Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/hidekundayo/www/bijinpr.xyz/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
  1. TOP
  2. 健康
  3. 扁平足の治し方10選

扁平足の治し方10選

 2018/02/20 健康  
henpeisoku-eyecatch

運動した後や、慣れない靴を履いた後、足の裏が痛くなることがあります。
地味な悩みであるかもしれませんが、歩くたびに痛むので、日常生活にも支障が出て意外と辛いものですよね。

それは扁平足が原因になっているのかもしれません。

偏平足に関して以下のような悩みや疑問ありませんか。

偏平足の痛みを取るにはどうしたらいいの?

この足の痛み、何か悪い病気が原因?

実は、そんな痛みの原因である偏平足は、生活習慣の改善で治すことができるのです。
今回はそのような、偏平足を治す方法を詳しくご紹介していきます。足裏の痛みや、違和感にお悩みの方は是非、参考にしてみてください。

偏平足で足が痛む原因

偏平足の方で、次のような痛みに悩まされた経験のある方は多いのではないでしょうか?

  • 足の裏が常につっているように痛む
  • 寝起き最初の一歩が辛く、痛みがある
  • 長時間座りっぱなしから、立ち上がると痛む
  • 立ちっぱなしだと、足裏が痛み疲労を感じる
  • 地面に足がつくと痛む

これらは、足底筋膜炎(そくていきんまくえん)かもしれません。

足底筋膜炎は、ジョギングや慣れない靴の長時間使用などにより、偏平足を酷使することで起こります。
特別な病気ではない為、安静にし疲労を抜いてあげることで回復します。

次に、偏平足の痛みとして考えられる原因は、慢性のもの。
運動不足や、肥満、靴が足に合っていないと言ったことが理由で、知らず知らずのうちに偏平足を酷使していると起こります。

偏平足は、体を支える足の裏のバランスを崩してしまいます。そのため、偏平足であると骨盤や、膝、腰にゆがみが生じやすく、歩き方もおかしくなりがちです。

このように複合的な理由が重なり、もっとも体重の負荷を受ける、偏平足部分が消耗し痛むのです。偏平足の痛みは、些細なこととしてスルーしてしまいがちですが、意外と体全体に関わる疲労のサインといえます。
しっかりとその原因を突き止めてケア、対策してあげるようにしましょう。

偏平足の痛みを治す10の方法

ふとした瞬間に、痛みが走る偏平足の悩みです。些細なことかもしれませんが、頻繁だったり、いつまでも治らなかったりするとストレスにもなります。
どんなに偏平足が痛くても、日常生活の中では立ち上がったり歩いたりしない訳にはいきませんよね。

そこでここからは、そんな偏平足の辛い悩みを解消する、偏平足の痛みを治す10の方法をご紹介していきます。
足が疲れやすい、歩くたびに痛くて困る、そんな風にお悩みの方は特に参考にしてみてください。

足に合った靴を選ぶ

きつかったり、大きすぎたり、足に合わない靴を履いていると、どうしても足裏の負担や緊張感が大きくなります。
痛みだけでなく、そもそも偏平足になる原因の一つでもありますので、自分の足に合った靴を選ぶようにしましょう。

横幅、甲の高さ、指の長さ、歩き癖…同じ足を持つ人は一人としていません。
可能ならば、オーダーメイドの靴が一番理想的なのです。

インソールで調節する

毎日使う生活必需品でもある靴。全てをオーダーメイドするのは現実には現実的ではありません。インソールを使えば、既製品の靴でも自分の足に合わせて調節することができます。
インソールと言っても、色々なタイプがありますので、足に合ったもの、目的に合ったもの、歩き癖をサポートしてくれるものなど、吟味して選んでみてください。

サポーターを活用する

偏平足の痛みがひどい場合は、サポーターを活用するのが効果的です。靴を履いていない時でも、足をしっかりと支え、負担を軽減してくれます。
また、保温機能もありますので、冷えや冷えからくる血行不良の予防も期待できます。

テーピングで支える

偏平足の度合いによっては、体を支える足の親指と小指への負担が、異常なまでに大きくなっている場合があります。
痛みが酷かったり、慢性的になってしまっているようなら特に、テーピングで補強・サポートしてあげるのが良いでしょう。
痛みの緩和にもつながります。

詳しいテーピングの方法については下記の動画も参考にしてみてください。

足湯に入る

偏平足の痛みの原因のひとつとして、疲労による筋肉の凝りや収縮も考えられます。
凝りを放置すると、血流が悪化し、どんどん老廃物が溜まっていきますので悪循環です。

洗面器などに42℃ほどの熱いお湯を張り、足の裏から足首辺りまでを20分程浸ける、足湯を取り入れてみてください。
足湯は血行促進、デトックス効果など、偏平足からくる体の悪循環改善に有効に働きます。

ミネラル補給を心がける

カルシウム、マグネシウム、ビタミン…。これらのミネラル類が不足すると、偏平足が痛んだり、つったりします。
ミネラル不足の主な原因は、偏った食生活にありますので、一度自身の食事を見直してみることも大切です。

