1. TOP
  2. 健康
  3. 青クマの治し方10選

青クマの治し方10選

aokumanaosu-eyecatchjpg

目の周りのクマに悩んでおられる方は少なくありません。
クマができていると元気がなく思われますし、疲れているのと周りに聞かれることも多いでしょう。

大事な仕事の前やデートの時にはとくにかくしたいものです。
原因としては徹夜で仕事を行ったときや、寝不足、疲れがとれないなどの理由を挙げることができるかもしれません。

ですが、メイクで上手に隠すことも難しいので、クマを改善したい時には根本的な原因から取り除かなければなりません。
特に目の下に出来やすい青クマの対処法、改善法についてこのような疑問を持っておられる方は少なくないことでしょう。

クマができてしまう理由。

クマをすぐに消す改善法。

青クマ隠しに効果的な人気コスメとは?

女性の顔に青クマがあるだけで5歳老けて見えると言われています。
いつまでも若く美しく見られたいと思うのが全ての女性の願いですが、青クマひとつで様々な美容の努力も水が泡になってしまいます。

ですから、なるべく青クマを作らないこと、またできてしまったとしてもすぐに改善する方法を知っていれば、青クマに悩まされることもされることも少なくなるでしょう。

そkどえ、当ページでは青クマの治し方10選について具体的にご紹介していきたいと思います。
日常的に青クマができて悩んでおられる方、 改善方法を知りたい方はぜひ参考にしてみて下さい。

青クマができる原因

目の下にできてしまうクマにはいくつか種類があります。代表的なものとして見られるのが今回ご紹介している青クマ、黒クマ、茶クマです。

それぞれのクマは原因が違い、それによって根本的な改善方法や隠し方も変わってくるので、 自分が悩んでいるクマがどの種類に当たるのかまずは見極めるのが必要になってくるでしょう。

今回ご紹介している青クマは、血管がうっ血している状態になったときに現れてくるもので、原因は様々ありますが特に生活環境の乱れが大きく関係しているようです。

寝不足によって体内の血行が悪かったり、生活習慣が大きく乱れたことによるホルモンバランスの乱れやバランスのとれた食事をとっていないことから来る体の冷えなどが原因になる場合があります。
特に女性に多い青クマですが、生活スタイルによっては男性でも見られることがあります。

また年齢層の高い人によく見られる黒クマ。この黒クマは年齢を重ねたことにより目の下に畳ができることが原因で現れるクマです。
目の下の皮膚のたるみが影を作り、それによって黒クマができます。

年を取ると皮膚がたるんでくるのは仕方のないことですが、目の周りのケアを怠っていると、年齢を重ねるとともに黒クマがひどくなってしまう可能性があります。

そして、肌の状態やスキンケアの有無が如実に現れる茶クマ。特に女性は毎日化粧をするので肌に大きな負担をかけがちです。

目の下の薄い皮膚に摩擦を加えるような刺激を毎日与えていると、肌がダメージを受けてくすみやシミといった色素沈着が起きてしまう場合があります。

また、日頃から紫外線ケアを行っていないとシミができてしまい、それによって茶クマが現れてくることもあるので、日頃のスキンケアをしているかしていないかが大きく現れるのが茶クマです。

一言でクマと言ってもいくつか種類がありますので、自分にできているクマがどんなものなのか確かめおくならば、適切な対策方法を知ることができるでしょう。原因によっては解決できるものもあるので、原因を探ることも大切なことです。

青クマの治し方10選

現代社会は、パソコンやスマートフォンなどの目を酷使する生活スタイルが日常化しているので、目が疲れたり、目の病気になってしまったり、クマに悩まされるという人も少なくありません。

男性であっても女性であってもこれは同じことですが、目を酷使することなどからくる血行不良が原因となっている場合が少なくありません。

目の周りの血行良くするためには、マッサージを行ったり、日常生活で細かな点を心がけるなどの日常的な改善が必要となってきます。
少しの工夫と意識だけで青クマを改善することは可能ですから、是非ここでご紹介する方法を試してみてください。

ではここから、青クマの治し方10選を具体的にご紹介していきたいと思います。

定期的な運動を心がける

日頃からあまり動かない人は、血流が悪いという可能性があります。
血流が滞ってしまうと体に様々な悪影響が生じますし、体は体内の血を循環させるためにかなりの体力を使います。

