Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/hidekundayo/www/bijinpr.xyz/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
  1. TOP
  2. 健康
  3. 喉のイガイガにならないために万全な10の対策

喉のイガイガにならないために万全な10の対策

nodoigaiga-eyecatch

空気が乾燥する時期は喉が痛くなることもしばしばです。
喉のイガイガは風邪やインフルエンザなどの細菌やウイルスを体の中に招き入れてしまう原因になりますし、 喉が痛くなってしまうと気になってなかなか他のことに集中できません。

例えば以下のようなことに心当たりがある方も多いのではないでしょうか?

冬になると、朝起きた時に喉が痛い。

喉がイガイガすると思ったら風邪の初期症状だった。

喉がイガイガすると咳き込む。

誰しもを経験したことがあるような症状なのではないでしょうか。
喉をイガイガさせないために行える方法は様々ありますが、すぐに行えるような簡単なものを知っておくと役立つかもしれません。

喉をイガイガさせないことによって、風邪やインフルエンザなどの病気を未然に防ぐことができるのです。
日頃のちょっとした工夫と、意識だけで喉のイガイガを防ぐことができるのであれば、試してみたいと思われるのではないでしょうか。

そこで当ページでは、喉のイガイガにならないために万全な10の対策について具体的にご紹介していきたいと思います。
秋の終わりから冬にかけて空気が乾燥する時期に、喉のイガイガで悩んでおられる方はぜひ参考にしてみて下さい。

喉のイガイガの原因

通常喉がイガイガするのは、秋から冬にかけての空気が乾燥する時期です。
ですが夏でも喉がイガイガしてしまうことがあります。

冷房の効いた部屋にずっといたり、 家の中の湿度が低かったりすると喉が乾燥してイガイガしてしまうことがあるでしょう。

自分なりの改善方法を見つけておられる方も多いと思いますが、まずはなぜ喉がイガイガするのか、どんな原因で乾燥するのか、どんな状況の時にいつもイガイガしてくるのか、自分の状況を分析することが大切です。

そうすることによって事前に防ぐことができるからです。

温度や湿度の問題とは別に喉がイガイガする要因の一つとして、常に口が開いている、という状況も見られます。
本人の昔からの癖で気を抜くと口が開いてしまうという人もいますし、寝ている時に知らず知らずのうちに口が開いているという人もおられます。

アレルギーなどがあって鼻が詰まっている時には普通に呼吸ができないので、口呼吸をすることによって喉が乾燥しイガイガしてしまうということもあります。
また、意識的に水分を多く取らない人は口の中が乾燥してしまうので、慢性的に喉がイガイガするという危険性もあります。

食べるのが好きとか、何か飲んでいないと落ち着かないという人は逆にいつも口の中に食べ物が入っているので、乾燥せずにイガイガすることはないかもしれません。
このようにいくつか考えてみるだけでも、喉がイガイガしてくる要因はたくさんあります。

自分がどんな状況の時にそうなるのか、できればその状況を避けることができないか、改善方法も考えてみると良いでしょう。

喉のイガイガにならないための10の対策

喉がイガイガすると、ひどい時には痛みが出てきたりして辛い思いをします。
のど飴を食べても治らず、温かい飲み物を飲んでも治らず、結果的に病院に行かなければならなくなったり、薬を飲まなければならなくなることもあるでしょう。

そんな状態の時には喉の粘膜がかなり乾燥していますから、インフルエンザのウイルスや病気の細菌が体の中に入り込み安くなってしまいます。
ですから、 逆に言えば喉を守っているならばインフルエンザや風邪などの病気で 辛い思いをすることはないということなのです。

ではここから、喉のイガイガにならないために万全な10の対策について具体的にご紹介していきたいと思います。

加湿器で加湿する

マンションや最近の新しい一軒家はとても密閉性が高く、そのぶんとても暖かいのですが家の中でエアコンをつけたりしていると空気が回らず、部屋の中が乾燥してしまいます。
これも喉のイガイガの原因の一つですから、加湿器を使って適正な湿度を保つように心がけることができます。

人間が一番心地よいと言われている湿度は50%から60%です。

ほぼ半分ぐらいだと考えると良いでしょう。
湿度が低ければ家の中が乾燥してしまいますし、高すぎるとなるとじめっとして水回りにカビが生えたり、結露が生じたりしてこれはこれで問題です。

ですから、 家の中に湿度計を設置しておいて、喉がイガイガする傾向が出てきたらどれぐらいの湿度なのかチェックする癖をつけましょう。

常にマスクを常備する

マスクをしていると口の中の乾燥を防ぐことができます。家でも外でもつけることができますし、 手軽に手に入れることができ、使い捨てることができるので衛生的です。
マスクは息苦しいから苦手だという方もおられますが、鼻の部分を出した状態で口だけマスクで被っていれば十分でしょう。

マスクの中の蒸気で口の中が乾燥することなく、喉のイガイガを防止することができます。

刺激のある嗜好品をさける

よくタバコを吸う人は風邪をひきやすいと言われますが、それにはちゃんとした理由があります。
タバコに含まれているニコチンやタールは喉を刺激し、乾燥状態にしてしまう作用があるのです。

