Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/hidekundayo/www/bijinpr.xyz/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
  1. TOP
  2. 健康
  3. ジャンパー膝を完治させるのに必要な10の治療法

ジャンパー膝を完治させるのに必要な10の治療法

 2018/01/01 健康  
zyanpahiza-eyecatch

年配の方が多いかもしれませんが、足や膝に悩みを抱えることがよくあります。
ですが、年配の方に限らず若いかたでも足や膝に負担がかかってしまうことがあります。

過度の激しい運動、立ったり座ったり頻度が多い、階段の昇り降りなどが多いなど、足に負担をかけて痛みが増してしまうという場合がありますが、薬や注射などで痛みを抑えているという人も少なくありません。

様々な原因がありますが、もしかしたらそれはジャンバー膝なのかもしれません。

膝は全体重を支えているとても大切な部位ですから、膝が痛んでしまうと歩けなくなったり、体を動かすのにも支障が生じてしまいます。

ただ歩くだけでも体重の約2倍の負荷がかかっていると言われており、さらに激しい運動などをするならばそれ以上の負荷がかかっていることも必然でしょう。

いつもいつも膝に負担をかけていると、膝の痛みが慢性化してしまい、ジャンバー膝になってしまう確率が高くなります。

ですが、ジャンバー膝とは一体どんなものなのでしょうか。

膝に不安を抱えておられる方は、ジャンバー膝についてこのような疑問をお持ちかもしれません。

ジャンバー膝になってしまう原因とは?

ジャンバー膝の予防方法とは?

ジャンバー膝の治療方法とは?

膝が痛んでしまうと、とても辛いものです。

動く時に痛みを感じますし、立ったり座ったりすることが億劫になってしまいます。
そのため活動範囲が狭くなり、家にこもりがちになって気分も塞いでしまうかもしれません。

そうならないためにも事前にジャンバー膝を予防できれば一番良いのです。

何か特別なことをしなくても、日頃のエクササイズや生活スタイルを改善させるだけでジャンバー膝を改善したり、予防したりすることができます。

そこで当ページでは、ジャンバー膝を完治させるのに必要な10の治療法を詳しくご紹介していきたいと思います。心当たりのある方は是非、参考にしてみて下さい。

ジャンバー膝になってしまう原因

そもそもジャンバー膝とはどんな症状のことを言うのでしょうか?

これは、膝に長い間負担がかかることによって膝の筋肉が炎症を起こしてしまった状態のことを言います。
そのため痛みが感じられ、慢性化してしまう場合がほとんどです。

ジャンプするなどの膝にかなりの負荷がかかる行動が習慣化しているスポーツ選手などに多い症状です。
ですが、スポーツ選手などに限らず普通の人でもジャンバー膝になってしまう可能性は高いといえます。

生活習慣や運動の有無などにもよりますが、加齢とともに筋力が低下することによって膝のクッションがなくなり、衝撃が生じた時に痛みを感じてしまうのです。

ですが年齢に関係なく、最近では運動しない若者も多くなってきているので、日頃筋力を鍛えていない分、膝に負荷が生じた時に衝撃を吸収できず、膝に痛みを感じるという若者も増えてきています。

また、足の細さや膝に比例せず体重が多すぎるなどの原因も、 膝に負荷をかけてしまう要因となりかねません。

ジャンバー膝を完治させるのに必要な10の方法

ジャンバー膝を改善するためには、または予防するためには筋力を鍛えることを意識しなければなりません。
逆に言えば、筋力が低下しなければ膝に痛みを感じる確率が低くなるということです。

筋肉を鍛えて、 膝が感じる衝撃をきちんと吸収することができれば、膝の痛みで悩むことはなくなるでしょう。
ではここから、ジャンバー膝を完治させるのに必要な10の方法を具体的にご紹介していきたいと思います。

