1. TOP
  2. 健康
  3. 二日酔い対策に最も効果的な方法10選

二日酔い対策に最も効果的な方法10選

歓送迎会や忘新年会、懇親会など、飲み会の席ではついつい飲みすぎてしまうという方は多いのではないでしょうか。

なぜ、二日酔いになってしまうのか?

二日酔いを予防する方法や、二日酔いになってしまったら早く治すにはどうすればよいのかというもの気になるところです。

二日酔いの原因を理解しておけば予防や治療は比較的簡単にできます。

当ページでは、そういった二日酔い対策に最も効果的な方法について詳しく紹介します。
二日酔いのつらさを味わいたくないという方は是非、参考にしてみてください。

二日酔いになる原因と傾向

 

お酒を飲みすぎると二日酔いになるのはなぜでしょうか?

同じ量のお酒を飲んでも二日酔いになる人とならない人がいるのはなぜでしょうか?

二日酔いになるのは元々持った「体質」が関係あります。
お酒にはアルコールが含まれていますが、これを摂取することによって、血中に「アセトアルデヒド」という有害物質が生じます。

アセトアルデヒドが生じることによって、有害物質を消滅しようと肝臓が解毒を始めます。

この肝臓の解毒がアセトアルデヒドの数値が上昇に追いつかなくなってしまうと、消滅できなかった有害物質が体中を駆け巡るようになります。

その結果、胃もたれや吐き気などの胃腸障害や、頭痛、脱水症状といった二日酔いの症状が出てしまうのです。

アセトアルデヒドは肝臓の解毒作用だけでなく、「ALDH2酵素」という成分の分解作用でも消滅することができますが、実は日本人はALDH2酵素の働きが弱い傾向にあります。

そのため、日本人は海外の人に比べると飲酒による二日酔いの症状が出やすくなり、アルコールにも酔いやすい傾向にあるとされています。

これらの肝臓の働きやALDH2酵素の働きの状態は、遺伝的要素の強い体質によるものというのが、二日酔いになりやすい原因といえるようです。

体質によるものなので、もともとお酒に向いていない体であることが言えます。無理にお酒に強くなろうとしても、体を壊すだけでなのです。
どのくらいの量までが体を壊さずに済むか、きちんと適量を把握して、嗜む程度にしておきましょう。

二日酔いにならないアルコールの量は個人差がありますが、お酒によってはさまざま目安はありますので、参考にしておくとよいでしょう。

日本酒は2合(360ml)、ビーは大瓶2本、ウィスキーはシングル4杯、ワインはボトル1本が平均的な目安となります。
ただし、体質の他にも年齢や体調具合も影響しますので、必ずしも基準値とならない場合もあります。

二日酔い対策に最も効果的な方法10選

二日酔いはつらいがお酒は飲みたい時は楽しく飲むという方も多いことでしょう。ですがやはり飲みすぎは体には決して良くないことです。

二日酔いになってしまった場合、治し方を知っておくと安心です。ここからは、二日酔い対策に最も効果的な方法10選を紹介します。
早速今晩から試してみてはいかがでしょうか。

できるだけゆっくりと飲む

お酒のがぶ飲みや一気飲みは、血液中のアルコール分解が追いつかない状態になるため、体に対する負担が大きくかかります。

同じ量でもゆっくりとお酒を飲めば、血液中のアルコール分解が無理なく追いつくので、二日酔いになりにくくなります。お酒を飲むペースは無理なくゆっくり時間をかけましょう。

たんぱく質を一緒に摂りながら飲む

たんぱく質にはアルコールを分解する作用がありますので、たんぱく質を摂りながらお酒を飲むことをおすすめします。
お酒のおつまみにナッツ類や枝豆を食べる人は多いと思いますが、これらは高たんぱく低カロリーなので、お酒のお供には最適です。

体調の悪い時は飲酒しない

身体の調子が思わしくないとき、飲酒をすれば普段よりも二日酔いになる可能性が高いです。
疲れが溜まったり、寝不足や風邪をひいた状態は免疫力が低下していますので、このような状態の時の飲酒はおすすめできません。

仕事で疲れた後のお酒は格別・・。という方も多いようですが、正に体が疲労した状態での飲酒といえますので、ほどほどにしておくのが賢明といえるでしょう。

空きっ腹でアルコールを飲まない

胃や腸は最初に入ったものを積極的に吸収しようとします。
空腹の状態でアルコールを飲酒すると、アルコールの吸収率が高くなるので、酔いが回るのが早くなってしまいます。

お酒の量がそんなに多くないのに翌朝二日酔いになってしまうのは、空腹の状態で飲酒をしたからという場合もあります。
飲酒の際は何か食べた後にしてからにしておくことを心がけましょう。

五苓散が効果的

漢方薬は数々ありますが、その中でも五苓散(猪苓・茯苓・蒼朮・沢瀉・桂皮)という5つの生薬を含んだ漢方は、二日酔い予防や症状の緩和に効果があります。

五苓散は水分循環を改善し、無駄な水分を排出します。飲酒によって体内や血液中に発生した有害物質も効率よく排出してくれます。

胃が空っぽの状態にしない

体内に残ったアルコールは胃の中が空の状態ですと内臓が活発化できないため、うまく排出されません。二日酔いの朝は食欲が落ちるのですが、何も食べないでおくと、なかなかつらい症状が緩和されません。

食べるのがつらいときは、固形物ではなく、ジュースやヨーグルト、味噌汁など胃にやさしいものをを軽く口にするだけでもよいです。

飲酒30分前のヘパリーゼが効果的

ヘパリーゼにはウコンエキスや、アセトアルデヒドの分解作用を高めるたり、肝臓の損傷修復作用のある肝臓水解物が含まれており、二日酔いの予防や治療に大変効果があります。