ですから、なるべく血行促進を促すためにも定期的な運動を心がけてみましょう。
特に勧められているのは有酸素運動などの手短にトライできる運動を取り入れることです。

ウォーキングなどが良いと言われていますが、通勤を車から徒歩に変えてみたり、いつもは車で買い物に行くところを歩いて行ってみるなど生活の中でどこかの部分を運動の時間に当てられないか考えてみることができるでしょう。

血流促進を意識する

身体全体の血行が悪いと目の周りの血管の血流も悪いということになってしまいます。
そのため日常的に青クマが治らないという可能性もあるので、血流促進を意識した生活を心がけるようにしましょう。

血液の流れを良くするためには、運動したり、食事に気を使ったり、マッサージやエクササイズをするなどの工夫が求められます。
しっかりと取り組んでみましょう。下にのせられている動画も血流促進に役立つ解説を行なっているのでぜひ参考にしてみてください。

むくみ取りのリンパマッサージ

青クマの主な原因は血液の流れが悪いこととご紹介しましたが、これは悪循環を及ぼします。
血液の流れが悪いと体がむくんだり、顔がむくんでしまいます。

顔や体がむくむと毛細血管が圧迫されて、また血流が悪くなってしまうという悪循環が起こります。
ですからむくみを取るようなリンパマッサージを行うことによって、血流の流れをよくして、青クマを一緒に取り除くことができます。

リンパマッサージを行うことは他にも様々なメリットを及ぼしますから、特に女性は意識して行なってみると良いでしょう。

青クマに効果的なマッサージ

青クマを効果的に治すためには、目元に集中してマッサージを行うことが効果的です。
目の周りの皮膚はとても薄くデリケートなので、そのままはマッサージしてこすってしまうとかなりダメージを与えてしまいます。

ですからあまり強く力を入れすぎないことと、何かジェルやクリームなどを使って滑らせるようにしてマッサージするのがコツです。
目の周りを適度に刺激すると血行が良くなるのでクマができにくい目元になります。

カシスを摂取する

カシスが目に良いというのはとても有名な話です。ブルーベリーも血流促進を促し目に良いと言われていますが、 カシスに含まれているポリフェノール、アントシアニンにはブルーベリー以上の効果が見込めるようです。

研究結果の中には、カシスポリフェノールを摂取すると目の下の色素沈着が90分後には約5%改善されるというデータも報告されており、即効性があり、 なおかつ効果が期待できる食材とされています。

もちろん生で食べる事も出来ますし、ドライフルーツになっているものやジュースなどの加工食品から摂取することも可能です。

ストレスフリーを目指す

この忙しい社会の中で生活していると、 ストレスを全く感じないという人は一人もいないことでしょう。
ですが過度にストレスをたくさん感じることは体調を崩してしまう原因になります。

過度のストレスは自律神経を乱してしまい、体の中のバランスを上手に管理している自律神経が乱れてしまうと、体温のコントロールや血流の流れに不調が生じてしまいます。

そうなると他の大きな病気を引き起こす引き金ともなりますから、ストレスを必要以上に溜め過ぎないようにしてするのは大切なことです。自分なりの発散方法を見つけておくようにしましょう。

クマ予防ストレッチ

毎日コツコツと行うストレッチは、青クマ防止、改善に効果的です。
目の周りにある眼輪筋(がんりんきん)という表情筋を鍛えるとよいようです。

この筋肉が弱ると目の下がたるみ、クマが出来たり黒く色素沈着したりするので、日常的なケアが必要でしょう。
ストレッチの方法としては、このような順番で行ってみましょう。

  1. 目を固くつぶり、その状態を5秒間キープ。
  2. 目を思いきり大きく見開き、5秒間キープ。

この繰り返しを5回1セットとして、毎日行うと効果的です。
いつでもできますから、仕事の合間、通勤中、ご飯を食べながら、テレビを見ながらなど意識して行いましょう。

ブルーライトを浴びすぎない

毎日、パソコンやスマホから浴びているブルーライトは、目に良い影響を与えません。
もちろん仕事や事情ゆえに 全くパソコンやスマホから離れているということはできないかもしれませんが、なるべくブルーライトが目に与える悪影響を削減しなければなりません。

