスで気持ちよくなる
  • 初めての感覚を受け入れる
  • 焦ってイクことのないようにする
  • Gスポットを開発することで感覚をつかむ
  • イク方法を好きな人にもわかってもらう
  • 性的興奮を高めるネタを用意する
  • セックスに集中する
  • 体位は騎乗位がおすすめ
  • 膣トレーニングをする
  • リラックスできる雰囲気で
  • 女性専用性感エステに行ってみる
  • オナニーを禁止する
  • 経験を重ねる
  • 大きな喘ぎ声を出す
  • 冷え性改善に心がける

さらに、以下の中イキによる美容効果もご紹介してきました。

  • 美肌に効果
  • アンチエイジング効果に期待できる
  • モテて自信がもてるようになる
  • 顔つきが可愛らしく見られるようになる
  • ダイエットの効果

女性はセックスで精神的にも肉体的にも大きく左右されながらオーガズムを達することが出来ます。
オーガズムへの近道は、相手の男性に身も心も預けるくらい信頼し、素直に自分をさらけ出すことからはじまるといえます。

当ページを読まれている方は以下の記事にも興味をよせ、併せて読まれています。こちらも併せて参考にしてみて下さい。

\ SNSでシェアしよう! /

美人プレスの注目記事を受け取ろう

nakaiki-10houhou-eyecatch

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美人プレスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらもおすすめ

  • 床上手な女になるために必要な20の秘訣

  • 彼氏のセックスが下手過ぎる時の5つの対応方法

  • 金玉のマッサージで勃起力を上げる5つの方法

  • マン屁がでちゃった時の対処法5選とマン屁のスマートな対応

  • 賢者タイムにおいて男性が喜ぶ過ごし方10選

  • 中イキしやすくなるために必要なセックスの正しい10のやり方