1. TOP
  2. 健康
  3. 冬季うつ病の治療対策方法10選

冬季うつ病の治療対策方法10選

ouki-utubyou-eyecatch

秋になると、夏の厳しい暑さから開放され、だんだんと過ごし易くなり、食欲も出てくるようになります。
涼しくなりいい季節になりますが、この時期に夏の疲れが出てしまう人も少なくないようです。

疲れが取れないだけではなく、気分がなかなか乗らない、元気が出ない、直ぐにイライラしてしまう、一人になりたい時間が多いなど、なにかとネガティブになってしまう人もいるようです。
このような症状に心当たりのある方は、冬季うつ病の可能性が高いです。秋から冬にかけて、冬季うつ病には注意が必要になります。

冬季うつ病とは、いったいどんな病気なのでしょうか?

もし、冬季うつ病になってしまったら、どのような対策をとればいいのでしょうか?

冬季うつ病になったら、どんな風に人を接していけばいいのでしょうか?

自分の身近な人が冬季うつ病になってしまったら、どのように接していけばいいのでしょうか?

冬季うつ病の症状は、一般のうつ病と似たような症状なのですが、見た目ではわかりにくい場合があります。

冬季うつ病は決して治らない病気ではありません。気持ちの持ち方や、物事に対する考え方、生活習慣を見直していくなど、いろいろと見直していくことで、冬季うつ病は治していくことができるのです。
そこで当ページでは、冬季うつ病の治療対策方法10選をご紹介いたします。

「もしかして自分は冬季うつ病なのでは…」と思い当たる方や、季節の変わり目に気持ちがなんだかすっきりしていない方は、参考にしてみてください。

冬季うつ病とはどういった病気なのか

冬季うつ病とは、季節性感情障害のことを言います。
冬季とあるように、症状が出始めるのは10月〜11月頃であり、翌年の2月〜3月頃には治まるといわれます。

冬季うつ病になる原因は今のところはっきりとはわかっていません。この病気は欧米、北欧の国に患者が多発している病気であり、比較的日照時間が少ない地域に多い病気とされています。
日本では、北海道や東北、北陸の日本海側の地域で多く発症しているようです。

冬季うつ病は、一度発症してしまうと、毎年同じ時期に発症してしまう傾向にある特徴があります。
1年の内で、なぜか秋冬の季節になると、気持ちが落ち込んだり、元気が出せなくなってしまうといった症状が出てしまいます。

通常のうつ病と似た症状がでますが、「過眠」と「過食」といったうつ病とは全く逆の症状も出始めます。
他にもうつ病の場合は、食欲が出なくなるほど悩んだり、落ち込んだりする場合がありますが、冬季うつ病はまるで冬眠前の動物のように食べて眠る傾向にあります。

冬季うつ病はたくさん食べて眠るので傍目からは少しも悩んでいるようには見えず、単なる怠け者にしか見られないので、周りの人からは病気であることを理解してもらえないといったつらい状況になりやすいです。

比較的軽度な症状で、春になれば精神的に落ち着くようであれば問題ありませんが、深く落ち込んだり、つらい症状が続くようであれば、精神科や神経科の医師に相談してください。
生活習慣の見直しや薬物療法や代替療法など、患者に合わせた治療法で治すようになります。

冬季うつ病の治療対策方法10選

冬季うつ病の原因は今のところはっきりとわかっていません。
しかし、発症が多発している地域や状況などによって、日照時間や遺伝的な光感受性の強弱などが関係していることが考えられているようです。

日照時間に関係ある日中の過ごし方や、睡眠時間、食生活などの生活習慣の見直しなどを試みることが大切です。
以下では具体的に、冬季うつ病の治療対策方法を10選紹介します。