ブルーライトをカットするような眼鏡や画面に貼るようなフィルム、フィルターなども売られていますから活用してみると良いかもしれません。
ブルーライトを浴びたからといって急にクマができるというわけではありませんが、寝る前にスマホやパソコンで動画を見たり、何か作業を行うことによって寝不足になってしまい、結果として次の日に目の下にクマができていると言う方も少なくないことでしょう。

特に就寝前にブルーライトを浴びると、寝つきが悪くなると言う研究結果も出ていますし、経験されていることも多いことと思いますから特に就寝前はパソコンやスマホを見続けないようにしましょう。

睡眠時間を確保する

睡眠時間が少なくて体が十分に休めず、次の日目の下にクマができているというのは当然のことです。
目の下に青クマができている人を見ると、疲れてる?とか寝不足なの?と聞きたくなるのではないでしょうか。

慢性的に青クマに悩まされていない人でも、睡眠時間が非常に少なかったり十分に確保できなかったりすると、目の下にクマができてしまうこともあります。
ですから日常的に平均して同じぐらいの睡眠時間を確保できるように意識しましょう。

ツボ押しをを試してみる

青クマの改善や予防に効果的なツボを刺激してみることも良い方法です。
ツボはいくつかありますが、代表的なものをご紹介したいと思います。

あまり強く押しすぎたり、長い時間押したりすると逆にダメージを与えたり、刺激を与えすぎたりして炎症してしまう場合もあるので、5秒ぐらいの長さで強く押しすぎない程度の力加減を意識しましょう。

太陽(たいよう)

ツボの位置としては、左右の目尻の少し外側、こめかみあたりの骨がくぼんでへこんでいる部分です。

両手の中指の腹部分で左右それぞれのツボを強すぎない力で押してみましょう。

晴明(せいめい)

このツボの位置は鼻の根元と目頭の間のくぼんだ所にあります。
無意識にもよく触っているツボですが、目が疲れたときや見えにくい時に出てぎゅっと押さえるように触っているツボです。

片手の親指と人差し指でつまむようにして押しても良いですし、両手の人差し指で挟んでおしてみても良いでしょう。

青クマに効果的な5つの人気コスメ

青クマ特に悩まされやすい女性は、改善に効果的なコスメを試してみることをお勧めします。
もちろん運動を行ったり、 毎日の目元のマッサージも欠かせないものですが、それと並行して青クマ対策をしたいという人に人気のコスメです。

値段もピンからキリまでありますが、 お得なプライスで日常的に使えるものと少しリッチなコスメを使い分けてみるのも良いでしょう。
ではここから、青クマに効果的な5つの人気コスメをご紹介していきたいと思います。

セザンヌ  モイスチュア リッチ エッセンスアイクリーム

出典:@コスメ

自然酵母のスキンケアとして人気のあるこのクリーム。
酵母が2倍になったことから、エイジングケアの効果をより高く実感できるようになりました。

このクリームをスキンケア用品として使うと、若い人でもある程度年齢を重ねた人でも目元のハリを実感することができ、かなり即効性があると話題です。
ベタベタしていないクリームなので、デリケートな目元がベトベトするようなこともなく、すっきりとした使い心地です。

何よりもお得な値段設定なので、実用性、効果性を試してみたいという人にとってもトライしやすいお値段と言えるでしょう。
お気に入りになれば長期間使い続けていくこともできるエイジングケアクリームです。

参考価格:900円

アルガンドール・コスメティック  アルガンオイル

出典:@コスメ

アルガンオイルが肌に良いというのは多くの女性が知っているかもしれません。
モロッコで採取されることが多いアルガンオイル。

このコスメもモロッコで採油された手絞りの高品質アルガンオイルを用いて作り上げられたものです。
とても貴重なオイルなので、価格設定は決して安いとは言えない金額かもしれませんが、その効果に換算するとそんなに高いものではないかもしれません。

アルガンオイルには、肌に良いとされているオリーブオイルの2、3倍以上ものビタミンEが含まれているので、オリーブオイルを使うよりもより高い効果を期待することができます。
ビタミンEは抗酸化作用があり、老化の要因であるフリーラジカルに影響を及ぼしアンチエイジングに効果的です。

乾燥しがちで、たるんでしまいがちな目元周りをふっくらさせることに成功し、たるみを防ぐことによって青クマも予防改善することができます。
若い人のような張りのある目元に導いてくれるアルガンオイルです。