そしてまず、粘膜を守っているビタミンCがタバコの一酸化炭素によって壊されてしまうので、乾燥が進んでしまいます。
またタバコだけでなくお酒も喉のイガイガを引き起こす要因となりえます。

お酒を飲むとよくトイレに行きたくなるというのは周知の事実ですが、お酒には利尿作用があるので体は脱水症状になり、潤いがなくなって乾燥してしまいます。

体が乾燥すると口の中にも影響が及び、結果的に喉がイガイガしてしまうのです。喉を守るためにも、イガイガを防ぐためにもタバコとお酒はほどほどにしましょう。

頭の近くにお湯を置いて寝る

寝る時に口を開けて寝てしまっている人やその他の原因で喉がイガイガしてしまうという方は、自分の枕元や頭の近くにお湯を置いて寝ると良いでしょう。
蒸気によって空気の乾燥を防ぐことができ、喉がイガイガするのを防ぐことができます。

アロマオイルなどを1滴たらしておくと、さらにリラックス効果を得ることができ一石二鳥です。

寝る時は寝室に濡れたタオルを置く

頭の近くにお湯を置いて寝るのと同じ目的ですが、 寝室に濡れたタオルを置いておくことも乾燥を防ぐ方法の一つです。
できれば小さなタオルではなく、バスタオルのような面積の広い濡れタオル置いておくと長時間乾燥を防ぐことができ効果的です。

実際に効果があるのかと疑わしい部分があるかもしれませんが、最大でも濡れタオルを干しておくだけで約50%から60%の湿度を見込めることが分かっています。

手軽にできる方法ですから、お風呂で使ったバスタオルをもう一度お湯で温めて干しておくことなら、二度手間にならないかもしれません。

うがいを徹底的に行う

風邪を予防する時によく言われるのはうがいと手洗いです。
喉からウイルスや病気の細菌が侵入するのを防ぐためにも、帰宅時にはすぐにうがいするように習慣付けておきましょう。

水でただうがいするだけでも十分な効果がありますが、殺菌作用のあるイソジンなどの薬品を使ったり、しおや紅茶などでうがいすることも効果的です。

外から帰ってきた時には、外で蔓延している何らかの菌やウイルスが口に入っていることもありますから、それを洗い流すことによって、重症化することを防げるでしょう。

霧吹きを利用する

部屋の中の湿度を上げるためには加湿器がおすすめですが、加湿器がない場合や買う予定がない時には、手っ取り早く霧吹きを使って部屋の中を加湿する方法もあります。
簡単に手に入るものですし、安いものですから家に一つ常備しておいても良いでしょう。

香りがするアロマなどを霧吹きの水の中に1滴入れておくだけでも、芳香作用と湿度を上げる作用、両方を一度に行うことができます。

家の中に植物を置いておく

植物は喉をイガイガさせないために役立ちます。
二酸化炭素を排出し、 天然の加湿器ともいわれるほどのものですから、家の中に一つあっても良いかもしれません。

小さいものであればそれだけ効果も薄れますが、少し大きめのものや、葉っぱが大きいものなど意識して買うと良いかもしれません。

ガムを噛んで唾液を出す

通常、人の口の中ではたくさんの唾液が分泌されていて、それによって喉の潤いが保たれているので乾燥やイガイガから喉を守ることができています。

ですが外の空気が乾燥しやすい時期になると、いつもの唾液の分泌量ではすぐに喉の中が乾いてしまい、乾燥状態になってしまいます。

ですから唾液の分泌を促すような食べ物を食べてみると良いかもしれません。
ガムを噛むと口の中で唾液が大量に分泌されますから、かなり潤った状態になるでしょう。

何かしながらでもガムを噛むことができますし、家の中でも外でも関係なく口にすることができます。
鞄の中にいくつか常備しておくと助かるでしょう。

口の中を加湿する

喉が乾いてしまうと、すぐにイガイガが始まってしまいます。
喉を乾燥させないためには口の中を加湿する必要がありますが、そのためには温かい飲み物を口にすることが効果的です。

冷たい飲み物でも良いのですが、温かい飲み物より口の中が潤いにくいので、意識して常温か温かい飲み物を口にする方が良いでしょう。

一度飲めば良いというものではなく、こまめに温かい飲み物を摂取して、 口の中が乾燥しないように意識すると良いでしょう。

喉のイガイガに隠れている疑うべき5つの病気

喉のイガイガが重症化してしまうと、今度はそれが痛みに変わっていきます。
喉が痛いと言うのはつらいことですが、放っておけばそのうち治ると安易に放置している方もおられます。

確かに治る場合もありますが、仮にも痛みが長引いてしまったり、痛みがひどくなるなどの症状が現れた時には、病気が悪化してしまっているという場合もあるかもしれません。
ただの喉のイガイガだと放っておかず、他の病気の可能性も考えて見る必要があるでしょう。

