1. TOP
  2. 健康
  3. 過活動膀胱の治療方法10選

過活動膀胱の治療方法10選

kakatudou-boukou-eyecatch

トイレによく行く、最初は気にしないかもしれませんがだんだん間隔が短くなると、本人も苦痛になるものです。
また、人前だと何回もトイレに行くと気恥ずかしい思いをするかもしれません。

年齢が進むとしょうがないと諦めてしまう方もおられ、病院にいくこともためらうかもしれません。
最近増えつつある”過活動膀胱”に関して以下のような悩みや疑問ありませんか?

過活動膀胱の原因は?

過活動膀胱の特徴は?

過活動膀胱の治療方法は?

膀胱関係で病院にかかるのは恥ずかしい、と感じるのは当然のことです。
ですが、病院に行かなくてもある程度の工夫次第で過活動膀胱を改善することができるのです。

当ページでは、過活動膀胱の治療方法10選を詳しくご紹介していきたいと思います。

過活動膀胱になる理由

平均的に人がトイレに行く回数は日中なら5~7回といわれています。正常なら、夜中のトイレに起きることはほとんどありません。

ですが、過活動膀胱になると、これよりかなりの回数をトイレの往復に費やします。それでは、なぜ過活動膀胱になってしまうのか…その理由や原因について、どんなものがあるのかを観ていきましょう。

骨盤底筋のゆるみ

骨盤底筋とは、骨盤の底にあり臓器を支える筋肉です。筋肉は年齢とともに衰えるものですが、この筋肉も例外なく加齢によって衰えてきます。
女性の場合は、妊娠出産によって骨盤底筋が伸びてしまい、膀胱や尿道が支えられず、過活動膀胱になってしまう場合があります。

脳の信号トラブル

脳と膀胱は、排尿の情報交換を常に行っています。
排尿するべきか、そうでないのかの信号が送られるわけですが、脳の病気や脊髄の病気などによって、脳からの指示がうまく膀胱に伝わらなくなることがあります。

こうした信号がうまくいかないと、過活動膀胱になる場合があります。

過活動膀胱の特徴

年齢が進むと過活動膀胱になっている方の割合は増えるようです。
調査によれば50歳以上の女性で、8人に1人がかかっている可能性があるという報告もあるほど、多くの方が悩まされる病気です。

40歳を過ぎると、膀胱関係の悩みを持つ割合がグッと増えます。
ちょっとした尿漏れから、深刻な過活動膀胱まで様々です。

では多くの方が悩む過活動膀胱は、どのような特徴があるのでしょうか?

頻尿

文字のごとく、頻繁にトイレに行くことですが、極端にトイレに行く回数が増えると過活動膀胱の可能性があります。
また一度に出る尿の量が少なかったり、ほぼ出ないにも関わらず尿意をもよおすことも特徴です。

頻尿が気になるという方は、以下のページも参考にしてみてください。

切迫性尿失禁

トイレに間に合わず、漏らしてしまうことがある症状です。
くしゃみや咳で尿漏れをする、重いものを持ち上げたり、立ち上がっただけで漏らしてしまうことがあるといった症状が特徴です。

尿意切迫感

急に我慢ができないほどの尿意を感じる症状です。
何の前触れもなく強烈な尿意を感じ、トイレに行くにもやっと間に合うという状況になります。

夜間頻尿

夜中に何度も尿意を感じて、トイレに行くために起きてしまいます。
トイレに行っても出る尿の量は少なかったり、出なかったりするのに、また尿意がすぐに襲ってくるため、眠れず熟睡することができないという特徴があります。

過活動膀胱の治療法10選

自分が過活動膀胱かなと思っても、泌尿器科には行きたくないという方もおられます。特に女性はそう感じる気持ちが強いかもしれません。
過活動膀胱が酷くなってくると、外出が億劫になったり、旅行や仕事が行くのが不安など、生活にも支障が出てくる場合も少なくありません。

自分で工夫することもできますが、無理な場合は医師に相談し、適切な治療とケアを受けましょう。

精神的なストレスを減らすことも、必要な治療の一つです。そのような事にも着目しながら、ここからは過活動膀胱の治療法10選を詳しくご紹介していきたいと思います。

水分を控えめに

尿を抑えるには水分を摂り過ぎないことです。加減がありますが、熱中症にならない程度にしましょう。
アルコールやカフェインが多く含まれるお茶、コーヒーなどの摂取を控えるようにするだけでも効果的です。