筋力を高めるように意識する

膝が痛くなる最大の原因は、筋力の低下です。
ですから、改善するため、または予防するためには筋力を鍛えて高めておけば良いわけです。

膝周辺の筋肉を鍛えるトレーニングを行ったり、エクササイズを取り入れてみましょう。
人間が毎日何気なく動く動作は、意外にも膝にかなりの負担をかけている動作ばかりなので、膝周辺の筋肉を鍛えて膝への負担を軽減させましょう。

湿布によって痛みを抑える

どうしても膝に痛みを感じてしまう時には応急処置をしなければなりません。
痛いままでは動けませんし、仕事やその他の家の用事などに支障が生じてしまいます。

どうにかやり過ごすなければならないという時には、湿布を貼って痛みを抑えるのも効果的かもしれません。
腰が痛い時にも湿布を貼りますが、同じように 炎症を抑えるために膝にも湿布をはります。

患部が熱い時には炎症抑える必要があるので冷たい湿布を貼りますが、熱くない時には血行を良くして湿布の成分がよく浸透するように温湿布を使うと良いでしょう。
症状に合わせてどちらかを使い分けることができます。

適正な体重を維持する

膝にはかなりの体重がかかっています。
人の体重の約2倍前後の負荷がかかると言われており、もし体重が重すぎたりするとそれだけ膝にかかる負担も大きいということになります。

実際、少し太り気味の方の方が、年齢が進んでから膝に痛みを感じる場合が多いという傾向があります。
ですから体の健康のためにも、膝への負担を減らすためにも太っているなら ダイエット心がけましょう。

自分の身長から割り出した適正体重を維持するならば、ジャンパー膝を予防することができ、改善することもできるでしょう。

膝を助けるサポーターをつける

もし既にジャンバー膝になってしまっていて痛みが慢性的であるならば、サポーターで膝の負担を軽減してあげることがおすすめです。
サポーターといっても保温効果のある温めるタイプのものや、炎症を抑えるための冷感タイプのものもあります。

熱を持っている時に温めると逆効果ですし、熱を持っていない時に冷やすと余計固くなってしまいます。
ですから、膝が腫れていたり炎症している時には、患部を冷やすことができるタイプのサポーターを、特に炎症が見られない時には保温効果のあるサポーターを使ってみると良いでしょう。

サポーターをつけているだけで、随分と動きも楽になりますから、仕事や家の家事などで どうしても動かなければならないという時には必需品です。

全身を動かして運動する

全身の筋肉をバランスよく動かすことは、体の筋肉の作りもバランスよく整える効果があります。
全身を動かして運動することが効果的ですが、その中には水泳やウォーキングなどの運動があります。

ジョギングはかなり膝に負担がかかりますから、ジョギングを行うならゆっくり歩くウォーキングの方が良いでしょう。

もし既に膝が痛い場合であれば、プールの中で水中ウォーキングを行うならば膝に負担がかからず、あまり痛みを感じずに筋力アップを図ることができるでしょう。

筋肉作りを意識した食生活

筋肉作りや筋力のアップをコントロールするためには、体を形作っている毎日の食生活を改善させる必要があります。
筋肉を作るために必要なのは、タンパク質とその働きを高める栄養素です。

スポーツ選手のようにストイックに行う必要はないかもしれませんが、自分が楽しみながら食べることができるように、毎日少しずつ取り入れるようにしましょう。

苦痛になってしまうと長く続けることができませんから、全てを筋肉づくりを意識した食生活にするのではなく、三食のうちの一食だけ、二食だけなど自分のモチベーションにも合わせて調整してみましょう。

注射を使った治療

どうしても膝が痛い時には、動くために注射を打つということもできます。
痛み専門の病院では、膝が痛い場合ヒアルロン酸の注射を打ったり、鎮痛剤を打ったりして 痛みを感じなくするようにしてくれます。

ヒアルロン酸は関節の潤滑油として働き、痛みを抑えてくれる作用があります。
とても便利な注射を使った治療ですが、確かに楽になるので癖になってしまうと言う問題点もあり、いつもの病院に通えない人にとっては少し難しい方法かもしれません。

