1. TOP
  2. 健康
  3. おりものが臭く量が多い人が行うべき15の対策法

おりものが臭く量が多い人が行うべき15の対策法

orimono-eyecatch

オリモノは女性の誰もが不快に思うものですよね。
ですが、女性のオリモノは性病や体調の変化に気づくことができる、健康のサインとしての役割を持つとも言えます。

オリモノの色や量や臭いは、体調不良や病気になることによって変わっていくからです。
女性ならではの悩みとして、オリモノに対してさまざまな疑問や悩みを持つ人も多いと思います。

なぜオリモノが出るのか?

どのような原因でオリモノは変わるのか?

当ページではオリモノの臭いがきつい、オリモノの量が多いことでお悩みの女性のために、15の改善対策方法をご紹介します。
オリモノの量や臭いでお悩みの女性は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

オリモノとは

オリモノは、子宮頸管の膣汗腺から出ている粘液や膣の分泌物が混ざり合ったものです。体内から「おりてくるもの」という意味からこの名がきています。

オリモノには主に2つの役割を持っています。

1つは膣の潤いを保つことによって、ばい菌が子宮に侵入するのを防ぎ、身体を守る膣の自浄作用。

2つめに、精子が子宮に到達しやすくするために助ける作用。

女性ホルモンと関係が密なオリモノは月経周期に合わせてその量も増減を繰り返します。

通常ですと、月経直後は一番量が少なくなり、さらっとした状態ですが、徐々に増えていくようになります。排卵期に最も多くなり、透明なゼリー状になります。

排卵のあとは徐々に減っていき、粘り気のある黄白色に変化していきます。
オリモノの量や臭いは個人差によりますが、生理前の量が多い時に臭いもきつくなります。

オリモノの色から分かる体内バロメーター

デリケートゾーンが炎症を起こしている時や、体調が優れない時など、一時的にオリモノが増減したり、臭いがきつい、色が変と思うような症状が出る場合もあります。
オリモノの色によっては以下の症状が考えられます。

白い

通常は白いのですが、水気の少ないぽろぽろとした状態の場合、頸管炎、カンジタ膣炎の可能性があります。特にカンジタ膣炎の場合は、痒みが伴うこともあります。

また、下腹部痛、発熱が伴う場合は、卵管炎、子宮内膜炎にかかってる可能性があります。白いオリモノに関しては以下の関連記事でも丁寧に解説していますので併せて参考にしてみてはいかがでしょう。

黄色い

量が多く、下腹部の痛みや発熱を伴う場合は、卵管炎、子宮内膜炎にかかってる可能性があります。
腐ったようなきつい臭いや、外陰部に痒みがある場合は、トリコモナス膣炎にかかっている可能性があります。

緑色

下腹部に痛みを感じた場合、クラジミア感染症にかかった可能性があります。

茶褐色

血が混じって茶褐色になった可能性があります。臭いがきつく、オリモノの量が多くなった場合、子宮膣部びらん、子宮頸管ポリープの可能性があります。

オリモノの臭く量が多い対策15選

オリモノはどちらかといえば不快に感じやすく、下着が濡れるほど量が増えたり、臭いがきつくなるととても嫌な気分になりますよね。
量の多い人はこまめに下着を換えたり、オリモノ専用シートを交換する必要があるため、とても面倒な思いをしている人も多いのではないでしょうか。
以下では、そんな不快なオリモノの改善対策方法を紹介します。

オリモノ専用シート

なるべくオリモノ専用シートを使うようにましょう。下着にオリモノがついたままの状態が続くと不衛生であり、不快な感じが続いてしまいます。
オリモノ専用シートで下着の汚れを防ぎ、量が多い日はこまめに交換するようにしましょう。

甘いものを極力控える

女性はスイーツや甘いものが好きな人が多いようですが、糖分の取りすぎは雑菌の繁殖につながる場合があります。
疲れているからといってあまり甘いものを食べないように注意しましょう。

デリケートゾーンは清潔に

デリケートゾーンや膣内は湿度が高いため、雑菌の繁殖がしやすくなっています。
生理の時に使用するタンポンやナプキンは、こまめに取り替えるようにしましょう。

トイレはなるべくウォシュレットを使用し、清潔にするよう心がけましょう。
ただし、ウォシュレットの使用しすぎは、膣内の自浄作用が弱まる可能性があり、炎症を起こしやすいので、注意が必要です。

デリケートゾーンを清潔に保つにはまず、毛の処理が重要になってきます。

女性のからだの周期を把握する

女性の身体は女性ホルモンの影響を受け、一定の周期で変化を繰り返し続けます。
これを月経周期といいますが、毎月くる生理と同じく、オリモノにも周期があります。

オリモノはある程度の周期で症状が変わるので、自分のオリモノの変化のパターンを知っておくと、正常な状態かどうかを見極めることが可能です。

免疫力の強化

免疫力が低下してしまうと、膣内の機能の低下に繋がり、オリモノの量が増えてしまいます。
免疫力は常に高めておくように日頃から心がけておきましょう。

デリケートゾーンの洗いすぎに注意

オリモノの量や臭いが気になるからといって、デリケートゾーンを洗いすぎるのは返ってよくありません。
洗いすぎることによって、洗剤によるかぶれや乾燥による痒みを起こしてしまう場合があります。

膣やデリケートゾーンには、ある程度の潤いが必要です。洗いすぎることによって膣内の善玉菌も洗い流され、自浄作用も低下してしまい、膣炎になる可能性もありますので、注意しましょう。洗う時はお湯だけでも十分ですが、気になる場合は弱酸性のボディウォッシュでやさしく洗いましょう。

膣内の状態を整える

膣内の状態は酸性になっており、この状態がきちんと保たれていれば、オリモノの臭いがきつくなることはありません。
乳酸を使って膣内洗浄をすると、酸性に戻すことができ、臭いを抑えることができます。

