1. TOP
  2. 健康
  3. 手足口病の治療に役立つ10の方法

手足口病の治療に役立つ10の方法

teasikuti-eyecatch

「手足口病」という病気をご存知でしょうか?

一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

しかし、実際どんな症状なのか知らないという方も多いかもしれません。

手足口病とは、決して治ることがない不治の病なのではなく、一般的に夏風邪と言われるようなもので、夏場に入ることがあるプールなどから感染することが多いと言われています。

治療すれば治すことができる病気ですが、感染力が強いので小さなお子様がおられる方は注意が必要かもしれません。

手足口病に関して以下のような疑問をお持ちの方いませんか?

手足口病の症状とは?

手足口病の改善方法や予防方法を教えて欲しい。

手足口病の予防に効果的なアイテムとは?

暑い季節になると子供達は友達同士でプールに入ったり、学校などでもプールの授業があるので手足口病にかかってしまう危険性が高くなります。
プールに入ることを完全に防げないとしても、手足口病の予防対策をしておけば過度に過敏になる必要はありません。

家族の健康のためにも、日頃からどのようにすれば感染を防ぐことができるのか理解を深めておく必要があります。
ではここから、手足口病の治療に役立つ10の方法について具体的にご紹介していきたいと思います。

手足口病の症状

手足口病はどんな人でもかかってしまう病気でもありますが、 特に小さな子供がかかりやすいウイルス性の感染症です。
暑くてご飯が食べられず、体力が落ち免疫力が低下している時にかかりやすい病気で、特に梅雨明けの時期から夏の終わりの時期にかけて発症が多くなります。

湿度が高くて雑菌が繁殖しやすいということも関係しており、特に体力がない子供が感染する可能性が高いようです。
症状としては、37~38℃くらいの熱が出て、口の中に水疱ができたり、それが全身に広がっていく症状が特徴的です。

一見水疱瘡などと間違えることもあるようですが、感染症なので身近に手足口病に感染した人がいたり、幼稚園や学校で流行っている事が多く、それらの状況から病名を特定できることも多いようです。

集団生活の中で感染症は全く避けられないものですが、暑い時期に感染が拡大する手足口病は、学校のプールの授業などでタオルなどを媒体として感染を広げていきます。

潜伏期間は2日~5日、もしくは一週間ぐらいで発症し、発症した時には身近にいた人たちも発症しているという場合がほとんどです。
手足口病は薬で直すというよりも、ただ安静にして熱が下がるのをまち、体に広がった水疱がなくなるまで人に接触しないようにしなければなりません。

熱があるので水分補給を欠かさないことや食べやすいものを食べて体力を落とさないことを心がけなければなりまません。
小さな子供だと急激に体力が落ちやすいので、病院で点滴を受けるなどの実際的な措置を講じた方が良いでしょう。

手足口病の治療に役立つ10の方法

手足口病は感染症ですから、 どんな人でもかかってしまう可能性があります。
命に関わるような病気ではないとしても、前もって予防しておくことにこしたことはありません。

ですが予防にも限界がありますから、もし手足口病を発症してしまったなら、適切な治療方法で症状を和らげる必要があります。

あまりにも症状が長引いてしまったり、ほったらかしていて悪化してしまったりすると、他の病気を引き起こしてしまう引き金にもなりかねないので、重症ではないにしても軽く見てはなりません。

ではここから、手足口病の治療に役立つ10の方法について具体的にご紹介していきたいと思います。

うがいを習慣化する

手足口病は夏風邪ともいわれるほど風邪によく似た症状がありますから、初期症状としてウイルスの侵入でのどが痛くなる、などの傾向が見られます。

ですから、うがいを習慣化することでが現れることが多い病気です。
ウィルスがのどの粘膜に感染して、全身に回ってしまうのを防ぐためにもうがいの習慣をつけることが大切です。

体をゆっくりと休める

手足口病は感染症ですから、体の中は細菌と戦うために白血球が頑張っています。
免疫力が下がっていると白血球が十分な数に達さず、体の中に侵入してきた細菌と戦うことができないので病気が治りにくくなります。

白血球の働きを強めるためにも、体をゆっくりと休めて安静にしていることが大切です。休息をとって、白血球が増加するのを待ちましょう。

水分補給を欠かさない

手足口病を発症すると発熱が伴います。
熱に強いか弱いかという個人差がありますが、高く熱が出てしまう人もいるので、そんな時には水分補給を欠かさないようにしましょう。

体が脱水状態になってしまうと、免疫力がどんどんと下がってしまい、余計に治りが遅くなってしまうので水分をたくさん取る必要があります。
また口に水泡ができるので食べ物を入れると痛みがあり、それによって余計水分不足になってしまいます。

普通の水でも良いのですが、吸収の良いスポーツドリンクや少し塩分の含まれた飲み物を飲むとより効果的でしょう。
食べれなくなってしまうので0 高熱を発症すると脱水症状になることもあります。

