1. TOP
  2. 健康
  3. うんこがくさい人必見!うんこのにおいを抑える10の方法

うんこがくさい人必見!うんこのにおいを抑える10の方法

unko-eyecatch

ご自身の「うんこの臭い」が気になってしょうがないという方はおられませんか?

便通が良い方の場合、排便は毎日のことですので、一度気になってしまうとずっと気になってしまうのが悩みですね。
そして、なかなか人には相談できない悩みでもありますよね。

みなさんはうんこの臭いに関してこんな疑問をもった事ありませんか?

うんこの臭い原因は?

臭くならないように何ができるのか?

職場のトイレであったり、友人の家のトイレだったりした場合、臭いが気になると出るに出れず、気を遣ってしまうものです。

ですが、そんな「うんこの臭い」というのは、 実は体調の変化を見極めるためのバロメーターであるといわれています。
病院で血液検査をするのと同じほど、正確に体の状態がわかるとも言われています。

自分のうんこが臭くてどうしようもないなんて事にならないように、日々のちょっとした工夫と努力で改善していくことができます。
女性に限らず、男性にとってもうんこが臭いことは恥ずかしいことですから、性別に関係なく気になる問題です。

そこで当ページではうんこの臭いを抑える10の方法を詳しく説明していきたいと思います。うんこの臭いが気になっているという方は是非参考にしてみてください。

うんこが臭い原因

多くの方がご存知かもしれませんが、腸内環境はうんこの臭いに深く影響しています。

腸の中には善玉菌と悪玉菌という2種類の菌がおり、善玉菌が優勢で多ければ、正常な腸内環境でありうんこが異常に臭いということもないのですが、悪玉菌が優勢になってしまうと 腐敗臭のガスは発生されてしまいます。

この発生する腐敗臭が、強烈な臭いの元となりますが、特に便秘気味で腸の中に便の滞留時間が長い人ほどこの腐敗臭が増していきます。そのため便が体の外に出た後、強烈な臭いを発するのです。

また、うんこは、食べたものを排出しているわけですから食事で取り入れたものがかなりの影響力を及ぼします。
ニンニクやスパイス類など匂いや刺激の強いものを食べると、うんこの臭いに多大な影響があるということも報告されています。

このようにうんこは腸内環境が大きく影響しているので、善玉菌か悪玉菌の働きの優勢によって、臭いが決まると言っても過言ではありません。

うんこの臭いを抑える10の方法

先ほども触れましたが、便秘気味の人は便の滞留時間が長いので発酵が進んでしまい、うんこを排出した時にはかなり匂いがきつくなることがあります。
様々なCM などで腸内環境を整えるために効果的な医薬品や飲料類など紹介されることも多くあります。実際には便秘を解消するだけでもかなりの効果があります。

では、ここからは腸内環境を良くするためにできることや便秘の解消のためにできることを詳しくを紹介していきたいと思います。

よく噛んで食べる

よく噛まずに飲み込み、 消化に時間がかかってしまうとそれだけ腸内に止まる時間が長くなることになります。そうなると発酵が進み、腐敗臭のガスが発生しやすくなってしまいますので、なるべくよく噛んでいや腸に負担をかけないようにしましょう。

よく噛んで消化をしやすい状態にしてあげれば、腸内環境の改善にもかなりの効果があります。

善玉菌を多くする

善玉菌が多ければ、うんこの匂いはかなり抑えられます。それは腸内の環境が良いことの印だからです。
善玉菌を優勢にするためにはヨーグルトや納豆などの発酵食品、またバナナや蜂蜜なども効果的なので積極的に取り入れるようにしましょう。

サプリメントで補充する

腸内環境改善のために食生活をコントロールするのが一番なのですが、なかなか忙しくて出来ないという方もおられます。そんな時にはサプリメントを利用することもできます。

今は様々な種類が揃っていますので、自分の好みや体調に合わせて選んでみましょう。うんこの臭いを抑えるためには、茶カテキン 、ローズオイルなどの消臭効果のあるサプリメントを中心に取り入れることをお勧めします。

ストレスをためない

ストレスは万病の元と言われるほど、体に大きな影響を与えます。
うんこの匂いに影響を与える腸と、ストレスに大きな関係がある自律神経には意外にも大きなつながりがあります。

ストレスを感じ乱れた自律神経は、腸内環境をも乱し悪玉菌を優勢にしてしまうのです 。せっかく善玉菌を優先にするために食生活を改善したり、サプリメントを取り入れたりしていても、ストレスによって悪玉菌が強くなってしまったなら意味のないものとなってしまいますので、なるべくストレスは上手に発散して、溜め込まないようにしましょう。

食生活のバランスを大切に

毎日何を食べるかは、腸内環境はもちろん、うんこの臭いに大きな影響を及ぼすものです。
臭いの発生するものを食べれば食べるほど、うんこが臭くなって行くのは当然のことでしょう。

一般的によく言われているのは脂肪分や動物性タンパク質を多く取り入れると、うんこや体臭の匂いがきつくなると言われています。
もちろんそれらのものも体にとっては必要な栄養素ですので、全く取り入れないようにするというわけではなく、バランスをとって野菜などの他の栄養素も上手に取り入れながら、とりすぎないようによく考えて食べましょう。

LG 21を摂取する

LG21という菌をご存知でしょうか?