体を温める

湯船でじっくりと体を温めることも効果的です。
半身浴や熱めのお風呂に入ることで、血液の循環がよくなり、過活動膀胱が緩和される可能性があります。

体を冷やさない

身体の冷えは不調を引き起こします。特に下半身を冷やすと、膀胱を含む内臓が冷えるので収縮してしまい、排尿感覚が強くなってしまいます。
冷え性ならば、下着を二重にしたり、ひざ掛けを用意したり、厚めに着込むことで冷えないようにしましょう。

薬物療法

よく使われるのは「抗コリン薬」「β3刺激薬」です。抗コリン薬は、自分が意図しないタイミングで膀胱が収縮することを抑えます。
β3刺激薬は、膀胱を弛緩させて、尿を溜める用量を増やす効果があります。

脂肪を減らす

お腹の皮下脂肪、内臓脂肪は、膀胱を圧迫させる原因となり得ます。膀胱は圧迫されると、尿を貯めておくキャパシティーが少なくなってしまうので、過活動膀胱になります。
皮下脂肪を取ることは効果的です。

我慢する訓練

尿意があっても間隔を広げるために我慢して、膀胱の容量を増やす訓練をします。
最初は尿意を感じてから、5分我慢し、10分、15分と徐々に伸ばしていきます。訓練次第で間隔は広がるものです。

刺激物は食べない

辛いものなどの刺激物はできるだけ避けましょう。膀胱の活動も過剰になります。
また男性の場合には前立腺が充血し、尿閉を引き起こし、過活動膀胱の引き金になる可能性が高くなります。

運動をする

自律神経によい影響を及ぼす程度の、適度な運動も効果的です。
排尿もスムーズになり、適度な疲労によって、睡眠の質も上がるので夜間頻尿予防にもなり、一石二鳥です。

骨盤底筋の訓練

咳やくしゃみ、立っただけで尿漏れしてしまう場合には、骨盤底筋トレーニングが効果的です。
女性の場合には、外陰部に意識を集中して、肛門と膣を5~8秒くらい締めるようにし、1日30回~50回繰り返してトレーニングします。

便秘を解消する

直腸に便が溜まると、尿道や膀胱を圧迫します。また男性の場合、排便のときに力むことから前立腺を圧迫してしまい、過活動膀胱につながります。
男性も女性も便秘にならないように、食習慣や生活習慣を改善しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

過活動膀胱はとても身近で、多くの方の悩みの種です。恥ずかしさゆえに人にも言えず、時には家族にも言えず一人で悩んでいる方もおられます。
ですが、ストレスに押しつぶされる前に、また生活に支障が出る前に病院に行き、適切な治療を受けましょう。

ここまでで、このような過活動膀胱の治療法10選をご紹介してまいりました。

  • 水分を控えめに
  • 体を温める
  • 体を冷やさない
  • 薬物療法
  • 脂肪を減らす
  • 我慢する訓練
  • 刺激物は食べない
  • 運動をする
  • 骨盤底筋の訓練
  • 便秘を解消する

過活動膀胱のために、旅行に行けない、友達と出かけられないなど、楽しみが奪われてしまうのは残念なことです。

また夜中にトイレに起きることで睡眠不足になり、ストレスが増えたり、ほかの病気を引き起こす原因にならないとも言い切れません。生活を楽しむためにも、出来ることは工夫し、医療機関も十分に活用しましょう。

当ページを読まれている方は以下の記事にも興味をよせ、併せて読まれています。こちらも併せて参考にしてみて下さい。

\ SNSでシェアしよう! /

美人プレスの注目記事を受け取ろう

kakatudou-boukou-eyecatch

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美人プレスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらもおすすめ

  • あかぎれ治療に効果的な方法10選

  • アレルギー咳を止めて治す10の方法

  • 気圧で体調が悪くなりやすい状態を治す10の方法

  • うんこがくさい人必見!うんこのにおいを抑える10の方法

  • 生理不順で生理期間中に異常が起きる10の理由

  • 舌の口内炎を確実に治す方法10選