1. TOP
  2. 健康
  3. トリコモナス腟炎の治療方法10選

トリコモナス腟炎の治療方法10選

trikomonosu-tituen-eyecatch

トリコモナス膣炎は、トリコモナス原虫という微生物が膣内に入りこみ、感染後数週間ほど潜伏し発症する性感染症です。
女性に限らず、男性にも感染することがあり、病原体を互いに移しあうピンポン感染をくり返す病気でもあるので、早期治療を望むことが必要です。男性の場合は排尿によって、洗い流される場合もあります。

トリコモナス膣炎の治療法はどのようなものでしょうか?

トリコモナス膣炎の治療に効果的なアイテムはあるのでしょうか?

トリコモナス膣炎に感染すると、おりものの増加や悪臭、排尿時の不快感や痛みなどの症状が出ますが、放置しておくと不妊や早産、流産の原因となる恐れがあります。

男性は尿道炎などの症状が出ることがありますが、女性に比べると感染症状が出にくいのが特徴です。自覚症状がないケースが多いので、パートナーがトリコモナス膣炎に感染していることがわかった場合は、二人揃っての性病検査を行うことが大事です。当ページでは、トリコモナス膣炎の治療方法について紹介します。

おりものの量が多い、おりものが臭い、黄色や緑色の泡だったおりものがでる、性器のかゆみや不快感がある、などといった症状が出たら、トリコモナス膣炎の可能性があります。
もしかすると・・と思ったら、早期改善、早期治療のために当ページを参考にしてみてください。

トリコモナス膣炎とは

トリコモナス原虫という微生物が性行為により膣内に進入して発症する膣炎です。

男性も感染する可能性がありますが、ほとんど自覚症状がありません。
自分がトリコモナスに感染したという自覚がないので、無自覚の男性との性行為によって感染してしまった女性の被害が多いです。

女性が感染した場合は、おりものの増加や悪臭、黄色や黄緑色の泡だったおりもの、性器の色が少し赤くなる、排尿時の不快感や痛み、セックスのときの痛みなどの症状が現れます。

また、トリコモナス膣炎は性行為による感染だけでなく、タオルや下着、お風呂やトイレ、プールなどでも感染する可能性があります。

そして、妊娠中の女性が感染すると、出産時に赤ちゃんにも感染する恐れがあります。
少しでも違和感や気になる症状が現れたら、二次感染を防ぐためにも早めの対策や早期治療をすることが大事です。

トリコモナス膣炎を治療方法10選

トリコモナス膣炎はピンポン感染や再発のリスクが高く、トリコモナス膣炎に感染してしまうと、膣から子宮、子宮頚管、尿道といった周辺の器官に入り込みます。

また、完治したように思っても、周辺器官に残っていれば、再び感染症状が現れてくるのです。ここからは、トリコモナス膣炎を予防、治療方法10選を具体的に紹介します。

コンドームを使用する

トリコモナス膣炎の予防策として、性行為の際はコンドームを使用することをおすすめします。

男性も感染している場合ありますが、女性に比べると自覚症状がほとんどなく、自覚のないまま性行為をしてしまい相手の女性に感染してしまうケースが多いようです。

コンドームを使用すれば感染を防ぐことができますので、パートナーへの感染を防ぐためにもきちんと避妊しましょう。

男性がトリコモナスに感染した場合、排尿時に軽い痛みを感じるなど、尿道炎などの症状が現れることもあります。違和感があったら早めに泌尿器科の受診をおすすめします。

使用するタオルなどは熱消毒する

トリコモナス膣炎は性行為だけでなく、お風呂やトイレなどからでも感染してしまいます。
治療薬で体内のトリコモナスを排除しても、これらから再び感染してしまう可能性もあります。

バスタオルやトイレで使う便座カバーなどは、こまめに洗濯することをおすすめしますが、できれば60℃以上のお湯に数分間つけた後熱消毒してからの選択をすると良いでしょう。

しっかりした衛生管理がトリコモナス膣炎の早期治療につながります。

未然に感染経路の拡大を防ぐ

トリコモナス膣炎は性行為だけが感染の原因ではありません。もし周りに感染者がいたらなるべく接触するのを避けましょう。

タオルやお風呂やトイレなどの共有が原因で感染する可能性もありますので、自分が感染してしまったら、自分が使ったバスタオルは直ぐに洗濯しましょう
また、トイレは消毒を忘れずして、二次感染の予防対策をしておきましょう。

異変を感じたら早めに産婦人科を受診する

トリコモナス膣炎は、市販薬はなく、医師の診断を受けた上で治療をするのが最善策です。

治療薬は医師の処方されたものを使用します。おりものの症状や性器の痛みやかゆみといった異変を感じたら、早めに産婦人科医に診てもらいましょう。

トリコモナス膣炎は個人差がありますが、大体数週間の潜伏期間があります。
性行為の覚えがなくても感染している可能性は考えられます。少しでも異変を感じたら、直ぐに対処するようにしましょう。

プールや温泉施設は利用はしない

トリコモナス原虫は水の中で活発しやすくなります。プールや温泉施設など不特定多数が利用する場では衛生管理が徹底されていても、完全な無菌状態にはなりません。

完治しないまま免疫力が低下している状態でこのような施設を利用するのは二次感染の可能性もありますので絶対に避けましょう。

治療中は飲酒をしない

トリコモナス膣炎の治療中は、治療薬の影響でアルコール分解機能が低下してしまい、急性アルコール中毒になる危険性があるので、飲酒はしないで下さい。
できれば禁酒しましょう。

