1. TOP
  2. 健康
  3. アトピー肌を完治させる方法10選

アトピー肌を完治させる方法10選

atopiikanti-eyecatch

アトピー性皮膚炎になると、なかなか治らないだけでなく、治療にステロイドなどを用いることで副作用などが気になって治療を受けるのも抵抗があります。
治療を始めてもなかなか治るまで時間がかかるので、見ている側もつらくなってしまいます。

アトピー性皮膚炎は肌の皮脂量が低下し、角質層の水分を守ることが出来ないために肌のバリア機能が衰えてしまうことによって、外部からの刺激に敏感な反応をしてしまうことから起きる場合と、遺伝によってアトピー性皮膚炎を引き起こしやすい体質が遺伝してしまうこともあります。

遺伝が関係することもあって、親にしてみれば自分を責めてしまうこともありますが、アトピー肌は薬に頼らなくても日常生活を見直すことで、軽減させることもできるのです。

ここでは辛いアトピー肌を感知するための方法について紹介していきます。
子供のアトピーに限らず、長い間アトピーで悩んでいる成人男女の方にも、効果的ですので是非、参考にしてみてください。

アトピーになる原因

アトピー肌は特に乳幼児に多い皮膚の炎症です。体中に強いかゆみを伴う湿疹などができ、かきむしることで炎症が広がっていきます。
子供のうちのアトピーは大人になれば落ち着くことも多いのですが、成人になってから発症するアトピーの場合は、子供のアトピーとは違って更に治りにくいのが特徴です。

アトピーの原因には、アトピー肌体質の遺伝や、食べ物、ハウスダストやダニなどの家庭内環境などが単独、または複雑に絡み合うことで発症します。
乳幼児期は消化器官の未発達による食べ物によるアレルギーや、ハウスダストなどの社会的環境などが原因で起こることが多いです。

大人になってからかかるアトピーは肌のバリア機能が何らかの原因で崩れ、ダメージを受けることで起こりやすいと考えられています。
また、仕事のストレスや人間関係のストレス、心身的な疲労などが重なることでアトピーが悪化することもあります。このような場合にはこのストレスや疲労を和らげるだけでアトピーも和らいでいくこともあります。

見ているだけでも辛いアトピー性皮膚炎ですが、かかっている人はもっとつらい思いをしています。
原因をしっかり把握し、原因を減らしていくことでアトピーが完治していくのです。

アトピー肌を完治させる方法10選

アトピー肌と言っても、その人の体質やアトピーになっている原因、症状の程度は様々です。
そこでまずは自分のアトピーの状態を把握しておきましょう。

湿疹などが出ている範囲が広くても炎症自体が比較的軽く、体調やストレスなどを整えることですぐ改善するような場合は軽度です。

中等度になると、肌に炎症は起きてはいないものの、皮膚が硬くなった状態が見られます。
かゆみが強くなり、痒くて眠れなくなったり、かきむしって症状を悪化させてしまうことが多くなります。

重度になると赤くただれたり炎症を引き起こし、その大きさが皮膚全体の10%~30%を占めた状態です。
見るからにひどくなり、人に見られるのが嫌で外出を嫌がる人も増えます。皮膚科を受診しステロイドの軟膏をうまく使用しながら、元の肌に治す治療が必要となります。

最重度の場合、強い炎症は皮膚全体の30%以上に上りステロイドの軟膏だけでは治療が困難になります。
ステロイドの点滴や内服薬なども併用して治療することが必要です。最悪の場合は入院も必要になります。

こういったアトピー肌を日常生活の改善で完治させることが出来るのでしょうか。

ストレスを発散させる

ストレスんが継続することによって、自律神経やホルモンのバランスに支障をきたし、心身に様々な影響を及ぼします。アトピーもストレスが原因で起
きることが多いほか、軽度のアトピーのかゆみにイライラしてしまい、悪化させてしまうことがあるため、趣味を見つけたり、適度に体を動かすなどして上手にストレスを発散させましょう。子供の場合は思い切り遊ばせるのもおすすめです。

綺麗な汗をかく

熱中症で命を落とす人が増えてきて、適度に冷房を利用する重要性が高まってきています。
しかしエアコンは強制的に室内の温度を快適にしてしまい、汗をかかない習慣がついてしまいます。

汗腺も体内で重要な役割を果たしている器官の一つですが、汗をかかない習慣が身についてしまうと汗腺機能が衰えてしまい、汗をかくときもうまく汗をかくことがでいなくなってしまいます。