なるべく青魚を食べる

冬季うつ病は比較的日照時間の少ない北欧地域に多いのですが、魚中心の食生活のアイスアンドだけは発症率が少ないようです。
特に秋刀魚やいわし、鯖など青魚に多く含まれるDHAは、抗うつ効果が高いのが特徴なので、青魚を多く摂るのが冬季うつ病の改善に効果があるといわれています。

生活習慣を見直す

生活のリズムが乱れると、心と身体のバランスが崩れがちになります。心身ともに負担がかかることによって、冬季うつ病が発症してしまうのです。
なるべく早寝早起の習慣をとるようにして生活のリズムを整えるように心がけましょう。

日光をなるべく浴びる

日光を浴びること冬季うつ病の改善につながります。日照時間が少ない冬季は日光に浴びることはとても貴重なことになります。特に目から受ける光が刺激となって有効になります。
さらに朝日を浴びることも重要になりますので、寝室のカーテンはなるべく開けておくか、レースのカーテンにしておき、できるだけ窓際に寝ることをおすすめします。

日光の下でウォーキングをする

身体を動かすことは健康にとてもよいことです。神経伝達物質の「ドーパミン」が分泌されるので、気分が上がってきます。特に太陽の下で早歩きをすることは冬季うつ病にはとても効果的といえます。
落ち込んだりした時は家に閉じこもらずに、ちょっとでも体を動かすようにしましょう。

朝起きたらシャワーを浴びる

冬季うつ病は朝起きるのがつらいといった症状が出ます。
朝起きたら熱めのシャワーを浴びて、身体と脳を覚醒しましょう。特にふくらはぎ、お尻、背骨、お腹を重点的に温めるのが効果的です。

ハチミツ入りホットミルクを就寝前に飲む

蜂蜜にはブドウ糖が含まれています。牛乳にはセロトニンの原料になるトリプトファンというアミノ酸が含まれていますが、牛乳に蜂蜜を入れることによって、ブドウ糖がトリプトファンの吸収を助ける働きをします。
また、牛乳にはカルシウムが含まれていますが、就寝前に飲むことによって、このカルシウムが神経興奮を抑えてくれるので、静かに眠りにつくことができます。

症状が出たら専門家に相談してみる

冬季うつ病にはさまざまな診療療法があります。心理療法や薬物療法に加えて、光療法によって人口光を照射して、日照量を補足して症状を抑える効果的な治療法があります。
精神的につらい症状が続くようであれば、専門家と相談しながら症状に合わせて治療を受けるようにしましょう。

食事でセロトニンを補う

うつ病の主な原因は、神経伝達物質のセロトニンが不足することによってといわれています。
セロトニンは必須アミノ酸に一種であるトリプトファンから作られます。
セロトニンを摂取するには肉類や大豆、赤味の魚、大豆、バナナなどの良質のたんぱく質を摂取することが有効です。

ストレスをためないようにする

自律神経はストレスによってバランスが崩れやすくなります。そうなると、睡眠や満腹中枢といった神経に悪影響を及ぼしてしまいます。
ストレスをなるべくためないように、リラックスした時間をすごすように心がけましょう。

仕事などでストレスを溜めやすい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

糖質を控えるようにする

冬季うつ病の特徴は甘い物や炭水化物を欲しがるようになることです。糖分の多い食べ物や小麦粉などの炭水化物の摂り過ぎは、胃腸の消化機能が衰えてしまう原因になりますので、注意が必要です。
また、神経的な症状やホルモンバランスの乱れが生じてしまいます。食生活を見直して、糖質の摂り過ぎには十分注意しましょう。

冬季うつ病との上手な付き合い方

冬季うつ病は季節限定の病気なので、季節が過ぎれば症状はやがて治まります。
症状の出るつらい時期を過ごすには、冬季うつ病の特徴をおさえて、上手に付き合っていくことが大切です。

冬季うつ病が発症したら、この時期にはやっていけないことがありますので、注意が必要です。

  • 無理にがんばり過ぎない
  • 友人との関係はニュートラルにする
  • 重要なことを決定することは避ける
  • 周りの理解を得るようにする
  • トラブルをできるだけ起こさない

