1. TOP
  2. 健康
  3. 精神的に心を強くする方法10選

精神的に心を強くする方法10選

seisin-eyecatch

人の性格は様々ですが、どんなことにも堂々とできるという方もおられますし、とても緊張しやすく、人の倍努力をしても実力が発揮できずに辛いと思ってしまう方も居るのではないでしょうか。

もちろん、人前で話さなければならなかったり、何か努力してきたことの成果を見せなければならない場合には、緊張するのは当然かもしれません。

ですが、職場などで緊張せずに堂々としている人を見ると羨ましく感じるものです。極度の緊張や緊張による体の反応に対処するためには精神的に心を強くすることが必要だと言われています。

毎日直面する様々な状況の中で、緊張せずに精神的に心を強くするためになろうと思う度に 以下のような疑問もあるのではないでしょうか。

精神的に心が強くない原因は何なのか?

精神的に心を強くするための方法や克服法は?

人間が緊張を感じる瞬間は、実にたくさんあります。仕事や スポーツ、他の様々な面でも関係してきますが、極度に緊張が強い場合には人間関係にも大きな影響を及ぼす場合があります。

多くの方もお気づきの通り、精神的に心を強くするためには、自分自身の考え方や心の状態が深く関係しているのです。そこで当ページでは緊張や不安に負けず、精神的に心を強くする方法10選をご紹介していきたいと思います。

精神的に弱い原因

精神的に心は強いか強くないかは、どんな時に現れるでしょうか。
長い間準備してきたことを、大勢の前で披露しなければならない時や、状況が追い込まれている時、自分がすることに多くの人が関わっている時など、大きなプレッシャーを感じるような様々な状況があります。

人によっては、手や声、体が震えたり、呼吸が荒くなってしまったり、人にも気づかれてしまう様な大きな症状として出てしまう場合もあります。
人が緊張を感じるのはこのような流れです。サッカーで例えて考えてみましょう。

  1. ボールを蹴ると過去の経験や失敗したことを思い出す
  2. 失敗思い出すとボールを蹴っている最中に体が緊張する
  3. 緊張しているので冷静に判断できない
  4. 緊張して失敗したことが記憶に残る
  5. それ故にボールを蹴るための動作がうまくいかなくなる
  6. ボールを蹴るという感覚が分からなくなる
  7. それでボールが蹴れない
  8. 次は失敗しないように緊張するので、余計うまく蹴れない
  9. できないことに落ち込む
  10. 次もできないことへの恐怖感から 逃れられなくなる

こうなってしまうとなかなかこの負の連鎖から逃れることは難しくなりますが、これはスポーツ選手ではなくてもどんな人にでも起こり得る問題です。

有能で人から期待されることが多い人ほど、感じるプレッシャーはとても大きいものかもしれません。

精神的に心を強くするためには、自分の心をしっかりコントロールできる人でなければならないのです。

精神的に心を強くする方法10選

精神的に強くないというのは、男性であれ女性であれ、いくつになろうと直面する問題です。
ある程度、性格や遺伝的なものも関係しているのかもしれませんが、精神的に心を強くすることは努力次第で運転して行くことができます。

ではここから、精神的に心を強くする方法10選を具体的にお伝えしていきたいと思います。

効果的な呼吸法を使う

多くの方が緊張したときによく使う方法かもしれませんが、 長く深く深呼吸することは体をリラックスさせる点で大きな効果があります。
人は緊張すると、呼吸が短く浅くなりますので、その逆にするならば緊張をほぐすことができるのです。

緊張和らげる呼吸の時間の長さは人それぞれですから、自分ならではの呼吸法をしておく必要もあります。

ストレスをためない

私たちがストレスを感じる状況は、日々たくさんあります。
仕事や家庭、様々な人間関係などいろんな原因がありますが、ストレスを感じていると体は緊張状態にある状態になるのでそれが続くと体にも心にも悪影響です。

上手に発散して緊張状態を長続きさせないようにしましょう。

過度に考えすぎない

人はプレッシャーがかかった状態に追い込まれると、必要以上に考えてしまうものです。
どうしたら失敗しないか、ちゃんとできるだろうか、ここで間違えたら終わりだなどと考えて自分自身をどんどん追い込んでしまうのです。

ですが考えれば考えるほど、心も体も追い込まれ、思ったように動けなくなってしまうのです。
考えすぎないと言うのも緊張を和らげるひとつの方法です。

フォームを考え直す

スポーツをなさっている方ならピンとくるかもしれませんが、技術を向上させていくためにはホームの見直しは必要不可欠です。
ゴルフならグリップの握り方 、野球なら投球フォームの見直しなど、今までと違うやり方で挑戦してみるのです。