二日酔いを予防するためには飲酒の30分前に服用することをおすすめします。

ウコンを飲んで事前に予防する

二日酔いに効くとしてウコンは大変注目されています。その理由は「クルクミン」と呼ばれる肝臓の働きを高める作用のある成分が含まれているからです。

お酒を飲む前にウコンやウコンエキスを飲んでおくことで、肝臓によるアセトアルデヒドの分解作用を高めることができ、二日酔い予防に効果があります。

お酒のチャンポンは控えめに

二日酔いはあくまでもお酒の飲み過ぎが原因になります。いろいろなお酒を飲むことが二日酔いになると言われますが、お酒の種類により口当たりが変わることによって、お酒の量が増えることに問題があるのです。

お酒によってはカロリーが高いものもありますので、肥満の原因にもなりかねません。お酒の種類は3種類程度に抑えておくようにしましょう。

水も飲んでアルコールを中和する

アルコールは利尿作用があるので脱水症状が起こりやすくなり、また、アルコールを分解するには大量の水分が必要になります。
脱水症状になるとアルコールの分解が進まなくなり、急性アルコール中毒になる恐れもあります。

そのため、水分補給が重要となりますので、飲酒に際はアルコールと同量の水も飲んでおくようにしましょう。
水には血液中のアルコールやアセトアルデヒドを中和する役割があるので、二日酔いの予防にもなります。

二日酔い解消の効果のある5つの食べ物

二日酔いの朝は食べ物を口にするのは億劫な場合もあります。そんなときでも口にしやすく、二日酔いの解消に効果のある食べ物を紹介します。

二日酔い特有の症状である頭痛や吐き気、脱水症状の緩和に効果がありますので、おすすめいたします。ここからは二日酔い解消の効果のある食べ物5つを紹介します。

グレープフルーツ

二日酔いの時の水分補給には100%のグレープフルーツジュースがおすすめです。後味はもちろん、二日酔いのつらい症状もすっきりと緩和されていきます。

グレープフルーツには「フルクトース」という糖分が含まれていますが、この成分がアルコール分解を補助してくれます。

その他、ビタミンCやクエン酸といった二日酔いの症状を緩和してくれる成分が豊富に含まれています。

柿には「カタラーゼ」という酵素が含まれていますが、この成分はアセドアルデヒドの分解を早める効果があり、また、果糖は肝臓の代謝機能を助ける効果があります。

その他、「タンニン」と呼ばれる成分は、アセドアルデヒドと結合して体外への排出を促す作用もありますので、二日酔いに最適な果物といえます。

生の柿はもちろん、干し柿もその成分は変わらないので、どちらでもその効果は期待できます。

しじみのみそ汁

二日酔いには温かいしじみの味噌汁がおすすめです。しじみにはアミノ酸が豊富に含まれておりますが、アミノ酸には肝臓の働きを活発化させる作用があります。

また、味噌には肝臓の中でアルコールが脂肪に変わるのを防ぐ効果があります。
したがってしじみの味噌汁は二日酔いを解消してくれる最強パワーを持っているのです。

トマトジュース

トマトジュースはアルコールの解毒作用があり、また、お酒と一緒に飲むと、血液中のアルコール濃度が30%も低下します。

トマトジュースは二日酔い予防には高い効果が期待できます。特に高い度数のお酒を好まれる方には、おすすめできる飲み物です。

はちみつ

はちみつには肝臓を強くしてくれる効果があり二日酔いの予防はもちろん、二日酔いによる頭痛の症状を緩和させます。
また、昔から美容と健康に効果の高い食材をして重宝がられています。

スプーン1杯分で十分栄養が満たされるので、食欲のない朝や、二日酔い予防のために舐めておくとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか。

日ごろの生活習慣や食生活を少し工夫するだけで、二日酔いは予防も緩和もすることができます。

今回は二日酔い対策に最も効果的な方法10選を紹介しました。

  • できるだけゆっくりと飲む
  • たんぱく質を一緒に摂りながら飲む
  • 体調の悪い時は飲酒しない
  • 空きっ腹でアルコールを飲まない
  • 五苓散が効果的
  • 胃が空っぽの状態にしない
  • 飲酒30分前のヘパリーゼが効果的
  • ウコンを飲んで事前に予防する
  • 水も飲んでアルコールを中和する
  • いろいろなお酒のチャンポンは控えめに

また、二日酔いの症状を緩和する効果のある食べ物を5つ紹介しています。
どれも身近な食材ばかりですので常時おいておくとよいでしょう。

  • グレープフルーツ
  • しじみのみそ汁
  • トマトジュース
  • はちみつ

お酒は百薬の長といわれるように飲みすぎなければ良薬にもなります。飲む量に気をつけて、ほどほどの量で楽しむと良いでしょう。
二日酔いは自分の限界を知るバロメーターとして、自分にとってのお酒の適量を把握しておきましょう。

当ページを読まれている方は以下の記事にも興味をよせ、併せて読まれています。こちらも併せて参考にしてみて下さい。

\ SNSでシェアしよう! /

美人プレスの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美人プレスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*


*

こちらもおすすめ

  • 起立性調節障害の治療に必要な10の対策方法

  • トリグリセライド(TG)を下げるために効果的な10の方法

  • 脂肪肝を改善する10の方法

  • 口のネバツキを解消する方法10選

  • 生理不順で生理期間中に異常が起きる10の理由

  • のぼせる方必見!冷えのぼせ対策10選