高熱の場合は医療機関に行く

どうしても熱が下がらないとか、 あまりにも熱が高すぎるという場合にはすぐに医療機関にかかった方が良いでしょう。

治る病気だとしても、適切な治療を行わなかったり、治療が遅くなってしまったりすると他の病気を引き起こしてしまい、悪循環になってしまう可能性があるので、医療機関で医師の診断を受け高熱を下げてもらうようにしましょう。

点滴で体の負荷を和らげる

口の中の水泡が痛くて何も飲んだり食べたりできないとか、体力が落ちてしまってぐったりしてしまう場合には、無理に家でなおすのではなく、病院に行って点滴を打ってもらうなどの実際的な措置を講じましょう。

体の中の水分が少なくなってしまうと、生命を維持するために体に大きな負荷がかかりますから、小さな子供であれば時には命の危険さえあります。

点滴をしてもらって必要な栄養素を取り、体の負荷を和らげてあげるようにしましょう。

食べ物を液体化させる

大人でも子供でもそうですが、熱がある時にはなかなか食欲が出ないものです。
おまけに手足口病は口の中に水泡が出来たりするので、食べ物を入れると痛くて余計に食べたり飲んだりしなくなるかもしれません。

ですが体の中に入っているウイルスや細菌と戦うためには、体力をつけなければ治りませんから、なるべく水泡に当たらないように食べ物を液体化させて流し込むような方法で栄養とるようにしましょう。

ゼリーなどのつるんと喉に入る食べ物やりんごやニンジンなどをミキサーにかけてジュースのようにして摂取するなど、工夫して栄養をとるようにしましょう。

飲み物をよく選ぶ

水分補給に一番いいのは、水を飲んだり、吸収が早いスポーツドリンクなどを与えることですが、小さな子供の場合にはいつも飲んでいるフルーツジュースなどを上げる場合もあるでしょう。

ですが手足口病の場合は、口の中に水泡が出来たりして当たると痛いので、ジュースの種類によっては口に刺激を与えて痛みを感じる場合があります。

柑橘系のジュースや少し酸味のあるジュースは刺激があるかもしれません。
痛いと余計に飲まなくなるので、なるべく刺激の少ないような飲み物を選んで飲んだ方が良いでしょう。

とにかく熱を下げる

手足口病の初期症状は発熱の場合が多いので、特に小さな子供が熱を出した時には体力の消耗防ぐためにも、とにかく熱を下げることを最優先させましょう。

大きな血管が通っているわきや首筋などを冷やすのもおすすめですし、鼠蹊部などを冷やすと体が冷えやすくなります。どうしてもそれだけで熱が下がらない時には、医師に解熱剤を処方してもらうなどして対処しましょう。

使うタオルを分ける

手足口病は感染症です。家族の一人が感染したなら、感染源となるものを共同で使うのは危険です。
例えば洗面所にかけてあるタオル、食器、箸やスプーンなどを徹底的に分けて使わなければなりません。

タオルを洗う時にも別々に洗濯した方が良いでしょう。
同じ家に住んでいると感染しやすいので、小さなお子さんがおられるご家庭では特に気をつける必要があります。

感染がわかった場所に近づかない

暑い季節になると子供たちはプールをとても楽しみにしています。
学校や幼稚園などでもプールに入る授業がありますし、夏休みに友達同士でプールに遊びに行くこともあるでしょう。

ですがこの時期に見え手足口病は感染が拡大するので、もし身近で手足口病に感染した人がいるという情報があるならば、なるべく感染の可能性が高いプールには近づかないようにしましょう。

集団感染すると困るので、学校や幼稚園などでも感染者があらわれた場合にはすぐに連絡網を回してくれたり、メールで通知されたりするので、親が情報に敏感である必要があります。

手足口病の予防に効果的な5つのアイテム

手足口病はとても感染力が強い病気ですから、家族の中ですぐに蔓延してしまう可能性があります。
ですから、家族の誰か一人でも発症することがないように前もって予防することが必要不可欠です。

感染する場所は限られていますが、学校の行事や友達との付き合いなど避けられない状況もあるので、自分でできる予防法を熟知しておきましょう。
ではここから、手足口病の予防に効果的な5つのアイテムについて具体的にご紹介していきたいと思います。

うがい薬コロロ

出典:SARAYA公式通販

これは口の中を洗浄・殺菌・消毒するためのうがい薬で、刺激の少ないミント味なので、小さな子供でも一緒に使うことができます。
家族みんなで使うことができるでで、とても経済的な商品です。

これでこまめにうがいすることによって、口の中で悪い菌が繁殖しないように防ぐことができます。
また容器の側面についているウィンドウストライプが液の残量を見えやすくしているので、なくなってから慌てることもありません。

スマートハイジーン(マスク)