違う道がひらけるかもしれませんし、考え方にも変化が生じるかもしれません。

自律神経の作用を利用する

自律神経は2種類に分かれています。交感神経と副交感神経の2つです。

人の体が緊張している時には交感神経が優位に立っていると言われており、副交感神経が優位のときには人の体はリラックスしている状態です。

自分が何をしたらリラックスするのか、どんな時に副交感神経が働いているのかをよく知り 、自分でコントロールできるようになりましょう。

イメージトレーニングしてみる

成功している人はよく取り入れている方法ですが、自分が成功した時の事を思い浮かるイメージトレーニングをしてみるというものです。

良い結果を収めた時のイメージは、人の気持ちを積極的にさせますし、大きな自信にもつながりますから、その状態を脳に覚えさせるためには良い方法です。

ルーティーンを確立させる

よく知られているラグビーの五郎丸選手のルーティーン。
また野球のイチロー選手もルーティーンを持っていますが、私たちも自分なりのルーティンを見つけて、成功のイメージを持ちやすくするならば、精神的に心を強くするために役立つかもしれません。

成功するために勉強する

今までの自分の経験や傾向などを状況整理して、どうしたら失敗し、どうしたら成功するのか自分なりの成功の知識を考え、勉強しましょう。

なぜ失敗するのかを知っているのは、もちろん自分自身です。正直に自己吟味して、行動を見直してみましょう。

身近な環境を変化させる

スポーツや職場でもそうですが、いつもと違うポジションや違う方法で物事を行うようにすると新鮮で考え方も大きな変化を受けます。
もちろん失敗もするのですが、環境が変わったのだからしょうがないと前向きに受け入れることができるというメリットもあります。

そのような考え方を身につけるためにも、たまに身近な環境を 変化させる機会を作ることも良い方法かもしれません。

脳をリラックスさせる

体が緊張しているなら、もちろん脳も緊張しています。
脳の状態を自分でどうにかすることができませんが、なるべくリラックスした状態の脳へ変換するために自分にはどんなことができるのか、知っておくことも必要です。

精神的に心が強くない方のためのケア方法

心が弱くなるのは、誰でも経験があります。どんなに強い人でも、失敗してしまって心が弱くなってしまう時もあるのです。

そんな時には自分の失敗を考え続けてしまったり、もう成功することができないのではないかと思ってしまったり、全体的にネガティブ思考になってしまいます。

周りは励ましてくれるかもしれませんが、この負のサイクルに陥ってしまっているとどんな言葉も耳には入りません。
立ち直る時はみんなそうかもしれませんが、 成功した時のイメージを思い浮かべながらその状態を保つことが助けになります。

ネガティブなことは加速しやすい傾向にあり、どんどんと大きく膨らんでしまいます。
ですからネガティブな考えはなるべく払いのけ、正しいイメージを保てるように自分自身を訓練していかなければなりません。

無意識に成功したイメージが思い浮かぶようになれば、精神的に心を強くできていることの証拠です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

精神的に心が強いか強くないかは、どんな人でも直面する問題です。

それに押しつぶされてしまうと、体にも影響を及ぼすものですから、失敗につながり、まだその失敗を恐れ、考え続けてしまい緊張する、というサイクルを繰り返してしまいます。

これまで、このような精神的に心を強くする方法10選をご紹介してきました。

  • 効果的な呼吸法を使う
  • ストレスをためない
  • 過度に考えすぎない
  • ホームを考え直す
  • 自律神経の作用を利用する
  • イメージトレーニングしてみる
  • ルーティーンを確立させる
  • 成功するために勉強する
  • 身近な環境を変化させる
  • 脳をリラックスさせる

緊張から人間関係などに大きな影響があり、精神的に参ってしまったり時には病気になるということもあります。
精神的に心を強くさせることは、体に悪影響を与えない為にも大切なことですね。

日々プレッシャーと戦っている方には、有益な情報となったのではないでしょうか。
是非この情報を参考にして、精神的に強い心を手に入れてください。

\ SNSでシェアしよう! /

美人プレスの注目記事を受け取ろう

seisin-eyecatch

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美人プレスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらもおすすめ

  • 目の周りのぶつぶつを確実に治す方法10選

  • おならがよく出る人必見!おならの出すぎと臭いを防ぐ10の方法

  • 突発性発疹の対処対策方法10選

  • 体がだるい倦怠感を治す10の方法

  • 病弱な体質を改善するために効果的な方法10選

  • 横向きで寝ることで得られる体の嬉しい効果効能10選