参考価格:2,800円

プラセホワイター 薬用美白アイクリーム

出典:@コスメ

美白とエイジングケアの両方に働きかける国産プラセンタ特濃配合のアイクリームです。

スキンケア何を一番の目的とも言える美白ですが、薬用美白成分プラセンタが肌の奥まで浸透し、メラニンの生成を抑え、シミやくすみのない透明感あふれる肌を作り出すことに貢献します。
それに加えてコラーゲン、ハトムギエキスなどの成分も含まれていますから、それらの成分が青クマにしっかりとアプローチし、目元のハリを蘇らせます。

価格も気軽に手を出せる金額ですし、効果もかなり実証されているアイクリームなので、長期間使うことが可能です。
継続して使い続けていくと目の下のクマが目立ちにくくなり、改善されていくのを実感できると言う何とも嬉しい薬用美白アイクリームです。

参考価格:1,100円

B.A ザ アイクリーム

出典:@コスメ

ちょっとリッチなクリームなのですが、浸透力がとても強いので、 目元にできてしまった青クマに直接働きかける効果を期待できます。
とても伸びの良いクリームで、重みがあり肌になじみやすいのが特徴です。

保湿効果もとても高いので、 目元や目尻の乾燥を防ぎ目の下にたるみやシワができるのを防ぎます。
また弾力膜を作る作用もあるので、様々なタイプのクマを防ぐのに効果的なクリームと言えるでしょう。

日常的に使うのは少し難しい金額かもしれませんが、特別な時に利用したいコスメです。

参考価格:21,000円

キュレル アイゾーン美容液

出典:@コスメ

美容液としてはとても手頃な値段で手に入れることができるキュレルのアイゾーン美容液。
潤浸保湿セラミド機能成分・ユーカリエキスと植物由来のモイスリフト成分が配合されており、高い保湿効果を期待できます。

低刺激なものなので肌が敏感な方でも安心して使うことができるでしょう。
アイケアのコスメとしては珍しいジェル状の美容液で、肌につけた感じの伸びもよく塗りやすいコスメ用品です。

女性には嬉しい点としてメイクの上からも使うことができるので、乾燥が気になったり、クマが気になったりした時に化粧落とさずともすぐにそのまま使うことができます。

参考価格:2,500円

まとめ

いかがでしたか。

老けて見られる原因になりかねない青クマ。
顔の印象暗くしてしまいますし、面接などの大事なシーンでも悪い印象を与えかねません 。

消したいと思ってもなかなか消せるものではありませんし、コンシーラーやファンデーションで隠すのも一時的なものなので根本的な解決にはならないかもしれません。

自分にできているクマがどんな理由でできているのか、 どんな種類のクマなのかをよく理解しておくならば改善方法、予防方法も自ずと分かってくることでしょう。

ここまでで、青クマの治し方10選をこのようにご紹介してきました。

  • 定期的な運動を心がける
  • 血流促進を意識する
  • むくみ取りのリンパマッサージ
  • 青クマに効果的なマッサージ
  • カシスを摂取する
  • ストレスフリーを目指す
  • クマ予防ストレッチ
  • ブルーライトを浴びすぎない
  • 睡眠時間を確保する
  • ツボ押しを試してみる

これらの方法をすべて試してみることは難しいかもしれませんが、一つか二つだけでも並行しながら行うようにしてみましょう。

マッサージやストレッチなどは難しいものではないので何かを行いながらすることができますし、ストレスをためないことや睡眠時間を確保することは身体全体の調子を整える上でも必要不可欠なことです。

体の内側から健康にしておくことは、青クマを改善するのにも効果的です。

これらの方法を試してみてもどうしても青クマが改善されないとか、ひどくなっている、青クマの範囲が広がってきたなどの兆候が見られるのであれば、一度医師の診断を受けた方が良いかもしれません。
何か大きな病気のサインになっている場合もあるので、そのサインに気づいているのであれば早めに対処するようにしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

美人プレスの注目記事を受け取ろう

aokumanaosu-eyecatchjpg

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美人プレスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらもおすすめ

  • 胸焼けを治す方法15選

  • しゃっくり止まらない方必見!しゃっくりを簡単に止める方法10選

  • 口腔乾燥症の治療に効果的な10の方法

  • 【トイレが近い人必見】頻尿対策に効果的な10の方法

  • 界面活性剤配合のシャンプーで経皮毒から防ぐ7つの方法

  • 朝起きられない方必見!絶対に起きられる目覚まし時計10選