たまには暑くても外へ出て体を動かすなどして、適度に汗をかく習慣をつけましょう。
そうすることできれいな汗をかくことが出来るようになり、体内の不要な老廃物などをスムーズに排泄させてくれます。

冷えを治す

体が冷えることで血行が悪くなり、体に様々な悪影響を及ぼします。肌のターンオーバーもスムーズにいかなくなり、肌の状態が悪化してしまいます。

暑い時期だからと冷たいものを食べたり飲んだりしてばかりいると、胃腸の機能も衰え免疫力なども低下してしまうため、なるべく常温、もしくは温かい飲み物や食べ物を摂取るようにして、体を冷やさないようにします。

生の水道水を避ける

日本の水道水は安全でおいしいとは言われていますが、どんなに水がおいしい地域の水でも水道水には消毒用の塩素などが含まれています。
飲み水として飲む時はできるだけミネラルウォーターにし、シャワーや水道に浄水器を設置することで塩素の被害を和らげることが出来ます。

洗剤に気を付ける

入浴時に使用するボディシャンプーやシャンプー、洗濯に使用する洗剤などは、成分が残っている状態で肌につくと、肌を刺激してアトピーを引き起こす原因となることがあります。

特に合成界面活性剤が含まれているものは、浸透力が強く、汚れ落ちも良いのですが、その分肌への刺激も強くなってしまいます。

できればシャンプーやボディーソープ、洗濯に使用する洗剤や柔軟剤などは肌に優しい素材のものを使用しましょう。

自分の肌の状態を知る

アトピーに悩んでいる人は自分の肌の状態について日記をつけておくことも大切です。

毎日記入することで1年のうちでいつ頃が一番ひどくなるのか、自分が無意識で行っている行動の中にアトピーを悪化させる要因がないかなどを客観的に知ることが出来ます。

ブログやSNSを利用すると、同じくアトピーで悩んでいる人たちと交流を図ることもでき、励ましあうことが出来ます。

化繊の下着や衣類は控える

化学繊維の生地は刺激の強い成分を使用しているため、肌が敏感なときに切るとかぶれやかゆみを引き起こす原因ともなってしまいます。
できればアトピーで悩んでいる人は綿やシルクなどの天然繊維100%のものを使用するようにしましょう。

また、縫い目などが肌に当たることで刺激になってしまう場合には、裏返しにして着ることで縫い目が肌に触れるのを抑えることが出来ます。

αリノレン酸の油を積極的に摂取する

外食が多かったり、パン食などでマーガリンを多く使用するなど、日本人の食生活は植物性のリノール酸油を大量に摂取しています。

リノール酸の摂取が増えると、体の中に毒素がたまり、アトピーや認知症を引き起こすと考えられています。

そこでオリーブオイルやえごま油など、上質で新鮮なαリノレン酸を含む油を積極的に摂取することで、アレルギーを抑制し、血流改善などの効果を得ることが出来ます。

規則正しい生活習慣

規則正しい生活習慣を送ることは、肌だけでなく健康や精神面まで向上させる働きがあるため非常におすすめです。

22時から午前2時までの、成長ホルモンなどが盛んに分泌される時間には、しっかり眠るように心がけましょう。
22時と聞くと大人であればなんとなく早いと感じる人も多いかもしれませんが、この時間にしっかり眠ることで体内がリラックスされた状態で体のダメージを修復していきます。

肌のターンオーバーも活性化する時間なので、アトピーに悩む人は早寝早起きを心がけましょう。

正しいスキンケア

大人でも子供でも、肌を保護するために皮脂が分泌されます。
しかし、何らかの原因で皮脂が正常に分泌されなかったり、皮脂にダメージが与えられていると刺激によって肌はどんどんダメージを受け、アトピーが悪化してしまいます。そのため、肌のバリア機能をしっかり保護するためにも正しいスキンケアが大切です。

間違ったスキンケアで多いのは、アトピーを治そうとするあまり1日に何度も洗顔したり、自分の肌に合わないスキンケア用品をつけてしまうこと。

洗顔は1日1~2回、洗顔したらすぐに保湿効果の高い化粧水や乳液で肌を保湿する。これだけで肌のバリア機能を高めることが出来ます。
洗顔に使用するせっけんやスキンケア用品もできれば刺激の少ないものを選びましょう。