根本的に痛みのある膝を治しているわけではないので、痛みが出ては病院に通うというサイクルから抜け出すことができなくなるかもしれません。

薬剤を使った治療

ジャンバー膝を直すためには、薬剤も用いられています。内服薬もありますし、外用薬もあります。

どちらも似たような働きですが、どちらかと言うと痛みを抑える効き目が強いのは内服薬です。
非ステロイド系の消炎鎮痛剤というものもあり、膝の痛みにとても効くので常用している方も多いようです。

医師と相談して服用するかどうか決めなければなりませんが、効果がある分値段もそれなりにするので、お財布とも相談も必要かもしれません。

ストレッチをして体を柔らかくする

体が硬いと様々な部位が故障してしまいます。
首が痛くなったり、腰が痛くなったり、膝が痛くなってしまうのもその一つです。

ですから、膝周りの関節を柔らかくするために、筋肉をしっかりと伸ばせるようなストレッチを行うことが効果的です。特にお風呂上がりなどは体も柔らかくなっていますから、最適なコンディションでしょう。

関節を柔らかくすることによって、血行促進にもつながり身体全体の健康維持にもつながります。

ストレッチに関しては以下の動画でも解説していますので、こちらも併せて参考にしてみて下さい。

サプリメント摂取で栄養バランスをとる

毎日の食生活で栄養バランスをとることが必要ですが、忙しい生活を行っている人が多い現代では、 食事の準備にたくさんの時間をかけることは非現実的かもしれません。
ですから忙しい人のために作られているサプリメントを利用するという方法もあります。

毎日の食事でなかなか摂取できなかった栄養素をサプリメントで補助するのです。
特におすすめなのは、グルコサミンやコンドロイチン。

CMなどでご覧になったことのある方も多いかもしれませんが、膝の痛みや腰の痛みなどに効果的だとよく紹介されています。

サプリメントの中にはグルコサミンとコンドロイチンが一緒に配合されているものもあり、一度に摂取することができるのでとても効率的です。

身近にある薬局などで簡単に手に入れることができますから、購入してみるのも良いでしょう。

ジャンバー 膝と同じような膝のトラブル

多くの人を悩ますジャンバー膝…。実はこれが原因で膝に痛みを抱えてしまう方が多いのですが、膝にトラブルを抱えるのは、ジャンバー膝だけが原因ではありません。

他にも骨の劣化が原因だったり、筋肉の炎症が原因だったり、膝の使いすぎなどの原因から膝の痛みを抱えてしまうこともあります。
症状にも様々な違いがありますから、ご自分の膝の痛みがどれに当てはまるのか判断するきっかけにしていただけたらいいと思います。

それによっては治療方法も変わってくることと思いますから、分からない場合は自分で判断せずに、病院に行って診断してもらうことも必要になるでしょう。

ではここから、ジャンバー膝と同じような膝の痛みのトラブルについて詳しくご紹介していきたいと思います。

膝蓋骨不安定症(しつがいこつふあんていしょう)

膝に過度の衝撃が加わることによって、膝にある皿の部分が脱臼しやすい状態になる症状のことを言います。

見られる症状:

  • 膝の違和感
  • 膝の皿が腫れる、脱臼したり痛みを感じる

膝蓋腱炎(しつがいけんえん)

ジャンバー膝の正式な名称のことを、膝蓋腱炎と言います。
原因としては記載の長期的な負荷が要因となって発症してしまう膝蓋腱の炎症のことを言います。

膝にかなりの負担がかかるスポーツを行っている運動選手やアスリート達に多いようですが、アスリートでなくても発症してしまう確率は十分にありえます。

見られる症状:

  • 膝の皿下ぐらいの位置がひどく痛む

重症化してしまうと、膝蓋腱断裂(腱が切断される状態)に至ってしまうこともあるので、放っておくことはかなり危険です。

痛みがありますから何かしらのサポートはするとしても、根本的に改善しないといつまでも繰り返してしまい、どんどんひどくなってしまう可能性もあります。

靭帯損傷(じんたいそんしょう)