出典:SARAYA公式通販

口の中に細菌が入ってこないガードするマスクで、感染源を防ぐ素材を使用しており、内側には肌に優しい素材を使用しているので、敏感肌の方でも安心して使うことができます。
普通のマスクとは違って、極細繊維フィルターを採用し、99%ウイルス・細菌をカットするので効果の薄いマスクを何回も付け替えて使用するよりも経済的かもしれません。

呼吸がしやすい構造にも配慮しており、子供でもつけ心地の良いマスクです。

スマートハイジーン キッチンアルペット

出典:SARAYA公式通販

食品原料100%の商品なので、小さなお子様がいても安心して使うことができます。
食べ物が直接触れるような包丁や食器、コップ、まな板などにも使用することができ、ほぼ100%に近い確率でウイルスや細菌を除去してくれます。

様々なとこにスプレーして使うことができるので、台所用品だけではなくて多くの細菌の感染源となるようなトイレ周り、ドアノブ、電気のスイッチなどにも掃除がてら使うことができます。
拭いたり、洗い流したりする必要がないのでスプレーするだけで除菌することができ、簡単にできます。

家の中のある場所に使ってみると良いでしょう。

ハンドラボ(手指消毒剤)

出典:SARAYA公式通販

よく知られているハンドラボは、様々なウイルスと細菌を死滅させる酸性アルコール消毒剤です。
とても効果が強いので、様々な感染症や食中毒から家族を守ることができます。

強い薬剤というのは、吸い込んだり手で触ったりすると刺激が強いイメージがありますが、手が荒れないように配慮された商品なので、手への刺激を心配する必要もありません。
手足口病は、飛沫や手指を介して感染することがほとんどなので、手洗いを徹底することと、手指を殺菌することが必要不可欠です。

ペーパータオルリオーレ

出典:SARAYA公式通販

洗面所にかけてあるタオルは、雑菌の宝庫だと言われています。
手を洗った後に使ったり、顔を洗った後にふいたりしますが、そのまま放置すると半乾きの状態のまま菌が繁殖していき、とてつもない臭いを発します。

生乾きのタオルが臭いのは皆さんご存知のことでしょう。

せっかく手をきれいに洗っても、雑菌だらけのタオルで手を拭いては何の意味もありません。
特に手足口病が流行っている時期は、タオルではなくペーパータオルで水分を拭き取ることをお勧めします。

一度使ってすぐに捨てますし、衛生的なので2次感染を防ぐことができます。
お金がかかるように思えるかもしれませんが、一枚あたり0.4円なので経済的ですし、病気になってしまって病院にかかることを思えば安いものでしょう。

まとめ

いかがでしたか。

夏の暑い時期は体調を崩すことが多いので、高熱が出るなどの症状が現れなければ手足口病と気づかない場合もあります。
夏バテやただの疲れだと勘違いしてしまう場合もあるので、どんな症状が出るのかよく知っておく必要があるでしょう。

小さな子供に発症すると、体力を奪ってしまって消耗が激しくなる場合もあるので、風邪を引いた時と同じように水分補給を中心に体力落とさないように気遣ってあげましょう。
ここまでで、手足口病の治療に役立つ10の方法について、このようにご紹介してきました。

  • うがいを習慣化する
  • 体をゆっくりと休める
  • 水分補給を欠かさない
  • 高熱の場合は医療機関に行く
  • 点滴で体の負荷を和らげる
  • 食べ物を液体化させる
  • 飲み物をよく選ぶ
  • とにかく熱を下げる
  • 使うタオルを分ける
  • 感染がわかった場所に近づかない

また、感染してしまってから治療するよりも前もって予防できるのが一番ですから、様々なアイテムを使って手足口病を予防するようにしましょう。
それで、手足口病の予防に効果的な5つのアイテムもこのようにご紹介してきました。

  • うがい薬ココロ
  • スマートハイジーン(マスク)
  • スマートハイジーン キッチンアルペット
  • ハンドラボ(手指消毒剤)
  • ペーパータオルリオーレ

手足口病という病気は知っていても、身近に発症した人がいない限り詳しい症状についてはあまり知らないものなのかもしれません。
自分の子供が発症して、大慌てで手足口病について調べたという母親たちも少なくありません。

日頃からそのような感染症についてよく知っておき、予防方法や改善方法について理解しているならばいざという時に慌てなくても済むので、前もって調べておくことをお勧めします。

大人にとっては風邪の延長線上のようなものでも、体力がない子供にとってはかなり体に負荷がかかる病気ですから、なるべく前もって予防してあげたいですね。

\ SNSでシェアしよう! /

美人プレスの注目記事を受け取ろう

teasikuti-eyecatch

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美人プレスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらもおすすめ

  • あかぎれ治療に効果的な方法10選

  • 腸活をして便通を良くする方法10選

  • 【トイレが近い人必見】頻尿対策に効果的な10の方法

  • 【インフル対策】クレベリンの効果10選

  • 口のネバツキを解消する方法10選

  • おならがよく出る人必見!おならの出すぎと臭いを防ぐ10の方法