以上のことに注意して、通常ではない今の自分を理解することが大切です。

この時期は通常の自分とは違い、判断能力が低下してしています。
気持ちが落ち込んでいるから何もする気になれないからといって、学校や職場を辞めてしまったり、お金の貸し借りをするようなことは決してしないで下さい。

また、人との付き合いもうまく行かなくなくなりやすい時期なので、ある程度の距離を保つようにして、できるだけ周りの人とのトラブルを起こさないように気をつけましょう。
周りの友人や、職場の人たちには自分が冬季うつ病であることを理解してもらえるように、努力することを心がけて起きましょう。

もしも家族や友人が冬季うつ病になったら

もしも、自分の家族や身近な友人が冬季うつ病になってしまったら、どうゆう接し方をすればよいのでしょうか?
うつ病は本人が一番苦しい思いをしていますので、それをわかってあげることが必要です。

うつ病の症状は「過食」や「過眠」など、傍目では病気であることがわかりにくいので、周りの人からは理解されにくいのが現状です。
周りの無理解が本人を苦しめていることにもつながってしまいます。

冬季うつ病に対する無理解から、冬季うつ病の人にとって傷つく言動を無意識に起こすことがあるかもしれません。
まずは冬季うつ病がどういう病気なのかを知ることが大事です。

冬季うつ病の人にとって傷つく言葉がいくつかあります。

  • いつ治るのか
  • 〜してみたらどう?
  • 怠けてない?
  • あまり落ち込まなくていいよ
  • 本当に病気?

冬季うつ病の症状に「過食」「過眠」があります。よく食べる、よく眠ることは病気であることがわかりにくいものです。怠けているように見えるからといって、責めるような言葉を投げかけてしまうと、さらに傷ついてしまい、症状が悪化してしまいます。
また、「落ち込まないで」とか「〜してみたら」など、励ますつもりでこのような言葉を投げかけるのも、本人はわかっていても思うとおりにできないもどかしさがあるのでプレッシャーとなり、さらに自分のことをわかってくれないという気持ちが強くなるので、さらに落ち込んでしまうのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

冬季うつ病は通常のうつ病と比べると、まだまだ世間の認識度は低いのが実状です。
周りはもちろん、当の本人でさえも冬季うつ病であることをわからずに、つらい日々を過ごされている人も多いようです。

ここまで当ページで以下のような冬季うつ病に必要な対策方法10選を紹介しました。

  • なるべく青魚を食べる
  • 生活習慣を見直す
  • 日光をなるべく浴びる
  • 日光の下でウォーキングをする
  • 朝起きたらシャワーを浴びる
  • ハチミツ入りホットミルクを就寝前に飲む
  • 症状が出たら専門家に相談してみる
  • 食事でセロトニンを補う
  • ストレスをためないようにする
  • 糖質を控えるようにする

冬季うつ病は10月頃から冬にかけて発症します。
過食や過眠になりやすく、甘いものや炭水化物が非常に欲しくなり、睡眠時間が10時間以上でも足りないくらい眠くなるといった特徴があります。
毎年この季節にこのような傾向が表れたら、冬季うつ病の疑いがありますので、医師の診察を受けることをおすすめします。

当ページを読まれている方は以下の記事にも興味をよせ、併せて読まれています。こちらも併せて参考にしてみて下さい。

\ SNSでシェアしよう! /

美人プレスの注目記事を受け取ろう

ouki-utubyou-eyecatch

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美人プレスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらもおすすめ

  • まぶたの痙攣が止まらない時の10の対処法

  • 気圧で体調が悪くなりやすい状態を治す10の方法

  • 脂肪肝を改善する10の方法

  • 舌苔除去の正しい方法10選

  • 膀胱炎の治療法10選

  • 女性の頻尿対策10選