乳酸菌の一種で、ピロリ菌と戦う乳酸菌ですが、最近ではよく知られておりヨーグルトや飲料などにも多く使われています。
乳酸菌の種類はたくさんありますが、この菌の長所は、酸に強く、生きて腸まで届くので腸内環境の改善のためにとても適した乳酸菌です 。

これらが含まれている食品を摂取することも、うんこの匂い改善のために効果があります。

大根おろしは効果的

大根おろしには消化酵素のジアスターゼがたくさん含まれています。これは消化を助けてくれるもので、胃や腸には嬉しい成分です。
また、大根の辛味成分には、腸内の腐敗を防ぐ働きもあり、 消化消臭2つの働きがあるので、うんこの匂いが気になる方にはとっておきの食材です。

ココアも効果的

うんこの臭いに、ココア?と感じられる方もおられるかもしれませんが、ココアにはリグニンという食物繊維が多く含まれており、このリグニンが町内での悪臭発生を抑え、匂いを一緒に排出させる働きをしてくれます。
どちらにしても食物繊維は腸内環境を整えるためには必要不可欠なものですから、ココアを取り入れてみることもお勧めします。

食物繊維をより多くとる

食物繊維が便秘に効果的と言うのは周知の事実でしょう。インターネットや本などで食物繊維の多い食物と探すと、かなりの数の食べ物があります。

それらの食物を中心に、なるべく欠かさず毎日取るようにして、食物繊維が町内にある老廃物をとってくれるように助けましょう。
そうするなら腸の中に便が溜まることなく、匂いが発生することも防ぐことができます。

病気のサイン

色々な原因の要素を考えてみても、 どうしても原因を思いつかないとか、 食生活やストレスをためないように気を付けているのに、どうしてもうんこの匂いが気になるなどの場合には病気が潜んでいると言う可能性もあり得ます。体内から出るうんこは私たちの体の状態をつぶさに物語るものですから、その匂いには何かの病気のサインが現れているかもしれません。

考えられる病気としては、肝臓疾患、胃関係の病気、糖尿病、腎臓疾患などが考えられるかもしれません。

そうでなかったとしても、気になる場合はすぐに病院に行ってみることをお勧めします。
いつもと違うと感じた時には、遅らせることなく医師の診断を受ける方が手遅れにならずに済みます。

バロメーターとなるうんこの色

なかなか自分のうんこの色をまじまじと見るという方はいないかもしれませんが、医師や医療関係者の方は健康度合いをはかるものとして、うんこの色に注目するという方も少なくありません。
獣医師の方も、動物の健康状態を知るためにはうんこを観察すると言われています。

それだけうんこは健康のバロメーターとなるということです。
自分の健康状態をよく知るためにも、うんこの色は何色なのかよく知っておく必要があります。

では、うんこの色とそれに隠れているかもしれない病気についてご紹介していきたいと思います。

黄金~茶

一般的に健康と言われているうんこの色は、黄金~茶と言われています。
人によって多少の色の差はあることと思いますが、理想的なうんこの色を覚えていきましょう。

大腸を通過するまでに時間が掛かり、滞留時間が長いと色は濃いくなってゆき、焦げ茶の様な色になります。

赤っぽいうんこといえば、やはり思いつくのは血便でしょう。
あまり良い状態ではないかもしれません。

原因としては痔による出血や大腸からの出血と言う可能性もあります。
赤い便プラスうんこの状態も特定する要素となります。

軟便気味であれば大腸がんの疑いもありますし、水様便ならば食中毒や潰瘍性大腸炎の可能性があるので、どちらにしろ早めに医師の診断を受けましょう。

黒いうんこはなかなかないかもしれませんが、血が混じっていると言う可能性もあります。
酸と合わさると血液は黒くなる性質がありますので、 うんこの中に血が混じっていると黒い便が出る可能性があるというわけです。

考えられる箇所としては食道や十二指腸などから出血しているという危険性があります。
またこれもなかなかないことですが、タールのようなどす黒い真っ黒のうんこであった場合、病気であることはほぼ確実かもしれません。

すぐに病院に行くようにしてください。

白~灰色

うんこの色が白~灰色であった場合、原因は胆汁の分泌かもしれません。
そうなると可能性があるのは、ウイルス性腸炎か膵臓の調子が悪いなど色々な原因が考えられるので、早めに特定するためにも医師の診察を早めに受けてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

私たちの健康状態をつぶさに表すうんこの匂いや色…。主に関係しているのは腸内環境の状態であるということが分かっていただけたのではないでしょうか。

腸内環境を整えるためにいろんな方法をご紹介してきましたが、どれも現実的で今日からすぐに始められるようなものです。
ちょっとした工夫と努力で、自分の腸内状態を整えることができ、気になるうんこの臭いも改善することができるのです。

  • よく噛んで食べる
  • 善玉菌を多くする
  • サプリメントで補充する
  • ストレスをためない
  • 食生活のバランスを大切に
  • LG21を摂取する
  • 大根おろしは効果的
  • ココアも効果的
  • 食物繊維をより多くとる
  • 病気のサイン

自分のうんこの状態をまじまじと見ることはなかなかないかもしれませんが、自分の健康状態を知るためにも毎日ではなくても、たまに観察してみることは大切なことです。

匂いの有無、どんな色をしているか、どんな形状かなど病気の早期発見のためにも観察する習慣をつけておきましょう。また、現在うんこの臭いが気になっている方も、今日ご紹介した様々な要素を取り入れてみて、腸内環境を整え、 気になるうんこの臭いを改善していきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

美人プレスの注目記事を受け取ろう

unko-eyecatch

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美人プレスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらもおすすめ

  • しゃっくり止まらない方必見!しゃっくりを簡単に止める方法10選

  • ママ友トラブルに巻き込まれやすい事例8選

  • 過活動膀胱の治療方法10選

  • のぼせる方必見!冷えのぼせ対策10選

  • 目の周りのぶつぶつを確実に治す方法10選

  • おならがよく出る人必見!おならの出すぎと臭いを防ぐ10の方法