食生活を急に変えるのは難しい…そんな場合は、ミネラル類をバランスよく補給できるサプリメントを利用してみるのも良いでしょう。

ストレッチを習慣化する

筋肉を伸ばし、柔軟にするストレッチは、血行を改善し、疲労物質の排出を促してくれます。
朝晩の足裏ストレッチを習慣化することで、偏平足の痛みを改善予防することができますので、ほんのひと手間、日常にプラスしてみてください。

マッサージで凝りをとる

ストレッチと同様の効果は、マッサージでも得ることができます。特に、筋肉疲労が原因の偏平足の痛みの場合は、ふくらはぎから足裏にかけてじっくりとマッサージしてあげましょう。
入浴中に行えば、デトックス効果もUPします。

リフレクソロジーでリラックスする

足裏のリフレクソロジーは、自分でも簡単に行うことができます。

リラックス効果も高く、ストレス解消にも有効ですので、下記ULRを参考に挑戦してみてください。
足の裏には、様々な臓器や神経に効くツボがありますので、健康維持や美容促進にも効果的です。

<簡単!誰でもできる足裏リフレクソロジー>

血行を促す足指マッサージ

足裏の血流を改善するマッサージと、足指から老廃物を流し出すマッサージの方法です。

詳しくは下記の動画からもご確認いただけます。冷え性でお困りの方にもおすすめのマッサージですので、取り入れてみてください。

偏平足の痛みに潜む4つの病気

偏平足気味であると、本来の走る歩く際の衝撃吸収機能や、体重を支えるバランス調整機能が失われている恐れがあります。
このため、必要以上に足裏が疲れ、痛み、ひどい場合は指が変形してしまうなんてこともあるほどです。。

偏平足の痛みには、こうした機能不全から生じる病気が潜んでいる場合もあります。
考えられる病気を4つご紹介しておきますので、気に留めておいてください。

外反母趾

足の親指の関節が大きくゆがみ、外側に突き出すように変形してしまう病気です。
外反母趾は、つま先の締め付けのきついヒールの日常的な使用、肥満、筋力低下などの理由により、親指の付け根の関節が強く圧迫され続けることで起こります。

体を支える支点でもある、足の親指がゆがみバランスを崩しますので、自ずと偏平足になりやすくなり、痛みも伴います。

足底筋膜炎

足裏の痛みのほとんどは、足底筋膜炎からくるものです。足裏の筋肉や腱を酷使し傷めることで起こります。
運動前後の足裏のストレッチを徹底することで、予防・改善することができます。

長時間立ちっぱなし、歩きっぱなしの仕事をされている場合は特に、朝晩のストレッチを取り入れると良いでしょう。

足底繊維腫

足の裏にまめのような、腫瘍ができる病気です。良性の腫瘍であるため、悪性化の心配もありませんし、腫瘍そのものが痛むこともありません。

ただし、大きくなってしまえば当然、歩行や日常生活に支障が出ます。
かばうことで、足裏のバランス感覚を鈍くし、偏平足になったり、筋肉を酷使し痛みを引き起こすことも考えられます。

足底繊維腫は、はっきりとした原因がわかっていません。
気になる症状や、そうかな?と感じる違和感がある場合は、皮膚科を受診するようにしてください。

痛風

痛風は、血液中の尿酸が結晶化し、関節に蓄積し関節の働きを妨害する病気です。
特に足の親指の付け根部分は、痛風を起こしやすいと言われています。

そこに、痛風が起こると、痛みが強くまともに足を床につくことも困難になることから、足裏のバランスが崩れ偏平足になりやすくなります。
既に偏平足の場合は、さらに痛みや疲労の蓄積が酷くなることも予測されます。

歩行も困難と言うレベルの痛みや症状がみられる場合は、早急に医師に相談してください。

まとめ

いかがでしたか?

偏平足の痛みは、ついついスルーしてしまいがちですが、実は体のバランスが崩れているサインです。
放っておけば、思わぬ健康被害につながないとも限りません。

今回は、偏平足の痛みを治す方法として以下のようにご紹介しました。足の裏が慢性的に痛い…など気になる症状がある方は、できる部分から見直しを始めてみてください。

  • 足に合った靴を選ぶ
  • インソールで調節する
  • サポーターを活用する
  • テーピングで支える
  • 足湯に入る
  • ミネラル補給を心がける
  • ストレッチを習慣化する
  • マッサージで凝りをとる
  • リフレクソロジーでリラックスする
  • 血行を促す足指マッサージ

そして、偏平足の痛みに潜んでいるかもしれない病気についてもいくつか触れています。

  • 外反母趾
  • 足底筋膜炎症
  • 足底繊維腫
  • 痛風

足の裏は、体全体を支える重要なパーツです。それ故か、足の裏には体のあらゆる部位へ作用するツボが数多く存在します。

つまり、足裏の異変は体からの危険信号である可能性が高いのです。
偏平足の痛みも、たかが…とみくびらず、きちんとケアしてあげるようにしてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

美人プレスの注目記事を受け取ろう

henpeisoku-eyecatch

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美人プレスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらもおすすめ

  • トリグリセライド(TG)を下げるために効果的な10の方法

  • あかぎれ治療に効果的な方法10選

  • 生理前のイライラを良くする対処法10選

  • 精神的に心を強くする方法10選

  • 脂肪肝を改善する10の方法

  • 冬季うつ病の治療対策方法10選