以下の関連記事でも膣内環境の整え方について、詳しく解説していますので、こちらも併せて参考にしてみて下さい。

動物性脂肪分の多いの食品は控える

乳製品や肉類、糖分の多く含まれたお菓子は、動物性脂肪分が含まれているものが多く、これらをあまり摂り過ぎると、体臭を強めてしまいます。
動物性脂肪分の摂り過ぎに注意し、体臭予防に気をつけましょう。

デリケートゾーンの過剰洗浄はしない

膣内やデリケートゾーンを洗いすぎると、膣内の自浄作用が衰えてしまい、善玉菌も必要以上に洗い流されてしまう場合がありますので、オリモノの量が増えたり、膣炎を起こしてしまいます。さらっと洗い流す程度にしておきましょう。

性病検査を受診

オリモノの臭いがきつい場合、性病に感染している可能性があります。
性病にはさまざまな種類があり、性交渉の有無は関係なく感染してしまう病気もあります。

膣の洗いすぎや、免疫力の低下が原因で細菌性膣炎やカンジタ膣炎が発症する場合もあります。
クラミジアは自覚症状がなく、気づきにくいので一番怖い病気です。オリモノの臭いに異変を感じたら、早めに婦人科に受診しましょう。

腸内の状態を整える

腸内環境を整えることもオリモノに影響します。ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は腸内環境を整える作用があります。
また、オリゴ糖や食物繊維もおすすめです。膣内を乳酸配合ジェルを使ってきれいに保つこともよいでしょう。

膣内に異物がないか注意

生理の時に使うタンポンや、性行為の時に使うコンドームを膣内に入れたままにしておくと、雑菌が増殖してしまい、臭いの原因となりますので、直ぐに取り出すようにしましょう。

デリケートゾーンの毛は整えておく

デリケートゾーンの毛が多すぎると蒸れや雑菌が増殖する恐れがあります。
デリケートゾーンの毛は短くカットし、量も少なめにしておくと、通気性が上がり、清潔に保つことができます。

以下の記事では、デリケートゾーンの毛の処理についてご紹介しておりますので、是非参考にしてみてください。

めかぶを摂る

臭いが気になる方にはめかぶがおすすめです。めかぶにはフコイダンという成分が含まれており、臭いの元を排出してくれる役割を持っています。
オリモノの臭いのみならず、汗の臭いや体臭の抑制にも効果があります。

下着を見直す

下着の中は湿度が高くなりやすいので、下着はなるべく通気性や吸水性のよいものを着用するようにしましょう。おすすめは綿100%のものです。

オリモノを臭いを抑える食べ物について

オリモノは食生活によって影響を受けやすくなります。
食生活が乱れ、栄養バランスが崩れていくと、自律神経が乱れていき、ホルモンバランスの崩れに繋がってしまいます。

オリモノの量や臭いはホルモンバランスの崩れによる影響を受けやすくなります。
どのような食生活でオリモノの臭いを抑えることができるのか…。ここからは改善のために効果的な食べ物を紹介します。

砂糖を不使用の穀物

砂糖の代用になり、カルシウムやミネラルが豊富に含まれている黒糖、てんさい糖、きび糖は臭いを抑えるのに効果的です。

玄米やライ麦

白米よりもミネラルやビタミンが豊富に含まれていることから、健康食としても注目されています。

果物や野菜

腸内環境を整える作用がある、ビタミン、ミネラル、食物繊維が含まれています。

大豆や魚を中心としたタンパク質

女性ホルモンを生成するための栄養素として、タンパク質は必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

オリモノの状態は、感染症や病気を見つけるサインにもなります。
ふだんから自分のオリモノの状態を把握しておくことも大切です。

オリモノの量や臭いで不快に感じますが、オリモノの状態でからだの異常に気づくことができるのです。
ここまで紹介してきましたオリモノが臭く量が多いときの対策を以下に簡単にまとめておきます。

  • オリモノ専用シート
  • 甘いものを極力控える
  • デリケートゾーンは清潔に
  • 女性のからだの周期を把握する
  • 免疫力の強化
  • デリケートゾーンの洗いすぎに注意
  • 膣内の状態を整える
  • 動物性脂肪分の多いの食品は控える
  • デリケートゾーンの過剰洗浄はしない
  • 性病検査を受診
  • 腸内の状態を整える
  • 膣内に異物がないか注意
  • デリケートゾーンの毛は整えておく
  • めかぶを摂る
  • 下着を見直す

日頃からの食生活や体の内側からの体質を改善することや、デリケートゾーンを正しいやり方で清潔にすることがオリモノの臭いの改善に繋がります。
食べ物は以下のものを積極的に取り入れるようにしましょう。

  • 砂糖を不使用の穀物
  • 玄米やライ麦
  • 果物や野菜
  • 大豆や魚を中心としたタンパク質

オリモノは女性の体にとって大切なものであることを理解し、量の多さや臭いの対策をしておけば、オリモノに対しての悩みは軽減できます。
今回紹介した対策法を参考に、ストレスなくオリモノと付き合えるように工夫していただければ良いでしょう。

当ページを読まれている方は以下の記事にも興味をよせ、併せて読まれています。こちらも併せて参考にしてみて下さい。

\ SNSでシェアしよう! /

美人プレスの注目記事を受け取ろう

orimono-eyecatch

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美人プレスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらもおすすめ

  • ダイエットピルの中でも激痩せすると話題のダイエットピル20選

  • 体がだるい倦怠感を治す10の方法

  • 浮き指の治し方10選

  • ダイエット外来おすすめ10選【全国版】

  • 手足口病の治療に役立つ10の方法

  • 便の色で健康をチェックする5つの方法