アトピーにおすすめしたい8つの食材

アトピーになるとかゆみや痛みはもちろんのこと、見た目もひどくなってしまうため、外に出たくなくなるなど精神面でもダメージを受け安くなります。

そこでアトピーを感知させる尾が一番の願いになりますが、原因が複雑に絡み合っている場合も多く、病院で治療していてもなかなか治らない場合もあります。

そこで食事の出番です。医食同源という言葉がありますが、食べ物から得られる栄養素によってアトピーを改善、完治させることもできるのです。
アトピー肌に効果のある食べ物にはどんなものがあるのでしょうか。

アロエ

アロエに含まれるアロエベラにはアトピーをかいぜんさせる成分があります。また、ウィルスやバクテリアなどを死滅させる効果もあります。
アロエヨーグルトを食べることで、アロエ効果と発酵食品であるヨーグルトの効果がダブルで期待できます。

甜茶

甜茶は健康食品や薬局のお茶コーナーなどに並んでいて、花粉症改善などの効果が期待できるお茶として有名です。
花粉症もアレルギー反応のひとつであり、その症状が肌に出るとアトピーという、症状の出る場所が違うだけなので、甜茶でもアトピーを抑えることが出来ます。

青魚

イワシやサンマなど青魚と呼ばれる魚類には、DHAやEPAなど炎症を抑えたり、血流を良くする働きをする成分が含まれています。
また、魚は肉に比べて良質な脂を含んでいるものが多いため、青魚を中心として肉より魚の生活を心がけましょう。

納豆やキムチなどの発酵食品

発酵させてつくられた食品には、発酵の段階で生成された乳酸菌や酵素がたくさん含まれていて、腸内環境を整えたり、自律神経のバランスを整える働きが在ります。
そのため、体の機能が衰えたり、ストレスなどが原因で起きるアトピーには非常に効果があります。

漬物

漬物にも乳酸菌はたくさん含まれています。乳酸菌を定期的に摂取することでアトピーの発生率が減少したというデータもあります。
ただし、漬物は塩分も気になるので摂りすぎには十分注意が必要です。

みそ汁

最近は朝食を食べない人も増えてきました。また、朝は忙しいからパンでごまかす人も多いです。
朝食を食べなかったり、パン食になるとみそ汁を飲む機会が減ってしまいます。

みそ汁には発酵食品である味噌が含まれているほか、野菜などを多くいれるため、食事のバランスを良くする効果が期待できます。
食物繊維の多い大根やゴボウ、キノコ類などを豊富に入れると腸内環境も整います。

和食の原点ともいわれている米ですが、最近の食生活の欧米化や忙しい人たちが増えてきたことからじっくり和食を楽しむ習慣が薄くなっています。
白米ももちろん良いのですが、より健康に気を遣うなら玄米や雑穀米がおすすめ。ご飯に味噌汁だけでも十分朝を乗り切ることが出来ます。

ゴマ

ゴマは小さくて何の栄養価もないように見えますが、実はあの小さな粒の中にたくさんの体に良い成分が含まれています。
オレイン酸とリノール酸もバランスよく含んでいて、アトピー肌にも効果のある食べ物です。

ただし、脂分が多いため、摂取しすぎるとアトピーが悪化してしまうので、適度に食べるようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

アトピーになってしまうと痛みやかゆみでイライラしてしまうほか、かきむしったりして悪化すると外にも出れない状態になってしまい、精神的にもダメージを受けてしまいます。

アトピー肌を完治させるためには、以下のようなことに注意した生活習慣を心掛けましょう。

  • ストレスを発散させる
  • 綺麗な汗をかく
  • 冷えを治す
  • 生の水道水を避ける
  • 洗剤に気を付ける
  • 自分の肌の状態を知る
  • 化繊の下着や衣類は控える
  • αリノレン酸の油を積極的に摂取する
  • 規則正しい生活習慣
  • 正しいスキンケア

また、食事によってアトピー肌が悪化したり改善したりすることもあるので、悪化するような食べ物は控えた方がよいでしょう。
自分がアトピーになった原因を突き止め、日常生活や食生活を改善していくことで皮膚科へ行かなくてもアトピーを完治させることができます。

\ SNSでシェアしよう! /

美人プレスの注目記事を受け取ろう

atopiikanti-eyecatch

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美人プレスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらもおすすめ

  • 突発性発疹の対処対策方法10選

  • 青クマの治し方10選

  • 便の色で健康をチェックする5つの方法

  • 冬季うつ病の治療対策方法10選

  • うんこがくさい人必見!うんこのにおいを抑える10の方法

  • 手足口病の治療に役立つ10の方法