ではここから、喉のイガイガに隠れている疑うべき病気5つを具体的にご紹介していきたいと思います。

インフルエンザ

インフルエンザといえば熱が高いというイメージですが、本当に初期の症状は喉のイガイガです。
もちろん個人差がありますから全ての人が喉のイガイガを感じるわけではありませんが、一般的には喉に違和感があることから始まっていきます。

インフルエンザウイルスは飛沫感染ですから、インフルエンザにかかっている人と話したり、近くにいることによって唾液を浴びることによって感染してしまいます。
一番に鼻や喉が影響を受けると言っても過言ではないでしょう。

咽頭カンジダ症

ガンジダ菌というのはどこからが体に入ってくるものではない場合がほとんどです。
もともとも人間の体にはカンジダ菌が常在していると言われており、 体力がある時には免疫力によってその活動力が抑えられています。

ただ体が弱っていたり、疲れていたり、免疫力が落ちたりした時に急に異常繁殖し、喉にイガイガや痛みを感じたりすることがあります。

初めはそんなに大したことのないイガイガの症状でも、重症化してくると唾液を飲み込むことも辛いほど痛んだり、腫れてしまうことなどもあります。

手足口病

あまり大人の感染は聞くことがありませんが、ほとんどは小さな子供が感染する病気です。
どこに行っ集団感染することが多い病気で、保育園や幼稚園などではやることがほとんどです。

手のひら、足の裏、口の中、喉の奥などに水泡性の発疹が現れることもあり、熱を伴うこともあります。
前もって予防することなどもできないので、口の中を乾燥させないことは必須条件です。

急性扁桃炎

扁桃腺が腫れる、とお聞きになったことがある方も多いことと思います。
意外にも扁桃腺が晴れることに悩んでおられる方は多く、病院にかかる人数も増えていると言われています。

これは扁桃腺が急性の炎症を起こすことで生じ、首のリンパ節が晴れたり、発熱を伴ったり、喉の痛みを感じたりすることがあります。
子供も大人も関係なくかかることのある病気です。

咽頭炎

上気道の咽頭に炎症を起こす病気で、急性になってしまう場合と慢性的に繰り返してしまうパターンがあります。
風邪を引いたり、インフルエンザの時などに喉が急激に痛くなる場合には急性の咽頭炎を疑うことができるでしょう。

ですが、逆流性食道炎や過度の飲酒、過度の喫煙、空気の影響などの原因で発症してしまう時には慢性的な咽頭炎を疑った方が良いかもしれません。
熱を伴う場合もあり、咳や痰、喉の痛みなどの症状が現れることがあります。

まとめ

いかがでしたか。

インフルエンザや様々な感染症を発症する大きな原因は、やはり喉のイガイガです。
喉を乾燥させず、 イガイガさせることがないならば、ウイルスの体内侵入を防ぐことができますし、喉の痛みからも解放されます。

そのためにできる方法は簡単なものばかりでしたから、今日からでも試していただきたいと思います。
特に小さなお子様がおられたり、ご年配の方がおられるならば、 感染症や大病を防ぐためにも喉のイガイガ対策を徹底しましょう。

ここまでで、このような喉のイガイガにならないために万全な10の対策についてご紹介してきました。

  • 加湿器で加湿する
  • 常にマスクを常備する
  • 刺激のある嗜好品を避ける
  • 頭の近くにお湯を置いて寝る
  • 寝る時は寝室に濡れたタオルを置く
  • うがいを徹底的に行う
  • 霧吹きを利用する
  • 家の中に植物を置いておく
  • ガムを噛んで唾液を出す
  • 口の中を加湿する

また、ただ喉がイガイガするだけということもありますが、それが長く続いてしまう場合や、以上に痛みが増してくるなどの変化があった時には 喉のイガイガに隠れている疑うべき病気も考えてみなければなりません。
早めに対処して、大きなトラブルを避けることができます。

このような喉のイガイガに隠れている疑うべき病気5つもご紹介しました。

  • インフルエンザ
  • 咽頭カンジダ症
  • 手足口病
  • 急性扁桃炎
  • 咽頭炎

喉がイガイガする原因には様々な理由がありますが、自分の体質、その時の体調などにも合わせて原因の一つ一つを排除していくことが必要です。

喉がイガイガしたままにしていると、思ってもいない病気になってしまうこともありますし、インフルエンザなどの病気で苦しい思いをしてしまいます。

大抵は加湿したり、温かい飲み物を飲むぐらいで解決できる喉のイガイガですが、もし長引いてしまったり、痛みが増してくるなどの症状の悪化が見られる時には、先送りすることなくすぐに病院に行きましょう。

喉がイガイガする原因を知ることと、適切な治療方法、 改善方法を知ることによって喉のイガイガとさよならしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

美人プレスの注目記事を受け取ろう

nodoigaiga-eyecatch

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美人プレスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらもおすすめ

  • 手足口病の治療に役立つ10の方法

  • みぞおちを押すと痛いときの対処法10選

  • 精神的に心を強くする方法10選

  • 白いおりものの臭い対策法15選

  • ドライマウスを改善する方法10選

  • 扁平足の治し方10選