徹底してトイレや風呂掃除をしておく

浴槽やトイレの便座にもトリコモナス原虫が付着している可能性があります。タオルや便座カバーと同様に清潔にしておくことが大事です。
使用後はしっかり掃除しておきましょう。

お子さんのいる家庭では、お風呂の使用でお子さんに感染してしまう恐れもありますので注意が必要です。

感染し完治するまで性行為はしない

男性がトリコモナスに感染した場合自覚症状がないくらいで治療も比較的早く済みますが、女性の場合、症状は深刻で、治療も長くなる場合があります。

お互い症状が軽くなったとしても、医師の判断なしで完治したとの自己判断は禁物です。完治もしていないのに性行為を続けると永遠に感染をくり返すことになりかねません。

専用の石鹸を使用し清潔を保つ

トリコモナス膣炎は主に女性器に感染します。感染すると、おりものの異変や、性器のかゆみや痛みといった症状が出ます。
雑菌の繁殖を最小限にとどめるためには清潔に保つことが一番です。

ですが、通常使っているボディソープで女性器を洗うと、トリコモナスの感染によって弱くなった肌にとっては刺激が強くなり、逆に症状を悪化させてしまう可能性があります。

デリケートゾーン専用の石鹸は低刺激タイプです。やさしく丁寧に洗い、きちんと乾燥させておくことも大切です。

あまり洗いすぎると膣内の自浄作用が低下してしまいますので、一日1回石鹸を使って洗うようにしましょう。

陰毛を剃っておく

トリコモナス膣炎に感染すると、おりものの量が増えていき、臭いがきつくなり、泡立つような状態となります。

陰毛が多いとこのようなおりものが絡みやすくなり、かゆみが続くなど不衛生な状態になりやすく、皮膚炎を引き起こしてしまいます。

トリコモナス膣炎の症状が出だしたら、陰毛を剃るか短くし、トイレの後はウォシュレットやビデを使用して、清潔にしておきましょう。

人気のトリコモナス検査に役立つキッド4選

トリコモナス膣炎の治療薬は市販されておらず、医師の処方がないと治療薬は手に入りません。

海外からの通販で内服薬が手に入ることもできますが、副作用などの恐れがあります。きちんと医師の診断を受けて治療をするようにしましょう。

トリコモナス膣炎に感染しているかどうかのセルフチェックはできますので、医師の診断を受ける前に調べることはできます。
トリコモナス膣炎に感染しているかを調べるセルフ検査キッドを紹介します。

FUJIメディカル

出典:ふじメディカル

トリコモナスなど、9種類の性病検査を同時に行うことができます。血液検査や尿検査がセルフで簡単に行うことができます。
男性、女性それぞれ別にあり、ブライダル前のカップルが利用するケースが増えています。

Kensa.biz

出典:Kensa.biz

トリコモナスなど8種類の性病検査ができます。検査する性病の種類によって自分にあったキッドを選ぶことができます。
おりものと血液をそれぞれ採取して性病検査をします。

セルシーフィット

出典:セルシーフィット

セルシーフィットは信頼性の高い検査機関で採取したものを精査するというやり方の検査キッドです。
女性はトリコモナスなどの10種類以上の性病検査ができる他、カップル同時に検査ができるカップルセットが価格、内容とも評判が高いです。

GME医学検査研究所

出典:GME医学検査研究所

男性は自覚症状があまりないので、男性のトリコモナスの感染を調べることができ検査キッドです。
トリコモナスや、のどの性病感染を含めた約10種類の性病検査を同時に行うことできます。

まとめ

いかがでしたか?

トリコモナス膣炎は、女性の場合感染してしまうとおりもののきつい臭いや性器のかゆみや痛みなど、深刻な症状を起こします。
また、潜伏期間が長い場合や症状が比較的軽い場合でもトリコモナス原虫が卵管まで入り込んでしまうと不妊や早産、流産の原因になることがあります。

このような深刻な症状になることを防ぐためにも、少しでも異変を感じたら、早めに産婦人科の受診をおすすめします。
ここまで当ページでは、トリコモナス膣炎の治療法として、トリコモナス膣炎の治療中に気をつけておくべきことを以下のように紹介しました。

  • コンドームを使用する
  • バスタオルやトイレで使用するタオルなどは熱消毒する
  • 未然に感染経路の拡大を防ぐ
  • 異変を感じたら、すぐに産婦人科を受診する
  • プールや温泉施設は利用はしない
  • 治療中は飲酒をしない
  • 徹底してトイレや風呂掃除をしておく
  • 感染し完治するまで性行為はしない
  • 専用の石鹸を使用し清潔を保つ
  • 陰毛を剃っておく

トリコモナス膣炎は女性だけでなく、男性でも感染しますが、男性の場合自覚症状がない場合がほとんどです。無自覚の男性が性行為をすることによってパートナーが感染してしまうケースが多いようです。
避妊したい場合はコンドームを使用することと、結婚前にはブライダルチェックで性病検査をしておくことをおすすめします。

当ページを読まれている方は以下の記事にも興味をよせ、併せて読まれています。こちらも併せて参考にしてみて下さい。

\ SNSでシェアしよう! /

美人プレスの注目記事を受け取ろう

trikomonosu-tituen-eyecatch

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美人プレスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらもおすすめ

  • 気圧で体調が悪くなりやすい状態を治す10の方法

  • 胸焼けを治す方法15選

  • 手足口病の治療に役立つ10の方法

  • 群発頭痛の治し方10選

  • 体がだるい倦怠感を治す10の方法

  • 逆流性食道炎の治し方10選