久しぶりにスポーツを行ったり、無理な動きをしてしまったことによって、膝の靭帯の一部が割けてしまったり、破れてしまう 状態のことを言います。

見られる症状:

  • 膝に激しい痛みを感じる
  • 膝がガクッと落ちる
  • 膝の不安定さが目立つようになる

変形性膝関節症(えんけいせいしつかんせつしょう)

加齢によって生じることが多いこの症状は、膝の骨や軟骨がすり減ってしまって、変形してしまう膝の状態のことを言います。

見られる症状:

  • 膝に水が溜まりやすくなる
  • 膝の曲げ伸ばしができない
  • 座ったり立ったりすることがきつい
  • 膝がきしむような感じがする

半月板損傷(はんげつばんそんしょう)

長い間の膝の疲労が要因となり、膝関節の中にある半月板がかけてしまったり、壊れてしまうなどの状態のことを言います。

見られる症状:

  • 膝の関節が腫れたりする
  • 膝を曲げたり伸ばしたりすることが辛い
  • 膝に力が入らない感じがする
  • 膝に違和感を感じる

腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)

俗名ランナー膝と言われることも多い症状で、ランナー選手などに多く見られる腸脛靭帯の症状のことを言います。

見られる症状:

  • 走ると痛みが強くなってくる
  • 休息をとると痛みがなくなる
  • 走った直後はかなり痛い

膝蓋大腿関節症(しつがいだいたいかんせつしょう)

膝蓋大腿関節という、膝の皿と大腿骨からなる部分に炎症が起こる症状のことをいいます。

見られる症状:

  • 膝が固まってしまったような不快感がある
  • 膝の皿の違和感
  • 膝の皿の上部分が痛い
  • 膝が腫れる
  • 膝の動きが鈍くなる

まとめ

いかがでしたか。

ちょっと立ち上がっただけなのに、ちょっと歩いただけなのに、ちょっとしゃがんだだけなのに痛くなってしまうジャンバー膝。
膝の痛みがあることによって体の動きが鈍くなり、生活にも大きな支障が出てしまいます。

もちろん加齢のせいだと諦めてしまうこともできますが、いつまでも健康的にシャキシャキと歩ける体でいたいと願うのは当然なことです。

膝が痛くなってしまう原因や膝の病気は思ったよりもたくさんありますから、自分で勝手に判断して重症化してしまうことがないようにしましょう。

分からない時には、すぐに病院に行って医師に改善方法を相談してみると良いでしょう。

ここまでで、このようなジャンバー膝を完治させるのに必要な10の方法について具体的にご紹介してきました。

  • 筋力を高めるようにする
  • 湿布によって痛みを抑える
  • 適正な体重を維持する
  • 膝を助けるサポーターをつける
  • 全身を動かして運動する
  • 筋肉作りを意識した食生活
  • 注射を使った治療
  • 薬剤を使った治療
  • ストレッチをして体を柔らかくする
  • サプリメント摂取で栄養バランスをとる

食生活を改善することや毎日コツコツと運動やストレッチを行うことは、膝だけに良いわけではありません。
身体全体のバランスを整えることで、結果的には膝の負担も防ぐことができるのです。

運動が苦手だという方は、ウォーキングを行ったり、ヨガを行ったり、音楽をかけながら簡単なストレッチを行うなど、行いやすいものから試してみると良いでしょう。
激しく動けば良いというものではありません。

楽しい生活を送るためにも、痛みからくる苦痛を経験しないためにも日頃から体を柔らかくするように意識して、ジャンバー膝を改善したり、予防するようにしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

美人プレスの注目記事を受け取ろう

zyanpahiza-eyecatch

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美人プレスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらもおすすめ

  • 白いおりものの臭い対策法15選

  • 職場のストレスを解消する方法10選

  • イライラを抑える10の方法

  • 爪の病気を治す方法10選

  • おりものが臭く量が多い人が行うべき15の対策法

  • 生理不順で生理期間中に異常が起きる10の理由